V エア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Vエアから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
V Air
IATA
ZV
ICAO
VAX
コールサイン
VANTAGE
設立 2014年1月20日(全民航空(2013年)から)
運航停止 2016年9月30日
ハブ空港 台湾桃園国際空港
保有機材数 4機 (2016年2月現在)
就航地 9都市 (2016年3月現在)
親会社 トランスアジア航空
本拠地  台湾 台北市内湖区
代表者 林明昇(董事長
隆章琪(総経理
テンプレートを表示
V Air
各種表記
繁体字 威航
簡体字 威航
拼音 Wēi Háng
英文 V air
テンプレートを表示
VエアのエアバスA321

V エア: 威航: V Air)とは、かつて存在した台湾航空会社トランスアジア航空によって設立され、台湾では初の格安航空会社(LCC)であった[1]。拠点空港は台湾桃園国際空港

概要[編集]

2013年に「全民航空」という名称で設立された。ブランド名は公募によって決められ[1]、「V」の由来は「Voyage (旅)」、「Vision (ビジョン)」、「Vivid (鮮やか)」、「Victory (勝利)」、「Venture(ベンチャー)」など肯定的なイメージの言葉が多く、新しい会社が市場で人気を得られる言葉だとしている[2][3]タイワンツキノワグマをロゴマークに採用した[4]台湾桃園国際空港を拠点に、タイ日本中国韓国等の路線へ就航する計画であった[5]

2016年に入り経営不振が明らかとなり、8月には親会社のトランスアジア航空との合併(後に撤回し、10月1日から1年間の休業とした)[6]、運航している路線の休・廃止が発表された[7]

2016年9月30日、すべての運航路線の営業を終了し、台北関西那覇福岡チェンマイの各路線は、トランスアジア航空が引き継いだ[8]

親会社のトランスアジア航空は、2016年11月22日に解散した[9]

沿革[編集]

保有機材[編集]

2016年時点[20]

運航路線[編集]

台湾桃園国際空港を拠点に、主に北東アジア中国大陸東南アジア方面の路線を計画していた。当初は、初就航先は日本とする見込みであるとされていた[21]

タイ
中華人民共和国
大韓民国
  • 中華民国の旗台北/桃園 - 大韓民国の旗釜山[13](2015年8月24日 - 2016年9月30日)
日本
  • 中華民国の旗台北/桃園 - 日本の旗茨城[14](当初はチャーター便、定期便は2016年3月15日[23][24] - 2016年9月18日[25]
  • 中華民国の旗台北/桃園 - 日本の旗名古屋/中部[15](2015年12月15日 - 2016年9月30日)
  • 中華民国の旗台北/桃園 - 日本の旗大阪/関西[26](2016年1月23日 - 2016年9月30日、トランスアジア航空が運航継続[8]
  • 中華民国の旗台北/桃園 - 日本の旗福岡[26](2016年1月15日 - 2016年9月30日、トランスアジア航空が運航継続[8]
  • 中華民国の旗台北/桃園 - 日本の旗東京/羽田[24](2016年3月11日 - 2016年9月17日[25]
  • 中華民国の旗台北/桃園 - 日本の旗沖縄/那覇[27](2016年7月1日 - 2016年9月30日、トランスアジア航空が運航継続[8]
フィリピン

日本への就航状態[編集]

日本には2015年9月に台湾桃園国際空港と茨城空港を結ぶチャーター便で初就航し、12月には台湾桃園国際空港と中部国際空港を結ぶ定期便が就航した。以降、台湾桃園国際空港と日本各地を結ぶ路線の拡大を進め、2016年には関西国際空港、福岡空港、東京国際空港(羽田空港)、那覇空港の発着路線を就航した。

しかし、日本 - 台湾線は第三国の格安航空会社(LCC)も含めて複数社が乗り入れる市場となったことから供給過多となり、競争環境の激化による採算悪化・経営難となってしまい、2016年8月に同年9月での日本線の運航休止を決定することとなった[29]

脚注[編集]

  1. ^ a b 台湾初のLCC、社名は「Vエア」 年末めどに運航へ 中央通訊社 フォーカス台湾 2014年1月23日
  2. ^ 復興航空、新LCCの名称は「V air/威航」に! 採用者は10年間乗り放題! Traicy 2014年1月24日付
  3. ^ 復興航空、設立するLCCの名称「V air」に決定 FlyTeam 2014年1月24日付
  4. ^ 復興航空傘下のLCC「Vエア」、ロゴマークには可愛い“台湾黒熊” 中央通訊社 フォーカス台湾 2014年3月26日
  5. ^ 【台湾】復興航空がLCC新会社の詳細発表、ロゴは黒熊 NNA 2014年3月25日付
  6. ^ Vエア、トランスアジア航空との合併を撤回 1年間の休業へ - トライシー 佐藤 正晃(Traicy編集部) 2016年8月28日配信 2017年2月22日閲覧
  7. ^ Vエア、全面運航停止を正式発表 最終便は9月30日 - トライシー raicy編集部 2016年8月9日配信 2017年2月22日閲覧
  8. ^ a b c d e 台湾LCC「Vエア」全面運航停止へ - トランスアジア航空と合併 - マイナビニュース 2016年8月10日配信 2017年2月22日閲覧
  9. ^ a b 台湾・復興航空が解散 事故続き客離れ止まらず - 日本経済新聞 2016年11月22日
  10. ^ 復興航空傘下のLCC「V air(威航)」が公式サイトをオープン! 熊を用いた可愛く親しみやすいロゴが特徴! Traicy 2014年3月24日付
  11. ^ a b c 台湾LCCのVエア、12月17日から台北/バンコク線に就航へ FlyTeam 2014年11月26日付
  12. ^ a b 台湾LCCのVエア、4月10日から台北/マカオ線に就航 FlyTeam 2015年3月27日付
  13. ^ a b 台湾LCCのVエア、8月24日から台北/釜山線に週2便で就航へ FlyTeam 2015年8月6日付
  14. ^ a b 台湾LCCのVエア、9月に茨城/台北間でチャーター便 日本乗り入れ初 FlyTeam 2015年7月14日付
  15. ^ a b 外国人国際航空運送事業の経営許可について (PDF) - 国土交通省 2015年11月12日
  16. ^ 台湾LCC「Vエア」、来年3月までに日本4路線を開設へ - 中央通訊社 フォーカス台湾 2015年10月17日
  17. ^ a b Vエア、3月27日から台北/マニラ線に就航へ 週4便 Fly Team 2月17日
  18. ^ 台湾Vエア、9月運航停止 親会社へ合併 Aviation Wire 2016年8月9日
  19. ^ (繁体字中国語)撤銷合併 復興航空:威航先停業1年(RTI/中央社) 2016年8月27日
  20. ^ V Air Fleet - PlaneSpotters.net
  21. ^ 台湾系格安航空「Vエア」 初便は日本路線の公算高 フォーカス台湾 中央通訊社 2014年5月1日
  22. ^ Vエア、7月10日で台北/マカオ線を運休 FlyTeam 2015年6月2日付
  23. ^ 台湾Vエア、茨城就航 週4往復で観光訴求 - Aviation Wire 2016年3月15日
  24. ^ a b 台湾系LCCの「Vエア」 日本路線強化へ 来年3月から羽田と茨城に就航 フォーカス台湾 中央通訊社 2015年12月28日
  25. ^ a b Vエア、9月下旬に羽田/台北線と茨城/台北線の運休を発表 FlyTeam 2016年8月8日
  26. ^ a b 台湾Vエア、日本3路線開設へ 中部、関西、福岡 Aviation Wire 2015年11月12日付
  27. ^ Vエア、7月1日から那覇/台北・桃園線に就航 日本路線は6路線目 FlyTeam 2016年4月25日付
  28. ^ Vエア、7月14日に台北/マニラ線を運休 就航から109日 - FlyTeam 2016年6月16日
  29. ^ 台湾Vエア、羽田と茨城9月運休 - AviationWire 2016年8月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]