STVホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
STVホール(写真手前)

STVホール(エスティーブイホール)は、札幌テレビ放送(STV)・STVラジオ本社に併設されている公開スタジオ。

概要[編集]

STVホール(入口)

北海道内の放送局では唯一のホールスタジオとして、1971年に現・放送会館落成とともに開設された。観客席が468席設けられており、テレビやSTVラジオの番組収録をはじめ、映画試写会やライブ、イベント等が行われる。かつては北海道では数少ない定例の寄席(STVホール名人会)も開催していた。

また、1985年4月22日にはSTVラジオと同じNRNに属するABCラジオの「おはようパーソナリティ道上洋三です」の公開生放送に使用された[1][2]

ステージ部分の面積は65坪。3層吹抜けでホリゾントも有しているため、通常のテレビスタジオとしての運用も可能であり、非公開でのコマーシャル撮影や番組収録などにも活用されている。副調整室や機材は隣接するTスタジオと共用で、運用が重複する場合は中継車が使用される。

STVは札幌メディアパーク・スピカ(2008年3月に閉鎖)を所有・運営していたが、「24時間テレビ」や「ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」などの公開放送ではスピカ稼動時も含め、STVホールを使用している。

松山千春が育ったホールとしても有名。まだ無名だった頃、STVホールで公開生放送していたラジオ番組「サンデージャンボスペシャル」に毎週出演するようになったことが、その後デビューするきっかけとなった。

制作番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ おはようパーソナリティ道上洋三です|おはパソの歴史
  2. ^ 2017年現在、派生番組『道上洋三の健康道場』は競合局のHBCラジオで放送されている。

座標: 北緯43度3分41.6秒 東経141度20分41.1秒