S級駆逐艦 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
S級駆逐艦
HMS Scimitar FL5410.jpg
基本情報
種別 駆逐艦
運用者  イギリス海軍
 カナダ海軍
 オーストラリア海軍
 大日本帝国海軍第百一号哨戒艇
就役期間 1918年 - 1947年
前級 V級・W級
準同型艦 アドミラルティS級
ヤーロウS級
ソーニクロフトS級
次級 改W級
要目 (アドミラルティS級)
常備排水量 1,075トン
全長 84.1 m
最大幅 8.1 m
吃水 2.7 m
ボイラー 水管ボイラー×3缶
主機 蒸気タービン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 27,000馬力
速力 36.0ノット
燃料 重油301トン
乗員 90名
兵装 40口径10.2cm砲×3門
39口径40mm高角機銃×1門
・53.3cm連装魚雷発射管×2基
・45cm単装魚雷発射管×2基
テンプレートを表示

S級駆逐艦英語: S-class destroyer)は、イギリス海軍駆逐艦の艦級。基本となるアドミラルティS級と、特型としてのソーニクロフトS級ヤーロウS級がある[1][2]

来歴[編集]

ドイツ帝国海軍の新しい大型駆逐艦が同時期のR級を凌駕する性能を備えているとの情報を受けて、1916年度計画より、イギリス海軍の駆逐艦は、砲熕火力を強化したV級・W級に移行した[1]

しかしその後、この情報は過大評価されていたと判断されたことから、1917年2月、第三海軍卿英語版は、駆逐艦の建造をR級に基づいた設計に差し戻すことを決定した。これによって、1917年度で建造されたのが本級である[2]

設計[編集]

基本配置はアドミラルティ改R級のものが踏襲されているが、船首楼部の設計は大きく改正された。従来は平坦な前甲板とV字形に軽いフレアを付した前部断面となっていたのに対し、本級では船首楼甲板はタートルバック型とされ、かなり強いシアとフレアが付されたことで、艦首部乾舷は5.4メートルに達し、凌波性は大きく向上した。1918年8月、本国艦隊に属していた8隻は、荒天下でもC級軽巡洋艦カースター」と問題なく随伴し、中には20~24ノットを発揮した艦もあり、凌波性の高さが実証された[3]。またヤーロウS級は他社艦と比して排水量とGM値が小さく、低い精悍なシルエットを備えていた。ソーニクロフトS級は1番砲をプラットフォーム上に設置したほか、扁平な1番煙突が特徴であった[1]

機関構成もR級と同様で、ブラウン・カーチス式オール・ギヤード・タービンを基本として、パルマーズ社艦および「ティルベリィ」「ティンタージェル」「ストレナウス」ではパーソンズ式が採用された。またヤーロウS級では、直結タービンの搭載が固守された[1]

ボイラーはヤーロウ式重油専焼水管ボイラーを基本として、ホワイト社艦ではホワイト・フォスター式が搭載された[1]

なお計画速力は36ノットとされていたが、アドミラルティS級では排水量超過の艦が続出し、これを達成できない艦も少なくなかった。これに対し、ソーニクロフトS級およびヤーロウS級ではいずれも計画速力を達成し、「タイリアン」では39.401ノットを発揮した[1]

装備[編集]

艦砲は、40口径10.2cm砲(QF 4インチ砲Mk.IV)を3門搭載した。この砲は当時のイギリス駆逐艦の標準装備であったが、アドミラルティ改R級で採用された長砲身・大発射速度のMk.Vと比べると後退と言えた。対空兵器としては39口径40mm高角機銃(QF 2ポンド・ポンポン砲)を搭載した[1]

水雷装備としては、当時の駆逐艦の標準装備である53.3cm連装魚雷発射管2基が搭載された。また大戦中の駆逐艦の一部では、戦訓に基づいて、冷走魚雷用の45cm魚雷発射管の装備も行われていたが、本級ではこれが当初から盛り込まれた[1]。ただしアドミラルティS級では、上記の通り排水量増大から速力低下が生じていたことから、これを補うため、後期建造艦では45cm魚雷発射管を省いた艦もあった[2]

同型艦[編集]

アドミラルティS級
  • シムーン(HMS Simoon
  • シミター(HMS Scimitar
  • スコッツマン(HMS Scotsman
  • スカウト(HMS Scout
  • サイザ(HMS Scythe
  • シーベアー(HMS Seabear
  • シーファイヤ(HMS Seafire
  • サーチャー(HMS Searcher
  • シーウルフ(HMS Seawolf
  • シャーク(HMS Shark
  • スパローホーク(HMS Sparrowhawk
  • スプレンディド(HMS Splendid
  • スポーティブ(HMS Sportive
  • ステュルワート(HMS Stalwart
    → 1920年1月27日付で豪海軍に貸与(HMAS Stalwart[4]
  • ティルベリィ(HMS Tilbury
  • ティンタージェル(HMS Tintagel
  • セイバー(HMS Sabre
  • サラディン(HMS Saladin
  • サーダニックス(HMS Sardonyx
  • シーク(HMS Sikh
  • サーダー(HMS Sirdar
  • ソンム(HMS Somme
  • スピアー(HMS Spear
  • スピンドリフト(HMS Spindrift
  • サクセス(HMS Success
    → 1920年1月27日付で豪海軍に貸与(HMAS Success[5]
  • シャムラック(HMS Shamrock
  • シカリ(HMS Shikari
  • セナター(HMS Senator
  • シポイ(HMS Sepoy
  • セラフ(HMS Seraph
  • シレイピス(HMS Serapis
  • シリーン(HMS Serene
  • セサミ(HMS Sesame
  • スワロー(HMS Swallow
  • ソーズマン(HMS Swordsman
    → 1920年1月27日付で豪海軍に貸与(HMAS Swordsman[6]
  • ストレナウス(HMS Strenuous
  • ストロングホールド(HMS Stronghold
  • スターディ(HMS Sturdy
  • ステッドファスト(HMS Steadfast
  • スティーリング(HMS Sterling
  • ストーンヘンジ(HMS Stonehenge
  • ストームクラウド(HMS Stormcloud
  • トリビューン(HMS Tribune
  • トリニダッド(HMS Trinidad
  • タクティシアン(HMS Tactician
  • タラ(HMS Tara
  • タスマニア(HMS Tasmania
    → 1920年1月27日付で豪海軍に貸与(HMAS Tasmania[7]
  • タツー(HMS Tattoo
    → 1920年1月27日付で豪海軍に貸与(HMAS Tattoo[8]
  • トロウジャン(HMS Trojan
  • トルーアント(HMS Truant
  • トラスティ(HMS Trusty
  • タービュレント(HMS Turbulent
  • テネドス(HMS Tenedos
  • サニット(HMS Thanet
  • スレイシアン(HMS Thracian
    →1941年12月25日、香港の戦いにおいて鹵獲され、第百一号哨戒艇として日本海軍に編入
ヤーロウS級
  • トーチ(HMS Torch
  • トマホーク(HMS Tomahawk
  • トライフォンHMS Tryphon
  • チューモルト(HMS Tumult
  • トルクォイズ(HMS Turquoise
  • タスカン(HMS Tuscan
  • タイリアン(HMS Tyrian
ソーニクロフトS級
  • スピーディ(HMS Speedy
  • トバゴー(HMS Tobago
  • トーベイ(HMS Torbay
    →1928年3月1日付でカナダ海軍に移管、シャンプレーン(HMCS Champlain)に改名[9]
  • トリアドー(HMS Toreador
    →1928年3月1日付でカナダ海軍に移管、バンクーバー(HMCS Vancouver)に改名[9]
  • ターマリン(HMS Tourmaline

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 「イギリス駆逐艦史」、『世界の艦船』第477号、海人社、1994年2月、 42-46頁、 ISBN 978-4905551478
  2. ^ a b c Randal Gray (1984). Robert Gardiner. ed. Conway's All the World's Fighting Ships 1906-1921. Naval Institute Press. pp. 84-85. ISBN 978-0870219078. 
  3. ^ 中川務「軍艦建造史上に占める特型駆逐艦の意義 (特集・特型駆逐艦とそのライバルたち)」、『世界の艦船』第664号、海人社、2006年10月、 75-83頁、 NAID 40007446602
  4. ^ Royal Australian Navy. “HMAS Stalwart (I)” (英語). 2017年3月6日閲覧。
  5. ^ Royal Australian Navy. “HMAS Success (I)” (英語). 2017年3月6日閲覧。
  6. ^ Royal Australian Navy. “HMAS Swordsman” (英語). 2017年3月6日閲覧。
  7. ^ Royal Australian Navy. “HMAS Tasmania” (英語). 2017年3月6日閲覧。
  8. ^ Royal Australian Navy. “HMAS Tattoo” (英語). 2017年3月6日閲覧。
  9. ^ a b Sandy McClearn (1997-2001). “Admiralty 'S' Type destroyer” (英語). 2017年3月7日閲覧。