M級駆逐艦 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M級駆逐艦
HMS マッチレス
HMS マッチレス
基本情報
種別 駆逐艦
命名基準 "M"で始まる英単語
運用者  イギリス海軍
 ポーランド海軍
 トルコ海軍
就役期間 イギリス1942年 - 1959年
建造数 8隻
前級 L級駆逐艦
次級 O級駆逐艦
要目
基準排水量 1,920~1,935トン
満載排水量 2,660~2,725トン
2,810~2,840トン (就役後期)
全長 110.49 m
垂線間長 105.31 m
最大幅 11.20 m
深さ 4.34~4.39 m
吃水 3.05 m
ボイラー 水管ボイラー×2缶
主機 蒸気タービン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 48,000馬力
電源 タービン発電機 (200 kW)×2基
ディーゼル発電機 (60 kW)×2基
速力 36ノット
航続距離 4,780海里 (15kt巡航時)
燃料 重油567トン
乗員 190~226名
兵装 50口径12cm連装砲×3基
45口径10.2cm単装砲×1基
39口径40mm4連装機銃×1基
70口径20mm連装機銃×2基
・53.3cm4連装魚雷発射管×1基
爆雷投射機×2基
・爆雷×42発
FCS ・Mk.IV TP両用方位盤
FKC射撃盤 (対空用)
AFCC射撃盤 (対水上用)
レーダー ・286型→290型/291型 早期警戒用
272型→276型 目標捕捉用
・285型 砲射撃指揮用
ソナー 128型 探信儀 (ASDIC)
電子戦
対抗手段
短波方向探知機
テンプレートを表示

M級駆逐艦英語: M-class destroyer)は、イギリス海軍駆逐艦の艦級。L級の小改正型として1939-40年度計画で8隻が建造された。基本的にはL級と同一の設計であるが、竣工時期が遅かったことから、第二次世界大戦開戦後にL級に施された改正が当初から施工されている[1][2][3]

装備[編集]

本級は、L級の小改正型として1939-40年度計画で建造された。全長をわずかに拡大した以外は、基本的にはL級と同一の設計である[2]

装備もL級の後期建造艦のものがおおむね踏襲されており、艦砲としては50口径12cm砲(QF 4.7インチ砲Mk.XI)を連装のMk.XX砲塔3基と組み合わせた連装砲として3基搭載した。これは最大仰角を50度に増すとともに単独俯仰に対応した新型砲であった[4]射撃指揮装置もL級と同様で、Mk.IV TP方位盤にFKC射撃盤(対空用)およびAFCC射撃盤(対水上用)が搭載された[3]

また竣工時期が遅かったことから、第二次世界大戦開戦後にL級に施された改正が当初から施工されており、21インチ4連装魚雷発射管を1基とする一方、対空兵器として45口径10.2cm単装高角砲(QF 4インチ砲Mk.V)および39口径40mm4連装機銃(QF 2ポンド・ポンポン砲)1基を搭載するとともに、戦間期に鳴り物入りで導入されたにも関わらず威力が乏しかった62口径12.7mm機銃を廃止して、信号艦橋の両側に70口径20mm連装機銃2基を搭載した[2]

レーダーの更新も進められ、早期警戒レーダーは286型から290型へ[2]、そして「ミルン」では1943年の改修で291型へと更新された。また目標捕捉レーダーも272型、そして276型へと改修されている[3]。重量増大に対応するため、「マーン」などは前檣をラティス・マストに改造している。

同型艦[編集]

スコッツ社で建造された「マラータ」は、被爆による資料喪失のため、列艦より遅れて竣工した。1944年まで本国艦隊に所属し、続いて地中海に派遣された。3隻が第二次世界大戦で失われ、残った5隻の内マスケティーアは1955年に解体、4隻は1958年にトルコに売却された。

 イギリス海軍 退役/再就役後
# 艦名 造船所 就役 退役 再就役先 # 艦名 再就役 その後
G14 ミルン
HMS Milne
嚮導艦
スコッツ英語版 1942年
8月6日
1957年
8月26日
 トルコ海軍 D348 アルプ・アルスラーン
TCG Alp Arslan
1959年
6月29日
1971年退役、解体。
G23 マラータ
HMS Mahratta[脚注 1]
1943年
8月8日
1944年2月25日、デンマーク沖にてドイツ海軍の潜水艦「U-990」の雷撃により撃沈
G86 マスケティーア
HMS Musketeer
フェアフィールド英語版 1942年
9月18日
1955年9月3日、スクラップとして売却。
G90 ミュルミドン
HMS Myrmidon
 ポーランド海軍へ就役前に貸与。 不明 オルカン
ORP Orkan
1942年
11月18日
1943年10月8日、SC 143 護送船団の護衛任務中にドイツ海軍の潜水艦「U-378」の魚雷攻撃を受け撃沈。
G52 マッチレス
HMS Matchless
アレクサンダー・
スティーブンス
英語版
1942年
2月12日
1946年
4月
 トルコ海軍 D350 クルチ・アリ・パシャ
TCG Kılıç Ali Paşa
1959年
7月16日
1971年退役、同年解体。
G73 ミーティア
HMS Meteor
1942年
8月12日
1959年
6月29日
D351 ピヤレ・パシャ
TCG Piyale Pasha
1959年
6月29日
G35 マーン
HMS Marne
ヴィッカース・
アームストロング
1941年
12月2日
1959年
3月26日
D349 マレシャル・フェヴズィ・チャクマク
TCG Mareşal Fevzi Çakmak
1959年
3月26日
1970年退役、同年解体
G44 マーティン
HMS Martin
1940年
12月12日
1942年11月10日、西地中海にてドイツ海軍の潜水艦「U-431」の雷撃により撃沈。

脚注[編集]

  1. ^ 建造当初の艦名はマークスマン(HMS Marksman

参考文献[編集]

  1. ^ Roger Chesneau, Robert Gardiner (1980). Conway's All the World's Fighting Ships 1922-1946. Naval Institute Press. p. 41. ISBN 978-0870219139. 
  2. ^ a b c d 中川務「イギリス駆逐艦史」、『世界の艦船』第477号、海人社、1994年2月、 86頁、 ISBN 978-4905551478
  3. ^ a b c Norman Friedman (2012). “What Sort of Destroyer?”. British Destroyers & Frigates: The Second World War & After. Naval Institute Press. ISBN 978-1473812796. 
  4. ^ 高須廣一「兵装 (技術面から見たイギリス駆逐艦の発達)」、『世界の艦船』第477号、海人社、1994年2月、 172-179頁、 ISBN 978-4905551478