F級駆逐艦 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
F級駆逐艦
HMS Foresight.jpg
基本情報
種別 駆逐艦
命名基準 "F"で始まる英単語
運用者  イギリス海軍
 カナダ海軍
 ドミニカ共和国海軍
就役期間 1934年 - 1949年
前級 E級
次級 G級
要目
基準排水量 1,360トン
1,460トン (嚮導艦)
全長 100.43 m
103.62 m (嚮導艦)
最大幅 10.13 m
吃水 2.59 m
ボイラー 水管ボイラー×3缶
主機 蒸気タービン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 36,000馬力
38,000馬力 (嚮導艦)
速力 36.0ノット
航続距離 5,520海里 (15kt巡航時)
燃料 重油470トン
乗員 145名
兵装 45口径12cm単装砲×4基
 (嚮導艦では5基)
62口径12.7mm4連装機銃×2基
・53.3cm4連装魚雷発射管×2基
爆雷投射機×2基
・爆雷×20発
レーダー ※後日装備
・286型 or 291型 早期警戒用
271型 目標捕捉用
ソナー ・121型 探信儀
テンプレートを表示

F級駆逐艦英語: F-class destroyer)は、イギリス海軍駆逐艦の艦級。E級の小改正型として、1932-3年度計画で9隻が建造された[1][2]。「フィアレス」をネームシップとして、フィアレス級Fearless-class)と称することもある[3]

来歴[編集]

イギリス海軍は1924-5年度より駆逐艦の建造を再開し、まず改W級駆逐艦をもとに第一次世界大戦の戦訓や新しい技術を盛り込んだプロトタイプとして「アマゾン」と「アンバスケイド」を建造したのち、1927-8年度で量産型としてA級、続く1928-9年度で小改正型のB級が建造された。また1929-30年度では大型化して燃料の搭載量増加を図ったC級、1930-1年度では対潜戦能力を強化したD級が建造された[4]

C・D級は好評であり、1931-2年度では、同級の艦砲を変更したE級が建造された。そして1932-3年度では、同級を元にして、更に水雷兵器を改正した艦が建造されることになった。これが本級である[3]

設計[編集]

船首楼型、2本煙突という基本構成はC~E級と同様である。機関構成もおおむねE級と同様で、アドミラルティ式3胴型水管ボイラーを(圧力300 psi (21 kgf/cm²)、温度326.7℃)、タービンはパーソンズ式オール・ギヤード・タービンを搭載した(ジョン・ブラウン社艦ではブラウン・カーチス式)[1][5]。ボイラーを3室に分けて搭載したのも同様であるが、本級では新しい軽量化ボイラーを採用したことで、機関部重量は20トン減少した。ただしこのためにややトップヘビーの傾向となり、I級に至るまで、復原性の問題が残ることとなった[3]

砲熕兵器はE級と同様で、艦砲は45口径12cm砲(QF 4.7インチ砲Mk.IX)を仰角40度の両用砲であるMk.XVII砲架と組み合わせて4基(嚮導艦「フォークナー」では5基)、また対空兵器としては4連装12.7mm機銃を搭載した[2][3][6]

一方、水雷兵器としては、A級以降の21インチ魚雷発射管の4連装2基装備が踏襲されたが、搭載魚雷は、炸薬量を増したMk.IXに更新された。また1931年9月、これ以降に建造される全ての駆逐艦にASDIC(アクティブ・ソナー)を搭載する方針となったことから、本級でも、ASDICと対潜爆雷投射機が搭載された。なお従来の駆逐艦とは異なり、対機雷戦用の2速駆逐艦掃海具(TSDS)も併載された[3]

その後、第二次世界大戦が勃発すると護衛駆逐艦としての改装が行われ、レーダーや両用砲用FCSの搭載、20mm機銃の増設、また後部魚雷発射管をバーターにした45口径7.6cm高角砲(QF 3インチ砲Mk.I)の搭載による防空火力の強化、ヘッジホッグ対潜迫撃砲の搭載、爆雷搭載数の増加がなされたほか、更に「フォークナー」では3番砲の4インチ高角砲への換装も行われた[1][2]

同型艦[編集]

他の艦級と同様、嚮導艦1隻を含む9隻が建造された。

第二次世界大戦においては、3隻が撃沈され、1隻が全損判定により修理を断念し解体された。

このほか、2隻がカナダ海軍へ、1隻がドミニカ共和国海軍に引き渡されている。

# 艦名 造船所 進水 就役 その後
H62 フォークナー
HMS Faulknor
嚮導艦
ヤーロウ 1934年
6月12日
1935年
5月24日
1945年7月予備役編入。同年10月退役。1946年4月に解体。
H78 フェイム
HMS Fame
ヴィッカース・
アームストロング
1934年
6月28日
1935年
4月26日
1947年5月に予備役編入。1949年2月にドミニカ共和国海軍に売却、艦名を「ヘネラリッシモ」 (Generalisimo) に改名。
ラファエル・トルヒーヨ暗殺後の1962年に艦名を「サンチェス」 (Sanchez) に改名。1968年に解体。
H67 フィアレス
HMS Fearless
キャメル・レアード英語版 1934年
5月12日
1934年
12月19日
サブスタンス作戦参加中の1941年7月23日、アンナバ沖にてイタリア空軍のSM.79雷撃機からの雷撃により大破。
同日、友軍駆逐艦「フォレスター英語版」の魚雷攻撃により撃沈処分。
H79 ファイアドレーク
HMS Firedrake
ヴィッカース・
アームストロング
1934年
6月28日
1935年
5月30日
ON 153船団英語版護衛中の1942年12月17日、北大西洋にてドイツ海軍潜水艦「U-211」の魚雷攻撃により撃沈。
H68 フォアサイト
HMS Foresight
キャメル・レアード 1934年
6月29日
1935年
5月15日
ペデスタル作戦参加中の1942年8月12日、ビゼルト沖にてイタリア空軍のSM.79雷撃機からの雷撃により艦尾が大破。
翌13日に友軍駆逐艦「ターター英語版」の魚雷攻撃により撃沈処分。
H74 フォレスター
HMS Forester
J・サミュエル・
ホワイト
英語版
1934年
6月28日
1935年
3月29日
1945年11月2日に退役。1946年1月22日にスクラップとして売却。
H70 フォーチュン
HMS Fortune
ジョン・ブラウン 1934年
8月29日
1935年
4月27日
1943年5月31日付でカナダ海軍に譲渡、「サスカチュワン」 (HMCS Saskatchewan) に改名。
1946年1月28日に退役[7]。スクラップとして売却。
H69 フォックスハウンド
HMS Foxhound
1934年
10月12日
1935年
6月6日
1944年2月8日付でカナダ海軍に譲渡、「カペル」 (HMCS Qu'Appelle) に改名。
1946年5月27日に退役[7]。1947年12月にスクラップとして売却。
H76 フューリー
HMS Fury
J・サミュエル・
ホワイト
1934年
9月10日
1935年
5月18日
1944年6月21日、ノルマンディー近海にて触雷し大破したため、フランスの海岸に座礁。
7月5日にイギリスへ曳航されたが、全損判定を受け修理を断念。同年9月18日より解体。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 中川務「イギリス駆逐艦史」、『世界の艦船』第477号、海人社、1994年2月、 70-71頁、 ISBN 978-4905551478
  2. ^ a b c Roger Chesneau, Robert Gardiner (1980). Conway's All the World's Fighting Ships 1922-1946. Naval Institute Press. p. 38. ISBN 978-0870219139. 
  3. ^ a b c d e Friedman, Norman (2009). “A New Standard Design - The A-I Series”. British Destroyers From Earliest Days to the Second World War. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 978-1-59114-081-8. 
  4. ^ 中川務「イギリス駆逐艦建造の歩み」、『世界の艦船』第477号、海人社、1994年2月、 149-155頁、 ISBN 978-4905551478
  5. ^ 阿部安雄「機関 (技術面から見たイギリス駆逐艦の発達)」、『世界の艦船』第477号、海人社、1994年2月、 164-171頁、 ISBN 978-4905551478
  6. ^ 高須廣一「兵装 (技術面から見たイギリス駆逐艦の発達)」、『世界の艦船』第477号、海人社、1994年2月、 172-179頁、 ISBN 978-4905551478
  7. ^ a b Sandy McClearn (1997-2006). “RIVER Class destroyer” (英語). 2017年4月1日閲覧。