L.D.K. Lounge Designers Killer

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
L.D.K. Lounge Designers Killer
capsuleスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル エレクトロ
時間
レーベル contemodeヤマハミュージックコミュニケーションズ
チャート最高順位
capsule 年表
NEXUS-2060
(2005年)
L.D.K. Lounge Designers Killer
(2005年)
FRUITS CLiPPER
(2006年)
『L.D.K. Lounge Designers Killer』収録のシングル
  1. 「AEROPOLIS(アナログ盤)」
    リリース: 2005年9月7日
テンプレートを表示

L.D.K. Lounge Designers Killer』(ラウンジ・デザイナーズ・キラー)は、2005年9月21日contemodeより発売されたcapsuleの6枚目のオリジナルアルバムである(品番:YCCC-10003)[2]

背景[編集]

本作発売の2週間前となる2005年9月7日に、アルバム中の3曲を収録した限定12インチアナログ盤「AEROPOLIS」が発売された[3]

前作『NEXUS-2060』から約半年ぶりのリリースとなった[4]

制作[編集]

中田は前作『NEXUS-2060』をリリースした頃の、自身の引っ越しから構想を得て制作した[5]

ミュージック・ビデオ[編集]

※シングル収録曲は各リンク先も参照。

グライダー[編集]

中田ヤスタカが監督を務め[6]、ベスト・アルバム『FLASH BEST』の初回限定盤のDVDに収録された[7]

楽曲について[編集]

※シングル収録曲は各リンク先を参照。

3.Lounge Designers Killer

ether22がゲスト・ボーカルとして参加。

7.グライダー

曲が完成したときに「これ完全に空飛んでるわ」と中田が感じたことからタイトルと詞が付けられた[8]

シングル収録[編集]

タイトル 収録シングル
1 空飛ぶ都市計画 5枚目「AEROPOLIS」(アナログ盤)
3 Lounge Designers Killer 5枚目「AEROPOLIS」(アナログ盤)
4 twinkle twinkle poppp! 5枚目「AEROPOLIS」(アナログ盤)

タイアップ[編集]

収録曲[編集]

全曲作詞・作曲・編曲:中田ヤスタカ

CD
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.空飛ぶ都市計画  
2.「テレポテーション」  
3.「Lounge Designers Killer」  
4.「twinkle twinkle poppp!」  
5.「tiC taC」  
6.「アンテナ」  
7.「グライダー」  
8.「人類の進歩と調和」  
9.「do do pi do」  
10.「fin.」  
11.「jelly」(iTunes Storeボーナス・トラック)  

出典[編集]

  1. ^ capsule『L.D.K. Lounge Designers Killer』(オリコン)
  2. ^ L.D.K. Lounge Designers Killer(yamaha music communication)
  3. ^ アナログ盤 AEROPOLIS(エアロポリス)(yamaha music communication)
  4. ^ NEXUS-2060(yamaha music communication)
  5. ^ CAPSULE INTERVIEW ページ3(excite music・2005年5月11日)
  6. ^ ミュージックビデオサーチ capsule グライダー(SPACE SHOWER NETWORKS)
  7. ^ FLASH BEST 《初回盤》(yamaha music communication)
  8. ^ CAPSULE 中田ヤスタカの現在地 ページ2(ナタリー)