GOLDEN☆BEST フィンガー5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
GOLDEN☆BEST フィンガー5
フィンガー5ベスト・アルバム
リリース
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
フィンガー5 年表
フィンガー5 コンプリート CD-BOX
2003年
GOLDEN☆BEST フィンガー5
2003年
CD&DVD THE BEST フィンガー5
2004年
テンプレートを表示

GOLDEN☆BEST フィンガー5』(ゴールデン・ベスト フィンガー・ファイヴ)は、フィンガー5ベストアルバム。2003年11月26日発売。発売元はユニバーサルミュージック

解説[編集]

レコード会社から発売されているゴールデン☆ベストシリーズの中の1枚。本土復帰前に沖縄から東京へ移り住んだのち、1973年に「フィンガー5」としてデビューした5人組の廉価版ベスト・アルバム[1]

歌詞カード冒頭には、バイオグラフィをまとめたライナーノーツ付。シングルA面曲や、他アーティストのカヴァー等で世代を超えて知られる曲となった「学園天国」と「個人授業」「恋のダイヤル6700」のオリジナル・カラオケが収録された。

「学園天国」は、2001年公開の映画ウォーターボーイズ』主題歌。同映画のサントラ盤『ウォーターボーイズ オリジナル・サウンドトラック』(2001年8月22日)に収録されたほか、2002年3月21日リリースのDVD(スペシャル・エディション版)には、映画の名シーンを織り込んだミュージック・ビデオが収録されている。

なお、本ベスト盤発売の半年程前には、ファンが一丸となって発売までこぎつけたCD-BOXが制作・発売された。詳細は『フィンガー5 コンプリート CD-BOX』を参照。

トンボメガネがトレード・マークのアキラは稀にテレビ出演し、本ベスト盤収録曲をソロで披露することがある。例えば、フィンガー5の作詞を多く担当した阿久悠が亡くなった2007年の暮れ、テレビ東京音楽番組年忘れにっぽんのうた』における追悼コーナーに出演し、ギターを手に歌声を披露した。

収録曲[編集]

  1. 個人授業 
    山口百恵がアルバム『青い果実/禁じられた遊び』でカヴァーした。
  2. 恋のダイヤル6700 
  3. 学園天国
    • 作詞: 阿久悠、作曲・編曲: 井上忠夫 
    小泉今日子慎吾ママがカヴァーした。
  4. 恋のアメリカン・フットボール 
    • 作詞: 阿久悠、作曲・編曲: 都倉俊一
  5. 上級生 
    • 作詞: 阿久悠、作曲・編曲: 井上忠夫
  6. 恋の大予言 
    • 作詞: 阿久悠、作曲・編曲: 井上忠夫
  7. 華麗なうわさ 
    • 作詞: 阿久悠、作曲・編曲: 都倉俊一
  8. 名犬ラッシー 
  9. バンプ天国 
  10. ぼくらのパパは空手の先生 
    • 作詞: 阿久悠、作曲: 三枝伸、編曲: 深町純
  11. 帰ってくるよ
    • 作詞・作曲・編曲: フィンガー・ファミリー 
  12. ジェット・マシーン 
    • 作詞・作曲: 三枝伸、編曲: 深町純
  13. 飛べ! すてきなベイビー 
    • 作詞: 及川恒平、作曲・編曲: 惣領泰則
  14. 101人ガールフレンド 
    • 作詞: 阿久悠、作曲: 都倉俊一、編曲: 田辺信一
  15. モンロー・ウォークのお嬢さん
    • 作詞: 阿久悠、作曲・編曲: 都倉俊一 
  16. 恋のラッキー・ストライク
  17. スーパーカーブギ 
  18. ぼくは眠れない 
  19. やきもちボーイ 
    • 作詞・作曲: 小泉まさみ、編曲: 小田健二郎
  20. 悩ませないで 
  21. 個人授業 (オリジナル・カラオケ) 
  22. 恋のダイヤル6700 (オリジナル・カラオケ) 
  23. 学園天国 (オリジナル・カラオケ)

脚注[編集]

  1. ^ 本土復帰前の1971年に、沖縄から南沙織が一足早く歌手デビューを果たしている。