Colorful PUREGIRL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Colorful PUREGIRL』(カラフルピュアガール)は、2004年まで発行されていたアダルトゲーム雑誌。

Puregirl[編集]

本誌の前身は、1998年2月にジャパン・ミックスより創刊された『Puregirl』(ピュアガール)である。「一番絵がキレイで安い美少女マガジン」がキャッチフレーズの同誌は、既に飽和状態であったアダルトゲーム雑誌の中で後発に属していたが、原画家や時には同人作家をクローズアップする独自の「スター方式」が大きな反響を呼び、他誌がこの方式に追随するのに時間はかからなかった。

ジャパン・ミックスが同年12月に不渡りを出して裁判所より破産宣告を受けたことに伴い、わずか10号という短命に終わった。

Colorful PUREGIRL[編集]

結局、『Puregirl』と同じく1998年にアダルトゲーム雑誌『カラフルAPEX』(カラフルエイペックス)を発刊していたビブロスが『Puregirl』のスタッフと商標を引き取り、この2誌を合併する形で1999年4月に『Colorful PUREGIRL』を創刊した。

ジャパン・ミックス倒産に伴う原稿料の未払い問題は、ビブロス側が肩代わりすることで解決されていたが、心情的に新雑誌への参加を拒否した執筆者もおり、多難な船出となった。

新雑誌になっても『Puregirl』時代の「スター方式」は健在であり、読者投稿コーナには著名な人物が多数掲載された。例えば2000年12月号にはカラーページにはみけおう粟岳高弘が掲載されている[1]

2004年10月に休刊。

連載漫画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2000年2月号218-225ページより。

外部リンク[編集]