針玉ヒロキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

針玉 ヒロキ(はりたま ヒロキ)は、日本の漫画家コンピュータゲーム原画家イラストレーターである。

略歴[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 「新しい仕事に慣れるのに時間がかかる」らしい。そして「慣れたと思ったら終わっていた」と述べている。
  • 本人曰く「ちびっ子を書くのは苦手」らしい。
  • PALETTE』で萌木玉緒のデザインを担当した。その中に、プールで高山小麦(水城たくやデザイン)と遊ぶ玉緒のCGがあるが、針玉は小麦をこのCGだけに登場する一発キャラと勘違いし、勝手に書き込んでしまった(本人曰く「でっち上げ」)。最終的に水城の小麦に差し替えられたが、影指定段階まで針玉デザインの小麦が使われた。
  • よくラフスケッチの隅に落書きをしている。内容は「小ネタ」「ボケ」「出落ち」「ダメだし」など様々で、イラストの3/4を落書きで占領したこともある。途中で削除されCGに乗ることはないが、『Natural2 -DUO-』の鳥海空と主人公のデートシーンのCGで背景の海に「モリと水中メガネをして魚を取る鳥海千紗都」の落書きが影指定段階まで残っていたことがある。

作品[編集]

アニメ[編集]

18禁ゲーム[編集]

一般ゲーム[編集]

書籍[編集]

その他[編集]

同人活動[編集]

「スタジオ N.BALL」(スタジオ エヌボール)という同人サークルを主宰している。コミックマーケットにおいては、壁サークル(大手)の人気サークルとなっている。

外部リンク[編集]