saxyun

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

saxyun(さっきゅん、5月13日 - )は、日本漫画家イラストレーター宮城県仙台市出身。

ゲーム雑誌を中心にイラストレーターとして活動を開始し、平行して4コマ漫画家としても活動。現在は主に竹書房アスキー・メディアワークス系のコミック誌に作品を掲載している。 2000年代初頭に人気を博したWindows向けソフトウェア「伺か」のデフォルトゴースト、「偽春菜(任意)」と「うにゅう」の作者としても知られる。

2007年には初単行本となる『ゆるめいつ』(竹書房)、『空想科学X』(メディアワークス)の単行本第1巻が相次いで発売された。

また、2009年に『ゆるめいつ』のOVA化が、2011年には同作のテレビアニメ化がなされた。

作品リスト[編集]

漫画

  • ゆるめいつまんがくらぶ
    • 2005年6月号に読切として掲載された後、2005年12月号より連載開始。2009年にOVA化、2012年にはテレビアニメ化されている。
  • 空想科学X電撃マオウ
    • 掲載誌名が『電撃「マ)王』時代の2005年12月号より2014年11月号まで連載された。それ以前にもビブロスより刊行されていた成年向け雑誌『カラフルコミック PUREGIRL』の2002年6月号より同誌が休刊する2002年10月号まで「かたまでつかれ」というタイトルで前身となる漫画が連載されていたが、これらは単行本化なされていない。
    • メディアワークス刊「電撃黒「マ)王」 VOLUME4から休刊となったVOLUME12まで、主人公の一人・コトの学生時代を描いた番外編となる「すこしふしぎまんが コトちゃん」が掲載された。こちらは「空想科学X」の単行本に収録されている。
  • 超常探偵X(電撃マオウ)
  • ちょっかんれんず(まんがくらぶ)
  • ねおばなし(もより)
    • 2005年6月発売号#00より、掲載誌が休刊となった2006年10月号#05まで連載。後に全話が「まんがライフセレクション ゆるめいつ増刊号」に再録されている。初回のみ「ねおばなし。」のタイトルで掲載された。
  • すくすくすいすい(マジキュー
    • 2004年5月発売号のVol.3より2005年12月発売号のVol.22まで連載。その後、『まんがライフMOMO』2006年10月号に読切が掲載された。どちらも単行本化はなされていない。
  • ゲームショップいすゞや(GAME JAPAN
  • あいらぶアライブ(月刊コミックアライブ読者ページ)
  • すりーえーす(FLAT STYLE コミックアンソロジー1
  • 湯けむりOL殺人電車(FLAT STYLE コミックアンソロジー2

CD

  • Ace of Aces/V.A.(Chiyoda DJ Union) track8 22xE(東京タワー名義)
  • ごえんがあるよ/V.A.(八卦商会) track3 ω track5 ドナドナ(六本木ヒルズMIX) (東京タワー名義)、ジャケットイラスト
  • サンポーノレ/V.A.(八卦商会) track7 秋は山からやってくる(Comming Out Mix) (東京タワー名義)

レコード

  • ファック!マルチね☆彡 REMIXES/V.A.(八卦商会/XROGER) AA1 333 Remix(東京タワー名義)、ジャケットイラスト

ゲスト参加作品[編集]

外部リンク[編集]