2018年のインディカー・シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2018年のインディカー・シリーズ
前年: 2017 翌年: 2019
スコット・ディクソン(左)が自身5度目のタイトルを獲得した。アレクサンダー・ロッシ(右)が2位となった。

2018年のベライゾン・インディカー・シリーズ (2018 Verizon IndyCar Series) は、インディカー・シリーズの23年目のシーズンとなる。第102回インディアナポリス500マイルレースはシリーズ6戦目として5月27日に開催され、ウィル・パワーが優勝した。

2015年から17年まで使用されたマニファクチャラーがデザインしたエアロキットに代わって、今シーズンから統一エアロキットが使用される。今シーズンはベライゾン・コミュニケーションズがタイトルスポンサーとして開催される最後のシリーズとなる。また、ABCおよびNBCスポーツによる中継も最後となる。

エンジンマニファクチャラーはホンダが2011年以来となるタイトルを獲得した。ルーキー・オブ・ザ・イヤーはロバート・ウィッケンスがポコノでのクラッシュで怪我により終盤3戦を欠場したにもかかわらず獲得した。シリーズタイトルはスコット・ディクソンが自身5度目となるタイトルを獲得した。

シリーズのニュース[編集]

  • PFCは2018年シーズン、シリーズへのブレーキキャリパーの供給を開始する[2]
  • 2018年3月21日、NBCSNを通してシリーズ放映権を保持していたNBCスポーツは、分裂したABCとNBCSNに代わって、2019年から2021年までIndyCarシリーズを独占放送すると発表した。NBCではインディ500を含め、シーズン8レースが放送される[4][5][6]

技術的変更[編集]

  • すべてのインディカー・シリーズ参入チームは、F1スタイルのLCDステアリングホイールディスプレイ -設定可能なディスプレイユニットを備えた新しいコスワースCCW Mk2ステアリングホイール- および新しいエレクトリックコンポーネントを導入する[9]。2000年シーズンから使用されてきた現在のコスワース・Piリサーチ・シグマは廃止されるが、いくつかのチームはコスト上の理由からもう1シーズン使用する。
  • ファイアストンは2018年仕様のエアロキットで生じるダウンフォースの量が減少したことにより、ロードおよびストリートコースの濡れた路面でグリップを向上させるために新しいレインタイヤを導入した[10]

参戦チーム・ドライバー[編集]

以下のチームとドライバーが2018年シーズンを戦う。全チームがシャシーはダラーラ・IR18、タイヤはファイアストンを使用する。

チーム エンジン No. ドライバー 出場ラウンド
A.J.フォイト・エンタープライズ シボレー 4 ブラジルの旗 マテウス・レイスト[12]  R  全戦
14 ブラジルの旗 トニー・カナーン[13] 全戦
フォイト ウィズ バード / ホリンガー / ベラルディ 33 オーストラリアの旗 ジェームス・デイビソン[14] 6
アンドレッティ・オートスポーツ ホンダ[15] 25 イギリスの旗 ステファン・ウィルソン[16]  R [N 1] 6
26 アメリカ合衆国の旗 ザック・ビーチ[17]  R  全戦
27 アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ[18] 全戦
28 アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハンター=レイ[19] 全戦
29 コロンビアの旗 カルロス・ムニョス[20] 6
アンドレッティハータ・オートスポーツ ウィズ カーブ・アガジャニアン 98 アメリカ合衆国の旗 マルコ・アンドレッティ[18] 全戦
カーリン シボレー 23 アメリカ合衆国の旗 チャーリー・キンボール[21] 全戦
59 イギリスの旗 マックス・チルトン[21] 全戦
チップ・ガナッシ・レーシング ホンダ 9 ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン[22] 全戦
10 アラブ首長国連邦の旗 エド・ジョーンズ[23] 全戦
デイル・コイン・レーシング ホンダ 19 カナダの旗 ザカリー・クラマン・デメロ[24]  R  1, 3-6, 9-12
ブラジルの旗 ピエトロ・フィッティパルディ[24]  R  2, 13-17
アメリカ合衆国の旗 サンティノ・フェルッチ[25]  R  7-8
39 16-17
63 イギリスの旗 ピッパ・マン[26] 6
デイル・コイン・レーシング dba トム・バーンズ・レーシング 17 アメリカ合衆国の旗 コナー・デイリー[27] 6
デイル・コイン・レーシング ウィズ バッサー-サリバン 18 フランスの旗 セバスチャン・ボーデ[28] 全戦
ドレイヤー & レインボールド・レーシング シボレー[29] 24 アメリカ合衆国の旗 セージ・カラム[30] 6
66 アメリカ合衆国の旗 J.R.ヒルデブランド[31] 6
エド・カーペンター・レーシング シボレー 13 アメリカ合衆国の旗 ダニカ・パトリック[32][33] 6
20 イギリスの旗 ジョーダン・キング[34]  R  1, 3-5, 7-8, 10, 12-13, 16-17
アメリカ合衆国の旗 エド・カーペンター 2, 6, 9, 11, 14-15
21 アメリカ合衆国の旗 スペンサー・ピゴット[35] 全戦
ハーディング・レーシング シボレー 8 メキシコの旗 パトリシオ・オワード[36]  R  17
88 コロンビアの旗 ギャビー・チャベス[37] 1-11, 15-16
アメリカ合衆国の旗 コナー・デイリー[38] 12-14
アメリカ合衆国の旗 コルトン・ハータ[36]  R  17
ユンコス・レーシング シボレー 32 オーストリアの旗 レネ・ビンダー[39][40]  R  1, 4, 7-8, 12-13
アメリカ合衆国の旗 カイル・カイザー[41]  R  2-3, 5-6
メキシコの旗 アルフォンソ・セリスJr.[42]  R  10, 16
マイケル・シャンク・レーシング ウィズ シュミット・ピーターソン ホンダ 60 イギリスの旗 ジャック・ハーヴェイ[43]  R  1
メイヤー・シャンク・レーシング ウィズ シュミット・ピーターソン 3, 6, 13, 16-17
レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング ホンダ 15 アメリカ合衆国の旗 グラハム・レイホール[44] 全戦
30 日本の旗 佐藤琢磨[45] 全戦
シュミット・ピーターソン・モータースポーツ ホンダ[46] 5 カナダの旗 ジェームズ・ヒンチクリフ[47] 全戦
6 カナダの旗 ロバート・ウィッケンス[47]  R  1-14
コロンビアの旗 カルロス・ムニョス[48] 16-17
SPM / AFSレーシング 7 イギリスの旗 ジェイ・ハワード[49] 6
スクーデリア・コルサ ウィズ RLL ホンダ 64 スペインの旗 オリオール・セルビア[50] 6
チーム・ペンスキー シボレー[46] 1 アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン[51][52] 全戦
3 ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス[53] 5-6
12 オーストラリアの旗 ウィル・パワー[51] 全戦
22 フランスの旗 サイモン・パジェノ[51] 全戦
R ルーキー

チームの変更[編集]

チップ・ガナッシ・レーシングは、コスト効率のため2台体制に縮小することを発表した。これは2010年以来のことであり、スコット・ディクソンは9番車に留まる[54]。2017年10月25日には、2017年のルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得したエド・ジョーンズトニー・カナーンに代わって2018年シーズンに10番車をドライブすることを発表した[55]

チーム・ペンスキーエリオ・カストロネベスが2018年以降ウェザーテック・スポーツカー選手権に転向するため、3台体制に縮小することを発表した。しかしながら、カストロネベスはインディカー・グランプリとインディ500にペンスキーから出場する[56]

マイケル・シャンク・レーシングは2018年シーズンに6レースでシュミット・ピーターソン・モータースポーツと技術提携しジャック・ハーヴェイをドライバーに起用する[57]。チームはシリウスXMラジオのCEO、ジム・メイヤーが共同オーナーに加わったため、2018年4月6日にメイヤー・シャンク・レーシングに改称した[58]

カーリンは2018年シーズン、シボレー製エンジンを搭載した2台のマシンでフル参戦する。ドライバーは元チップ・ガナッシ・レーシングのマックス・チルトンチャーリー・キンボール[21]

ハーディング・レーシングは2017年シーズンに何戦か起用したギャビー・チャベスを2018年はフル参戦させることを確認した[37]ブライアン・バーンハートは11月29日にチームの代表に任命され、インディカーのレースオペレーションおよびレースディレクターを辞任した[59]。ロード・アメリカ戦の後、バーンハートは2018年シーズン後半に2台体制に拡大したいとの噂、特にソノマの命名を確認した。彼はチームがインディ・ライツのドライバーを含む何名かと話し合ったことをさらに確認した[60]

ラジアー・パートナーズ・レーシング2017年のインディ500バディ・ラジアーが唯一の車をクラッシュさせたため、2012年以来参戦してきたインディ500に2018年は参戦しない。

ドライバーの変更[編集]

2017年のインディ・ライツでタイトルを獲得したカイル・カイザーは、4戦にユンコス・レーシングから参戦する。この中にはインディ500およびインディカー・グランプリが含まれる[61][62]。ユンコスは2018年1月5日、フォーミュラV8 3.5に参戦していたレネ・ビンダーをセントピーターズバーグ、バーバー、ミッドオハイオ、トロントで起用すると発表した。後にデトロイトでの起用も確認された[40]

2017年シーズンにJ.R.ヒルデブランドの代役としてエド・カーペンター・レーシングからバーバー戦に出場し、インディ500にはA.J.フォイト・エンタープライズから出場したザック・ビーチは2018年シーズン、佐藤琢磨に代わってアンドレッティ・オートスポーツからフル参戦する[17]

2017年にエド・カーペンター・レーシングからロード戦およびストリート戦で起用されたスペンサー・ピゴットは、J.R.ヒルデブランドに代わってフル参戦し、21番車をドライブする[35]。元フォーミュラ2のドライバー、ジョーダン・キングは、ロード戦およびストリート戦で20番車をドライブする。

2017年のインディ500勝者の佐藤琢磨は1シーズンでアンドレッティ・オートスポーツを離れ、2018年シーズンはレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰する[45]

ステファン・ウィルソン2018年のインディ500に出場するためアンドレッティ・オートスポーツに加入した。インディカーシリーズには2016年以来の復帰となる。

トニー・カナーンチップ・ガナッシ・レーシングで4シーズンを過ごした後、2018年はA.J.フォイト・エンタープライズに移籍する[13]

ロバート・ウィッケンスドイツツーリングカー選手権で6シーズンを過ごした後、ミカイル・アレシンに代わってシュミット・ピーターソン・モータースポーツに加入し6番車をドライブする。ウィッケンスは2017年シーズンのロード・アメリカ戦でアレシンに代わって最初のプラクティスセッションに参加したが、決勝には出場しなかった。ウィッケンスは2018年のABCサプライ500でクラッシュし重傷を負い、残りのシーズンを欠場することを余儀なくされた。このクラッシュでマシンは大きく破損し、6番車は次戦のゲートウェイを欠場した。8月29日、シュミット・ピーターソン・モータースポーツはウィッケンスの代役としてカルロス・ムニョスをポートランドとソノマで起用することを発表した[47]

2017年11月16日、A.J.フォイト・エンタープライズはブラジル人のインディ・ライツドライバー、マテウス・レイストの起用を発表した。レイストはコナー・デイリーに代わって4番車をドライブする。レイストは2006年のマルコ・アンドレッティの記録を更新して最年少ルーキーとなる。

ダニカ・パトリックスチュワート=ハース・レーシングNASCARに6シーズン参戦した後、インディ500に復帰する意向を発表した[63]2018年のインディ500はパトリックのプロ経歴の最後のレースとなる[64]。彼女はエド・カーペンター・レーシングの3台目をドライブする[32]。彼女を長年支援してきたGoDaddyがスポンサーとなる[65]

カルロス・ムニョスA.J.フォイト・エンタープライズで1シーズンを過ごした後、インディ500に参戦するためアンドレッティ・オートスポーツに復帰する[20]

2018年2月6日、2017年のワールドシリーズ・フォーミュラV8 3.5のチャンピオンであるピエトロ・フィッティパルディデイル・コイン・レーシングに加入し、インディ500を含む7戦で19番車をドライブすることが発表された。19番車は2017年のインディ・ライツカーリンから出場していたザカリー・クラマン・デメロが残りの10戦でドライブする。5月4日、フィッティパルディは2018年のスパ6時間の予選で負傷した。デメロがインディアナポリス戦およびテキサス戦で19番車をドライブし、デトロイト2戦はトライデントフォーミュラ2ドライバーおよびハースF1テストドライバーのサンティノ・フェルッチがドライブする契約にサインした。

2018年3月1日、セージ・カラム2018年のインディ500ドレイヤー & レインボールド・レーシングから参戦することが確認された。カラムとチームにとっては4回目のジョイントとなる。カラムのメインスポンサーはWIX Filtersである。

2018年3月6日、コナー・デイリー2018年のインディ500に出場することが発表された。彼はトム・バーンズ・レーシングから参戦し、空軍がメインスポンサーとなる。

2018年3月20日、ピッパ・マン2018年のインディ500デイル・コイン・レーシングの63番車をドライブすることが発表された。スポンサーはDonate Life Indiana[66]

4月12日、ドレイヤー & レインボールド・レーシングJ.R.ヒルデブランドがインディ500への2度目のエントリーでチームのためにドライブすると発表した[31]

2018年4月13日、ジョナサン・バーズ・レーシング、ホリンジャー・モータースポーツ、ベラルディ・オート・レーシングA.J.フォイト・エンタープライズと協力してジェームズ・デイヴィソンをインディ500に出場させることを発表した[14]

5月10日、ユンコス・レーシングアルフォンソ・セリスJr.ロード・アメリカでインディカーでデビューすることを発表した[42]。チームは8月3日、セリスがポートランドにも出場することを発表した[67]

7月10日、ハーディング・レーシングコナー・デイリーが第12戦のトロントでギャビー・チャベスに代わって出場すると発表した。チームはまた、2019年の準備のためにシーズン残りでドライバーラインナップを試してみると述べた。チームは現在のインディ・ライツのトップ3、コルトン・ハータサンティアゴ・ウルティアパトリシオ・オワードのテストを希望している。オワードは既にチームでシートフィッティングを行っている。それにもかかわらず、チャベスはシーズン中に復帰し、2019年までチームのドライバーとして契約を継続する予定である[38]。デイリーは7月24日のミッドオハイオ戦で確認される予定だった[68]。9月2日、2018年のインディ・ライツチャンピオンのパトリシオ・オワードとランキング2位のコルトン・ハータがハーディングから最終戦のソノマでインディカーにデビューすることが発表された。

開催スケジュール[編集]

Rd. 開催日 レース サーキット 開催地
1 3月11日 ファイアストン・グランプリ・オブ・セントピーターズバーグ  R  セントピーターズバーグ市街地コース フロリダ州セントピーターズバーグ
2 4月7日 デザート・ダイヤモンド・ウェストヴァレー・フェニックス・グランプリ  O  ISMレースウェイ アリゾナ州エイボンデール
3 4月15日 トヨタ・グランプリ・オブ・ロングビーチ  R  ロングビーチ市街地コース カリフォルニア州ロングビーチ
4 4月22日/23日* ホンダ・インディ・グランプリ・オブ・アラバマ  R  バーバー・モータースポーツ・パーク アラバマ州バーミングハム
5 5月12日 インディカー・グランプリ  R  インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
 - ロードコース
インディアナ州スピードウェイ
6 5月27日 第102回 インディアナポリス500マイルレース プレゼンテッド バイ ペングレード・モーターオイル  O  インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
 - オーバルコース
インディアナ州スピードウェイ
7 6月2日 シボレー・デトロイト・グランプリ プレゼンテッド バイ リアー・コーポレーション  R  ベル・アイル・パーク市街地コース ミシガン州デトロイト
8 6月3日
9 6月9日 DXC テクノロジー 600  O  テキサス・モーター・スピードウェイ テキサス州フォートワース
10 6月24日 コーラー・グランプリ  R  ロード・アメリカ ウィスコンシン州エルクハートレイク
11 7月8日 アイオワ・コーン300  O  アイオワ・スピードウェイ アイオワ州ニュートン
12 7月15日 ホンダ・インディ・トロント  R  エキシビション・プレイス市街地コース オンタリオ州トロント
13 7月29日 ホンダ・インディ200 アット ミッドオハイオ  R  ミッドオハイオ・スポーツカーコース オハイオ州レキシントン
14 8月19日 ABCサプライ500  O  ポコノ・レースウェイ ペンシルベニア州ロングポンド
15 8月25日 ボンマリト・オートモーティヴ・グループ500 プレゼンテッド バイ バルボリン  O  ゲートウェイ・モータースポーツ・パーク イリノイ州マディソン
16 9月2日 グランプリ・オブ・ポートランド  R  ポートランド・インターナショナル・レースウェイ オレゴン州ポートランド
17 9月16日 インディカー・グランプリ・オブ・ソノマ  R  ソノマ・レースウェイ カリフォルニア州ソノマ
O オーバル/スピードウェイ
R ロードコース/市街地サーキット

スケジュールの変更及び注[編集]

レース結果[編集]

Rd. レース ポールポジション ファステストラップ 最多ラップリード 優勝 レポート
ドライバー チーム マニファクチャラー
1 セントピーターズバーグ カナダの旗 ロバート・ウィッケンス アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ カナダの旗 ロバート・ウィッケンス フランスの旗 セバスチャン・ボーデ デイル・コイン・レーシング ウィズ バッサー-サリヴァン ホンダ 詳細
2 フェニックス フランスの旗 セバスチャン・ボーデ フランスの旗 セバスチャン・ボーデ オーストラリアの旗 ウィル・パワー アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン チーム・ペンスキー シボレー 詳細
3 ロングビーチ アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ アンドレッティ・オートスポーツ ホンダ 詳細
4 バーミンガム アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン カナダの旗 ザカリー・クラマン・デメロ アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン チーム・ペンスキー シボレー 詳細
5 インディアナポリスGP オーストラリアの旗 ウィル・パワー ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン オーストラリアの旗 ウィル・パワー オーストラリアの旗 ウィル・パワー チーム・ペンスキー シボレー 詳細
6 インディ500 アメリカ合衆国の旗 エド・カーペンター ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス アメリカ合衆国の旗 エド・カーペンター オーストラリアの旗 ウィル・パワー チーム・ペンスキー シボレー 詳細
7 デトロイト1 アメリカ合衆国の旗 マルコ・アンドレッティ[N 2] アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハンター=レイ ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン チップ・ガナッシ・レーシング ホンダ 詳細
8 デトロイト2 アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ[N 3] アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハンター=レイ アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハンター=レイ アンドレッティ・オートスポーツ ホンダ
9 テキサス アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン チップ・ガナッシ・レーシング ホンダ 詳細
10 ロード・アメリカ アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン アメリカ合衆国の旗 ザック・ビーチ アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン チーム・ペンスキー シボレー 詳細
11 アイオワ オーストラリアの旗 ウィル・パワー オーストラリアの旗 ウィル・パワー アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン カナダの旗 ジェームズ・ヒンチクリフ シュミット・ピーターソン・モータースポーツ ホンダ 詳細
12 トロント アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン オーストラリアの旗 ウィル・パワー ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン チップ・ガナッシ・レーシング ホンダ 詳細
13 ミッドオハイオ アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ アンドレッティ・オートスポーツ ホンダ 詳細
14 ポコノ オーストラリアの旗 ウィル・パワー フランスの旗 セバスチャン・ボーデ アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ アンドレッティ・オートスポーツ ホンダ 詳細
15 ゲートウェイ ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン[N 4] オーストラリアの旗 ウィル・パワー ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン オーストラリアの旗 ウィル・パワー チーム・ペンスキー シボレー 詳細
16 ポートランド オーストラリアの旗 ウィル・パワー コロンビアの旗 カルロス・ムニョス アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ 日本の旗 佐藤琢磨 レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング ホンダ 詳細
17 ソノマ アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハンター=レイ ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハンター=レイ アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハンター=レイ アンドレッティ・オートスポーツ ホンダ 詳細

ポイントランキング[編集]

ドライバー[編集]

順位 ドライバー STP PHX LBH ALA IGP INDY DET TEX ROA IOW TOR MDO POC GAT POR SNM ポイント
1 ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン 6 4 11 6 2 39 1* 4 1* 3 12 1* 5 3 3*c 5 2 678
2 アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ 3 3 1* 11 5 4 3 12* 3 16 9 8 1* 1* 2 8* 7 621
3 オーストラリアの旗 ウィル・パワー 10 22* 2 21 1* 13 7 2 18 23 6 18 3 2 1 21 3 582
4 アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハンター=レイ 5 5 20 2 18 5 2 1 5 2 19 16 7 18 20 2 1* 566
5 アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ニューガーデン 7 1 7 1* 11 84 9 15 13 1* 4* 9 4 5 7 10 8 560
6 フランスの旗 サイモン・パジェノ 13 10 24 9 8 62 17 10 2 7 8 2 8 8 4 6 4 492
7 フランスの旗 セバスチャン・ボーデ 1 13 13 5 4 285 13 21 8 13 11 19 6 4 21 3 6 425
8 アメリカ合衆国の旗 グラハム・レイホール 2 9 5 7 9 10 23 5 6 6 7 21 9 14 10 23 23 392
9 アメリカ合衆国の旗 マルコ・アンドレッティ 9 12 6 10 13 12 4 9 14 11 16 10 11 7 14 25 5 392
10 カナダの旗 ジェームズ・ヒンチクリフ 4 6 9 3 7 DNQ 11 16 4 10 1 4 14 20 15 22 15 391
11 カナダの旗 ロバート・ウィッケンス  RY  18* 2 22 4 3 9 8 6 19 5 5 3 2 19 391
12 日本の旗 佐藤琢磨 12 11 21 8 10 32 5 17 7 4 3 22 17 21 9 1 25 351
13 アラブ首長国連邦の旗 エド・ジョーンズ 8 20 3 20 22 31 6 3 9 9 13 12 15 12 8 24 10 343
14 アメリカ合衆国の旗 スペンサー・ピゴット 15 14 15 15 15 206 10 23 11 8 2 20 13 16 6 4 24 325
15 アメリカ合衆国の旗 ザック・ビーチ  R  16 16 4 13 23 23 12 13 16 22 20 7 10 6 5 19 14 313
16 ブラジルの旗 トニー・カナーン 11 8 8 18 14 25 14 7 21 14 17 6 18 17 13 11 12 312
17 アメリカ合衆国の旗 チャーリー・キンボール 20 17 10 23 20 18 19 8 10 18 14 5 16 9 19 7 22 287
18 ブラジルの旗 マテウス・レイスト  R  24 19 14 12 21 13 15 14 22 15 22 15 19 11 16 14 19 253
19 イギリスの旗 マックス・チルトン 19 18 17 22 16 22 20 11 12 17 15 23 24 13 17 18 21 223
20 アメリカ合衆国の旗 エド・カーペンター 7 2*1 20 10 10 12 187
21 コロンビアの旗 ギャビー・チャベス 14 15 19 17 17 14 18 19 15 19 21 18 13 187
22 イギリスの旗 ジョーダン・キング  R  21 18 14 24 16 18 12 11 12 15 13 175
23 カナダの旗 ザカリー・クラマン・デメロ  R  17 23 19 12 19 17 21 18 14 122
24 イギリスの旗 ジャック・ハーヴェイ  R  23 12 16 20 16 17 103
25 コロンビアの旗 カルロス・ムニョス 7 12 18 95
26 ブラジルの旗 ピエトロ・フィッティパルディ  R  23 23 22 11 9 16 91
27 アメリカ合衆国の旗 サンティノ・フェルッチ  R  22 20 20 11 66
28 オーストリアの旗 レネ・ビンダー  R  22 16 21 22 17 21 61
29 アメリカ合衆国の旗 コナー・デイリー 21 13 22 15 58
30 アメリカ合衆国の旗 カイル・カイザー  R  21 16 19 29 45
31 メキシコの旗 パトリシオ・オワード  R  9 44
32 ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス 6 278 40
33 アメリカ合衆国の旗 J.R.ヒルデブランド 11 38
34 イギリスの旗 ステファン・ウィルソン  R  15 31
35 スペインの旗 オリオール・セルビア 17 27
36 メキシコの旗 アルフォンソ・セリスJr.  R  20 17 23
37 アメリカ合衆国の旗 コルトン・ハータ  R  20 20
38 アメリカ合衆国の旗 ダニカ・パトリック 307 13
39 イギリスの旗 ジェイ・ハワード 24 12
40 アメリカ合衆国の旗 セージ・カラム 26 10
41 オーストラリアの旗 ジェームズ・デイヴィソン 33 10
- イギリスの旗 ピッパ・マン DNQ 0
順位 ドライバー STP PHX LBH ALA IMS INDY DET TEX ROA IOW TOR MDO POC GAT POR SNM ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
4位・5位
水色 6位-10位
青灰色 完走
(11位以下)
完走せず
予選落ち
(DNQ)
撤退
(Wth)
失格
(DSQ)
スタートせず
(DNS)
レース中止
(C)
空欄 エントリーせず
注釈など
太字 ポールポジション
(1ポイント)
インディ500を除く
斜体 ファステストラップ
* 最多リードラップ
(2ポイント)
DNS Any driver who qualifies
but does not start (DNS),
earns half the points
had they taken part.
1-9 Indy 500 "Fast 9" result,
with points as follows:
9 points for 1st
8 points for 2nd
and so on down to
1 point for 9th.
c 予選キャンセル
ボーナスポイント無し
 RY  ルーキー・オブ・ザ・イヤー
 R  ルーキー
  • インディ500およびソノマはポイント2倍。
  • インディ500を除く全てのレースで、ポールシッターは1ポイントが与えられる。ダブルヘッダーのレースではそれぞれの予選グループにおけるポールシッターにそれぞれ1ポイントが与えられる[70]
  • エンジンが最低走行距離に達する前に交換された場合、10ポイントを失う。
    • 注:走行距離はドライバーに関係なく、当該エンジンでそのレース参加者が走行した合計距離に基づく。
  • ポイントが並んだ場合、勝利数、2位、3位の順で比較され、ポールポジション数、予選2位回数と比較されていく。

マニファクチャラー[編集]

順位 マニファクチャラー STP PHX LBH ALA IMS INDY DET TEX ROA IOW TOR MDO POC GAT POR SNM ポイント
1 ホンダ 1 2 1 2 2 3 1 1 1 2 1 1 1 1 2 1 1 1467
2 3 3 3 3 4 2 3 3 3 3 3 2 3 3 2 2
96* 76 91* 76 75 67 96* 91* 90* 75 90* 90* 96* 90* 77 95* 96*
2 シボレー 7 1 2 1 1 1 7 2 2 1 2 2 3 2 1 4 3 1203
10 7 7 9 6 2 9 7 10 7 4 5 4 5 4 6 4
46 81* 66 77* 84* 98* 48 66 61 82* 73 71 67 71 87* 61 67
  • 全てのマニファクチャラーポイント(予選ポイント、レース終了ポイント、レース勝利ボーナスポイントを含む)は、シーズンフル参戦ドライバーのみが獲得できる[71]
  • それぞれのレースにおいて、各マニファクチャラーの上位2名のドライバーがポイントを獲得できる。優勝マニファクチャラーは追加ポイントが5点付与される。追加ポイント獲得は太字表記。
  • インディ500を除く全てのレースで、ポールシッターのマニファクチャラーに1ポイントが与えられる。インディ500では土曜の予選の最速ドライバーに1ポイントが与えられ、日曜日のポールシッターには2ポイントが与えられる。追加ポイント獲得は斜体。ゲートウェイは予選で雨が降ったためポールポジションにポイントは与えられなかった。
  • 各レースの最高ポイントはアスタリスク(*)付き。
  • インディ500で使用されている全シーズンエンジンの総走行距離が2,000マイルに達すると、マニファクチャラーはレース順位と等しいボーナスポイントを獲得できる。
  • ポイントが並んだ場合、勝利数、2位、3位の順で比較されていく。

脚注[編集]

  1. ^ ステファン・ウィルソンはインディカー・シリーズにおいてルーキーと見なされる。しかしながら、2016年のインディ500に参加経験があるため、2018年のインディ500ではルーキーではない。
  2. ^ このレースでは2つのグループで予選が行われ、それぞれのグループの最速ラップ記録者がポイントを獲得した。2つのグループの最速タイムで速い方がポールポジションを獲得し、もう一方はフロントローの外側となる。アンドレッティは全体の最速タイムを記録し、ポールポジションを獲得した。スコット・ディクソンがもう一方のグループの最速タイムを記録し、ポイントを獲得した。
  3. ^ このレースでは2つのグループで予選が行われ、それぞれのグループの最速ラップ記録者がポイントを獲得した。2つのグループの最速タイムで速い方がポールポジションを獲得し、もう一方はフロントローの外側となる。ロッシは全体の最速タイムを記録し、ポールポジションを獲得した。ロバート・ウィッケンスがもう一方のグループの最速タイムを記録し、ポイントを獲得した。
  4. ^ このレースの予選は悪天候のためキャンセルされた。グリッドはエントリーポイントによって設定されたので、スコット・ディクソンがポールポジションを獲得した。このため、ポールポジション獲得でのボーナスポイントは得られなかった。

参照[編集]

  1. ^ Malsher, David (2017年10月20日). “Verizon to quit as IndyCar title sponsor, remain with Penske”. Motorsport.com. 2017年10月20日閲覧。
  2. ^ Malsher, David (2017年10月20日). “How PFC stepped up braking performance for 2018 IndyCar”. Motorsport.com. 2017年10月20日閲覧。
  3. ^ “IndyCar Confirms Novak as Race Director”. (2018年1月5日). http://www.racer.com/indycar/item/146591-indycar-confirms-novak-as-race-director 2018年1月5日閲覧。 
  4. ^ “The Indy 500 will soon have a new TV network” (英語). Indianapolis Star. https://www.indystar.com/story/sports/motor/2018/03/21/indycar-races-broadcast-nbc-beginning-2019/444807002/ 2018年3月21日閲覧。 
  5. ^ Steinberg, Brian (2018年3月21日). “NBC Sports Grabs Indianapolis 500 Rights From ABC After 54 Years” (英語). Variety. https://variety.com/2018/tv/news/indianapolis-500-indycar-nbc-sports-abc-1202732343/ 2018年3月21日閲覧。 
  6. ^ “How IndyCar-NBC deal will affect local Indy 500 blackout” (英語). Indianapolis Star. https://www.indystar.com/story/sports/motor/2018/03/21/how-indycar-nbc-deal-affect-local-indy-500-blackout/445771002/ 2018年3月21日閲覧。 
  7. ^ Malsher, David (2017年1月12日). “2018 IndyCar aerokit concepts unveiled”. Motorsport.com. Motorsport Network. 2017年1月12日閲覧。
  8. ^ 2018 IndyCar aerokit concepts unveiled”. IndyCar.com. IndyCar.com (2017年7月24日). 2017年7月24日閲覧。
  9. ^ Pruett, Marshall (2017年6月22日). “New electronics coming with 2018 bodywork”. Racer.com. 2017年6月22日閲覧。
  10. ^ Malsher, David (2018年1月9日). “Firestone to introduce new rain tire for 2018 IndyCar”. Motorsport.com. Motorsport Network. 2018年1月9日閲覧。
  11. ^ INDYCAR to conduct first on-track test of windscreen on Feb. 8”. Indycar.com (2018年2月2日). 2018年2月4日閲覧。
  12. ^ Matheus Leist confirmed for IndyCar graduation with Foyt” (2017年11月16日). 2018年5月28日閲覧。
  13. ^ a b 2 of the biggest names in IndyCar team up as Tony Kanaan joins A.J. Foyt Racing”. indystar.com. The Indianapolis Star (2017年10月5日). 2017年10月5日閲覧。
  14. ^ a b Miller, Robin (2018年4月13日). “Davison 500 entry confirmed in third Foyt car”. Racer.com. Racer Media & Marketing, Inc.. 2018年4月13日閲覧。
  15. ^ Andretti, Rossi staying with Honda”. Racer.com. Racer Media & Marketing, Inc. (2017年8月28日). 2017年8月28日閲覧。
  16. ^ Stefan Wilson officially joins Andretti Autosport for 2018 Indy 500”. indystar.com. The Indianapolis Star (2017年10月4日). 2017年10月5日閲覧。
  17. ^ a b Malsher, David (2017年9月11日). “Zach Veach signs with Andretti Autosport through 2020”. Motorsport.com. Motorsport Network. 2017年9月11日閲覧。
  18. ^ a b Smith, Luke (2017年12月6日). “Marco Andretti Confirmed in No. 98 Andretti-Herta IndyCar Entry”. motorsports.nbcsports.com. NBC Sports. 2017年12月6日閲覧。
  19. ^ Malsher, David (2016年9月18日). “Andretti Autosport re-signs Ryan Hunter-Reay, DHL”. Motorsport.com. Sonoma, California: Motorsport Network. 2016年9月18日閲覧。
  20. ^ a b Andretti Autosport - CARLOS MUNOZ COMPLETES ANDRETTI AUTOSPORT INDY 500 LINEUP”. 2018年5月28日閲覧。
  21. ^ a b c Errington, Tom (2017年12月12日). “Carlin enters IndyCar with two-car team for Kimball, Chilton”. Motorsport.com. Motorsport Network. 2017年12月12日閲覧。
  22. ^ Miller, Robin (2017年7月18日). “MILLER: 2018's most wanted”. Racer.com. Racer Media & Marketing, Inc.. 2017年7月18日閲覧。
  23. ^ Chip Ganassi Racing Signs Ed Jones for its Verizon IndyCar Series Program”. chipganassiracing.com (2017年10月25日). 2017年10月25日閲覧。
  24. ^ a b “Fittipaldi confirms seven-race deal with Dale Coyne Racing” (英語). Motorsport. https://www.motorsport.com/indycar/news/pietro-fittipaldi-indycar-coyne-indy-1002706/ 2018年2月6日閲覧。 
  25. ^ “American Santino Ferrucci to race Paysafe car in Detroit” (英語). Dale Coyne Racing. https://dalecoyneracing.com/2018/05/18/american-santino-ferrucci-to-race-paysafe-car-in-detroit/ 2018年5月18日閲覧。 
  26. ^ “Mann confirms DCR Indy 500 ride” (英語). RACER. http://www.racer.com/indycar/item/148182-mann-confirms-dcr-indy-500-ride 2018年3月20日閲覧。 
  27. ^ Malsher, David (2018年3月6日). “Daly rejoins Coyne for Indy 500 with Thom Burns Racing and USAF”. Motorsport.com. Motorsport Network. 2018年3月6日閲覧。
  28. ^ Weaver, Matt (2017年6月28日). “Dale Coyne, Sebastien Bourdais already planning 2018 championship run”. Autoweek (Crain Communications). http://autoweek.com/article/indycar/dale-coyne-sebastien-bourdais-already-planning-2018-comeback-title-run 2017年6月28日閲覧。 
  29. ^ WIX Filters [@WIXFilters] (2018年3月1日). "We're excited to support @DRRIndyCar driver, @SageKaram at the 102nd #Indy500! The young racer will drive the No. 24 DRR @TeamChevy Dallara. Looking forward to a great year. #WIXIndy ??" (ツイート) – via Twitter.
  30. ^ Malsher, David (2018年2月28日). “Karam confirmed at Dreyer & Reinbold for Indy 500”. Motorsport.com. Motorsport Network. 2018年2月28日閲覧。
  31. ^ a b Errington, Tom (2018年4月12日). “Hildebrand lands second Dreyer & Reinbold Indy 500 seat”. Motorsport.com. Motorsport Network. 2018年4月12日閲覧。
  32. ^ a b “Danica Patrick to race final Indy 500 with Ed Carpenter Racing” (英語). Motorsport.com. https://www.motorsport.com/indycar/news/danica-patrick-to-race-final-indy-500-with-ed-carpenter-racing-1005078/ 2018年2月14日閲覧。 
  33. ^ Patrick ready for the spotlight again at Indianapolis 500” (2018年3月7日). 2018年5月28日閲覧。
  34. ^ Smith, Luke (2018年1月4日). “"Jordan King joins Ed Carpenter Racing for part-season IndyCar campaign"”. Crash.net. 2018年1月4日閲覧。
  35. ^ a b Rentz, Brie (2017年9月13日). “Ed Carpenter Racing elevates Spencer Pigot to full-time for 2018 IndyCar season”. edcarpenterracing.com. エド・カーペンター・レーシング. 2017年9月13日閲覧。
  36. ^ a b Miller, Robin (2018年9月2日). “Harding to field O'Ward, Herta at Sonoma”. 2018年9月2日閲覧。
  37. ^ a b Pruett, Marshall (2018年1月12日). “Harding confirms full 2018 IndyCar season with Chaves”. Racer.com. Racer Media & Marketing, Inc.. 2018年1月12日閲覧。
  38. ^ a b Miller, Robin (2018年7月10日). “Daly to replace Chaves in Toronto as Harding shakes up lineup”. Racer.com. Racer Media & Marketing, Inc.. 2018年7月10日閲覧。
  39. ^ Austrian Rene Binder joins Juncos Racing for partial Verizon IndyCar season”. juncosracing.com (2018年1月5日). 2018年1月5日閲覧。
  40. ^ a b Binder extends Juncos deal to six IndyCar races”. Motorsport.com. Motorsport Network (2018年3月28日). 2018年3月28日閲覧。
  41. ^ KAISER, JUNCOS RACING REVEAL FOUR-RACE VERIZON INDYCAR SERIES PLAN FOR 2018”. IndyCar.com (2017年10月19日). 2017年10月19日閲覧。
  42. ^ a b Juncos (2018年5月10日). “Alfonso Celis Jr. Advances to the Verizon IndyCar Series with Juncos Racing”. 2018年5月10日閲覧。
  43. ^ Harvey, Shank, Schmidt Peterson teaming for six races in 2018”. 2018年5月28日閲覧。
  44. ^ Malsher, David (2017年6月29日). “Graham Rahal on why his season has been both brilliant and brutal”. Motorsport.com. Motorsport Network. 2017年6月29日閲覧。
  45. ^ a b Mihai, Marian (2017年9月20日). “2017 Indy 500 Champion Takuma Sato Returns to RLL”. rahal.com. Rahal. 2017年9月20日閲覧。
  46. ^ a b Pruett, Marshall (2017年7月13日). “Penske, SPM to lead 2018 bodykit development”. Racer.com. Racer Media & Marketing, Inc.. 2017年7月13日閲覧。
  47. ^ a b c Malsher, David (2017年10月18日). “Schmidt Peterson confirms Wickens to partner Hinchcliffe in IndyCar”. Motorsport.com. Motorsport Network. 2017年10月18日閲覧。
  48. ^ IndyCar Series, Verizon (2018年8月29日). “Munoz to sub for Wickens at Schmidt Peterson in Portland”. IndyCar. INDYCAR. 2018年8月29日閲覧。
  49. ^ Schmidt Peterson Motorsports. “HOWARD REJOINS SPM WITH PARTNER ONE CURE FOR 102ND RUNNING OF THE INDIANAPOLIS 500”. 2018年3月23日閲覧。
  50. ^ Photo, By Marshall Pruett / Image by IMS. “Scuderia Corsa joins Rahal for Servia Indy 500 entry” (英語). www.racer.com. 2018年3月9日閲覧。
  51. ^ a b c Pruett, Marshall (2017年7月8日). “New chapter likely for Castroneves with Honda DPi”. Racer.com. Newton, Iowa: Racer Media & Marketing, Inc.. 2017年7月8日閲覧。
  52. ^ Josef Newgarden to run champion’s No. 1 in 2018” (2017年11月1日). 2018年5月28日閲覧。
  53. ^ Motor racing: Castroneves moves to sports cars, Indy 500 still in plans”. reuters.com. Reuters (2017年10月5日). 2017年10月4日閲覧。
  54. ^ Pruett, Marshall (2017年9月20日). “Ganassi confirms IndyCar reduction to two cars”. Racer.com. Racer Media & Marketing, Inc.. 2017年9月21日閲覧。
  55. ^ Chip Ganassi Racing signs IndyCar Rookie of the Year Ed Jones”. Autoweek.com. Crain Communications, Inc.. 2017年10月26日閲覧。
  56. ^ Helio Castroneves Joins Team Penske's IMSA Lineup”. teampenske.com. チーム・ペンスキー (2017年10月4日). 2017年10月4日閲覧。
  57. ^ Harvey, Shank, Schmidt Peterson teaming for six races in 2018”. 2018年5月28日閲覧。
  58. ^ http://www.racer.com/indycar/item/148478-meyer-joins-shank-as-msr-team-co-owner
  59. ^ Miller, Robin (2017年11月29日). “Barnhart Joins Harding Racing”. Racer Media and Marketing, Inc.. http://www.racer.com/indycar/item/146017-barnhart-joins-harding-racing 2017年11月29日閲覧。 
  60. ^ Pruett, Marshall (2018年6月24日). “Harding looks to add second car later this season”. Racer Media and Marketing, Inc.. https://racer.com/2018/06/24/harding-looks-to-add-second-car-later-this-season/ 2018年6月26日閲覧。 
  61. ^ “Telitz wins Indy Lights race, Kaiser crowned champion”. IndyCar.com. http://www.indycar.com/News/2017/09/09-03-Indy-Lights-Watkins-Glen-race 2017年9月22日閲覧。 
  62. ^ Kyle Kaiser advances to the 2018 Verizon IndyCar Series with Juncos Racing - Juncos Racing”. www.juncosracing.com. 2018年5月28日閲覧。
  63. ^ Long, Dustin (2017年11月17日). “Danica Patrick says this will be last full-time season as a driver”. NBC Sports. 2017年11月17日閲覧。
  64. ^ Pockrass, Bob (2017年11月17日). “Danica Patrick to end racing career at next year's Indy 500”. ESPN.com. ESPN Internet Ventures. 2017年11月17日閲覧。
  65. ^ “APNewsBreak: GoDaddy to sponsor Patrick in 'Danica Double'” (英語). Auto Racing. (2018年1月18日). https://racing.ap.org/article/apnewsbreak-godaddy-sponsor-patrick-danica-double 2018年1月18日閲覧。 
  66. ^ Mann, RACER Staff/Images by Abbott/LAT; Pippa. “Mann confirms DCR Indy 500 ride” (英語). www.racer.com. 2018年3月20日閲覧。
  67. ^ Elizalde, Pablo (2018年8月3日). “Celis to get second IndyCar outing at Portland”. Motorsport.com. Motorsport Network. 2018年8月3日閲覧。
  68. ^ Harding confirms Daly for Mid-Ohio”. Racer.com. Racer Media and Marketing, inc.. 2018年7月24日閲覧。
  69. ^ Malsher, David (2017年5月8日). “China, Mexico, among four possible new IndyCar races”. Motorsport.com. Motorsport Network. 2017年5月8日閲覧。
  70. ^ 2017 IndyCar Series rulebook (pdf)”. Verizon IndyCar Series. p. 149. 2017年6月4日閲覧。[リンク切れ]
  71. ^ 2018 Verizon IndyCar Series Official Rulebook”. IndyCar Series (2018年5月29日). 2018年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]