2008年のインディカー・シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2008年のインディカー・シリーズ
前年: 2007 翌年: 2009

2008年のインディカー・シリーズは、インディカー・シリーズの13年目のシーズンとなる。1996年のCART・IRLの分裂以後、アメリカ生まれのオープンホイールカテゴリーとして違う道を歩んできたインディカー・チャンプカーがこの年明けに急転直下の合併発表を行い、新生インディカーシリーズとして新たなスタートを切ることになった。すでにチャンプカーも2008年のスケジュールや一部チームの参戦体制などが発表されていたものの、ほとんどのレースがインディカー・シリーズにおいては行われず、また一部チャンプカーのチームが参戦を断念するなどの発表があった。なお、旧チャンプカーのチームには、インディカー・シリーズのシャシー、エンジンが無償で供給されるほか、インディカー・シリーズの既存チーム(IRLよりそれぞれ1チームを指定)からのサポートを受けながらシーズンを戦うことになった。

開催スケジュール[編集]

  • 旧チャンプカーからはロングビーチ・エドモントン・サーファーズパラダイス(ノンタイトル戦として開催)の3レースのみ開催される。
  • ロングビーチは旧チャンプカーの主催する最後のレースとして行われ、旧チャンプカーのシャシー・エンジン(パノス・コスワースのワンメイク)が使用されるが、インディカー・シリーズの1戦として開催される。また前日に決勝となるもてぎ戦は既存のインディカーのチームのみ、ロングビーチは旧チャンプカーのチームのみが参加する。そのため、双方のレースが共に第3戦として扱われる。
  • また、前年まで行われていたミシガンでのレースがカレンダー落ちとなった。
  • コース種別の文字が太字のレースはナイトレースとして開催。
  • もてぎでパトリックが優勝したが、これはインディカーはもちろん、世界の主要なオープンホイール(タイヤが4輪剥き出しになっているクルマによる)レースシリーズで初の女性による優勝である。(IRL公式サイトによる)
Rd 開催日 レース サーキット 開催地 ポールポジション ファステストラップ 最多ラップリード 優勝者
1 3月29日 アメリカ合衆国の旗 GAINSCO Auto Insurance Indy 300 ホームステッド=マイアミ・スピードウェイ フロリダ州ホームステッド ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー アメリカ合衆国の旗 マルコ・アンドレッティ ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン
2 4月6日 アメリカ合衆国の旗 Honda Grand Prix of St. Petersburg セントピーターズバーグ市街地コース フロリダ州セントピーターズバーグ ブラジルの旗 トニー・カナーン ブラジルの旗 トニー・カナーン アメリカ合衆国の旗 グラハム・レイホール アメリカ合衆国の旗 グラハム・レイホール
3 4月20日 日本の旗 インディジャパン300 ツインリンクもてぎ 栃木県茂木町 ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン アメリカ合衆国の旗 ダニカ・パトリック
4 4月20日 アメリカ合衆国の旗 Toyota Grand Prix of Long Beach ロングビーチ市街地コース カリフォルニア州ロングビーチ イギリスの旗 ジャスティン・ウィルソン ブラジルの旗 アントニオ・ピッツォニア オーストラリアの旗 ウィル・パワー オーストラリアの旗 ウィル・パワー
5 4月27日 アメリカ合衆国の旗 RoadRunner Turbo Indy 300 カンザス・スピードウェイ カンザス州カンザスシティ ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン イギリスの旗 ダン・ウェルドン
6 5月25日 アメリカ合衆国の旗 92nd Indianapolis 500 インディアナポリス・モーター・スピードウェイ インディアナ州スピードウェイ ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン アメリカ合衆国の旗 マルコ・アンドレッティ ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン
7 6月1日 アメリカ合衆国の旗 ABC Supply Company A.J. Foyt 225 ミルウォーキー・マイル ウィスコンシン州ウェスト・アリス アメリカ合衆国の旗 マルコ・アンドレッティ ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー
8 6月7日 アメリカ合衆国の旗 Bombardier Learjet 550 テキサス・モーター・スピードウェイ テキサス州フォートワース ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン イギリスの旗 ダン・ウェルドン ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン
9 6月22日 アメリカ合衆国の旗 Iowa Corn Indy 250 アイオワ・スピードウェイ アイオワ州ニュートン ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス イギリスの旗 ダン・ウェルドン
10 6月28日 アメリカ合衆国の旗 SunTrust Indy Challenge リッチモンド・インターナショナル・レースウェイ バージニア州リッチモンド ブラジルの旗 トニー・カナーン ブラジルの旗 トニー・カナーン ブラジルの旗 トニー・カナーン ブラジルの旗 トニー・カナーン
11 7月6日 アメリカ合衆国の旗 Camping World Watkins Glen Grand Prix ワトキンズ・グレン・インターナショナル ニューヨーク州ワトキンズ・グレン オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハンター=レーイ
12 7月12日 アメリカ合衆国の旗 Firestone Indy 200 ナッシュヴィル・スピードウェイ テネシー州レバノン ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス ブラジルの旗 トニー・カナーン ブラジルの旗 トニー・カナーン ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン
13 7月20日 アメリカ合衆国の旗 Honda 200 ミッドオハイオ・スポーツカーコース オハイオ州レキシントン ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー
14 7月26日 カナダの旗 Rexall Edmonton Indy ブラッチフォード・フィールド空港 アルバータ州エドモントン オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン
15 8月9日 アメリカ合衆国の旗 Meijer Indy 300 ケンタッキー・スピードウェイ ケンタッキー州スパータ ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン アメリカ合衆国の旗 エド・カーペンター ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン
16 8月24日 アメリカ合衆国の旗 Peak Antifreeze & Motor Oil Indy Grand Prix of Sonoma County インフィニオン・レースウェイ カリフォルニア州ソノマ ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス
17 8月31日 アメリカ合衆国の旗 Detroit Indy Grand Prix presented by Firestone ベル・アイル・パーク ミシガン州デトロイト ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン イギリスの旗 ジャスティン・ウィルソン[1] ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス イギリスの旗 ジャスティン・ウィルソン
18 9月7日 アメリカ合衆国の旗 Peak Antifreeze & Motor Oil Indy 300 シカゴランド・スピードウェイ イリノイ州ジョリエット オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー イギリスの旗 ジャスティン・ウィルソン ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス
19 10月26日 オーストラリアの旗 Nikon Indy 300 サーファーズ・パラダイス市街地コース オーストラリアサーファーズ・パラダイス オーストラリアの旗 ウィル・パワー イギリスの旗 ダリオ・フランキッティ オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー
  オーバル
  市街地/特設コース
  ロード
  ノンタイトル戦

参戦チーム・ドライバー[編集]

ドライバーの文字が太字の選手は、2008年インディカー・シリーズのルーキー。なお、ロングビーチのみ参戦したチーム・ドライバーはポイントが加算されていないため省略した。

※…前年までチャンプカーに参戦していたチーム(ロングビーチでは旧チャンプカー仕様のパノス/コスワース/B を使用)

◇…インディ500で予選落ちしたドライバー

チーム シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 備考
チーム・ペンスキー ダラーラ ホンダ F 3 ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス タバコ広告禁止のためロゴは出せないものの、
マールボロカラーにペイントされている
6 オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー
ターゲットチップ・ガナッシ・レーシング ダラーラ ホンダ F 9 ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン
10 イギリスの旗 ダン・ウェルドン
アンドレッティ・グリーン・レーシング ダラーラ ホンダ F 7 アメリカ合衆国の旗 ダニカ・パトリック
11 ブラジルの旗 トニー・カナーン
26 アメリカ合衆国の旗 マルコ・アンドレッティ
27 日本の旗 武藤英紀
レイホール・レターマン・レーシング ダラーラ ホンダ F 16 イギリスの旗 アレックス・ロイド ロイド(チップガナッシとジョイント)は
インディ500のみ参戦
17 アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハンター-レイ
パンサー・レーシング ダラーラ ホンダ F 4 ブラジルの旗 ヴィトール・メイラ
A.J.フォイト・エンタープライズ ダラーラ ホンダ F 14 イギリスの旗 ダレン・マニング シモンズはインディ500に、ペレラはシカゴランドに参戦
41 アメリカ合衆国の旗 ジェフ・シモンズ
フランスの旗 フランク・ペレラ
ヴィジョン・レーシング ダラーラ ホンダ F 2 アメリカ合衆国の旗 A.J.フォイト4世 ハミルトンはインディ500のみ参戦、トレーシー
(ウォーカー・レーシングとジョイント)はエドモン
トンに参戦
20 アメリカ合衆国の旗 エド・カーペンター
22 アメリカ合衆国の旗 デイヴィー・ハミルトン
カナダの旗 ポール・トレーシー
ドレイヤー&レインボールド・レーシング ダラーラ ホンダ F 15 アメリカ合衆国の旗 バディ・ライス デュノー、ベルはレースごとに
どちらか一方が参戦(インディ500のみ共に参戦、
その際のベルのカーナンバーは99)
23 ベネズエラの旗 ミルカ・デュノー
アメリカ合衆国の旗 タウンゼント・ベル
ロス・レーシング ダラーラ ホンダ F 24 イギリスの旗 ジェイ・ハワード
アメリカ合衆国の旗 ジョン・アンドレッティ
アンドレッティはインディ500~リッチモンドに参戦、
カンザス以前、ワトキンス・グレンはハワード
25 カナダの旗 マーティー・ロス
KVレーシング・テクノロジー ダラーラ ホンダ F 5 スペインの旗 オリオール・セルビア ※(旧PKVレーシング)チップ・ガナッシから
サポートを受ける
8 オーストラリアの旗 ウィル・パワー
コンクエスト・レーシング ダラーラ ホンダ F 34 フランスの旗 フランク・ペレラ
ブラジルの旗 ジェイミー・カマラ

※ヴィジョン・レーシングからサポートを受ける
ペレラはマイアミ~ロングビーチまで、
カンザスからはカマラが参戦
タグリアーニはデトロイト、シカゴランド、
サーファーズパラダイスでベルノルディの代役で参戦

36 ブラジルの旗 エンリケ・ベルノルディ
カナダの旗 アレックス・タグリアーニ
ニューマン・ハース・ラニガン・レーシング ダラーラ ホンダ F 02 イギリスの旗 ジャスティン・ウィルソン ※レイホール・レターマン・レーシングから
サポートを受ける
06 アメリカ合衆国の旗 グラハム・レイホール
デイル・コイン・レーシング ダラーラ ホンダ F 18 ブラジルの旗 ブルーノ・ジュンケイラ ※アンドレッティ・グリーン・レーシングから
サポートを受ける
19 ブラジルの旗 マリオ・モラエス
HVMレーシング ダラーラ ホンダ F 33 ベネズエラの旗 E.J.ビソ ※(旧ミナルディチームUSA)ロス・レーシングから
サポートを受ける
一部レースのみのエントリーチーム
パシフィックコースト・モータースポーツ ダラーラ ホンダ F 96 メキシコの旗 マリオ・ドミンゲス ※ロングビーチおよび5~7、10、12、13、15戦に参戦
ルビコン・レースチーム ダラーラ ホンダ F 44 イタリアの旗 マックス・パピス インディ500に参戦
ルクソー・ドラゴン・レーシング ダラーラ ホンダ F 12 南アフリカ共和国の旗 トーマス・シェクター カンザス、インディ500、インフィニオン、
デトロイト、シカゴランドに参戦
サラ・フィッシャー・レーシング ダラーラ ホンダ F 67 アメリカ合衆国の旗 サラ・フィッシャー インディ500、ケンタッキー、シカゴランドに参戦
ベック・モータースポーツ ダラーラ ホンダ F アメリカ合衆国の旗 ロジャー安川 もてぎ(カーナンバー77)、
インディ500(カーナンバー98)に参戦
ヘメルガーン・ジョンソン・レーシング ダラーラ ホンダ F 91 アメリカ合衆国の旗 バディ・ラジアー インディ500に参戦
アメリカンドリーム・モータースポーツ パノス ホンダ F 88 アメリカ合衆国の旗 フィル・ギブラー インディ500に参戦

ポイントランキング[編集]

順位 ドライバー HMS
アメリカ合衆国の旗
STP
アメリカ合衆国の旗
MOT1
日本の旗
LBH1
アメリカ合衆国の旗
KAN
アメリカ合衆国の旗
INDY
アメリカ合衆国の旗
MIL
アメリカ合衆国の旗
TXS
アメリカ合衆国の旗
IOW
アメリカ合衆国の旗
RIR
アメリカ合衆国の旗
WGL
アメリカ合衆国の旗
NSH
アメリカ合衆国の旗
MDO
アメリカ合衆国の旗
EDM
カナダの旗
KTY
アメリカ合衆国の旗
SNM
アメリカ合衆国の旗
DET
アメリカ合衆国の旗
CHI
アメリカ合衆国の旗
SRF2
オーストラリアの旗
ポイント
1 ニュージーランドの旗 スコット・ディクソン 1 22 3* 3* 1* 2* 1 4 3 11 1 3 1 1* 12 5 2 2 646
2 ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス 4 2 2 4 4 5 2* 14* 2 16 3 2 2* 2 1* 2* 1* 7 629
3 ブラジルの旗 トニー・カナーン 8 3 5 2 29 3 5 18 1* 3 4* 7 9 8 3 3 4 21 513
4 イギリスの旗 ダン・ウェルドン 3 12 4 1 12 4 4 1 4 24 2 17 7 5 4 20 6 11 492
5 オーストラリアの旗 ライアン・ブリスコー 19 23 9 7 23 1 3 7 15 12* 23 1* 6 7 2 9 3 1* 447
6 アメリカ合衆国の旗 ダニカ・パトリック 6 10 1 19 22 9 10 6 6 14 5 12 18 11 5 16 10 18 379
7 アメリカ合衆国の旗 マルコ・アンドレッティ 2* 25 18 5 3 21 19 3 9 5 24 25 17 3 14 18 8 13 363
8 アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハンター=レーイ 7 17 7 18 6 15 20 8 16 1 19 10 8 9 18 6 9 3 360
9 スペインの旗 オリオール・セルビア 12 7 5 11 11 6 26 16 5 23 16 5 5 12 15 4 17 5 358
10 日本の旗 武藤英紀 24 6 11 6 7 12 6 2 13 9 14 9 27 18 13 11 22 8 346
11 イギリスの旗 ジャスティン・ウィルソン 15 9 19 9 27 7 27 12 7 25 18 11 3 24 9 1 11 12 340
12 オーストラリアの旗 ウィル・パワー 25 8 1* 27 13 14 13 9 25 15 11 4 22 26 25 8 5 22 331
13 ブラジルの旗 ヴィトール・メイラ 10 19 16 22 2 22 7 15 20 22 6 6 19 4 7 17 27 14 324
14 イギリスの旗 ダレン・マニング 13 13 8 24 9 13 28 21 12 2 9 8 10 19 22 12 7 323
15 アメリカ合衆国の旗 エド・カーペンター 5 18 6 10 5 20 9 23 11 17 8 15 13 6 23 14 28 20 320
16 アメリカ合衆国の旗 バディ・ライス 11 15 12 20 8 10 8 22 22 4 7 20 11 10 11 19 25 10 306
17 アメリカ合衆国の旗 グラハム・レイホール Wth 1* 13 12 33 25 11 10 18 8 12 16 26 25 8 13 19 9 288
18 ベネズエラの旗 E.J.ヴィソ 17 4 9 14 26 8 14 13 10 10 22 15 13 6 24 23 6 286
19 アメリカ合衆国の旗 A.J.フォイト4世 9 11 15 8 21 17 12 5 24 19 22 18 12 20 20 10 13 17 280
20 ブラジルの旗 ブルーノ・ジュンケイラ 23 24 12 15 20 18 15 DNS 23 6 15 13 14 14 17 7 20 15 256
21 ブラジルの旗 マリオ・モラエス 16 16 20 17 18 23 18 19 17 7 10 24 20 17 10 15 21 24 244
22 ブラジルの旗 エンリケ・ベルノルディ 18 5 4 25 15 16 23 17 26 21 20 26 16 22 21 220
23 ブラジルの旗 ジェイミー・カマラ 21 31 24 24 20 14 18 21 14 23 16 24 25 18 19 174
24 カナダの旗 マーティ・ロス 21 17 26 32 DNS 22 DNS 19 13 21 21 23 26 DNS 16 166
25 ベネズエラの旗 ミルカ・デュノー 20 16 19 17 24 20 17 23 21 23 14 140
26 アメリカ合衆国の旗 タウンゼント・ベル 21 10 10 11 8 25 19 23 117
27 メキシコの旗 マリオ・ドミンゲス 3 DNQ 26 21 13 19 24 16 112
28 イギリスの旗 ジェイ・ハワード 22 14 13 13 26 72
29 フランスの旗 フランク・ペレラ 14 20 6 15 71
30 アメリカ合衆国の旗 ジョン・アンドレッティ 16 19 16 11 21 71
31 南アフリカ共和国の旗 トーマス・シェクター 23 24 25 27 21 26 66
32 カナダの旗 アレックス・タグリアーニ 7 22 12 4 56
33 カナダの旗 ポール・トレーシー 11 4 51
34 アメリカ合衆国の旗 サラ・フィッシャー 30 15 24 37
35 アメリカ合衆国の旗 ロジャー安川 14 DNQ 16
36 アメリカ合衆国の旗 デイヴィー・ハミルトン 14 16
37 アメリカ合衆国の旗 バディ・ラジアー 17 13
38 イギリスの旗 アレックス・ロイド 25 10
39 アメリカ合衆国の旗 ジェフ・サイモンズ 28 10
フランスの旗 フランク・モンタニー 2 0
メキシコの旗 デヴィッド・マルチネス 8 0
アメリカ合衆国の旗 ジミー・バッサー 10 0
アメリカ合衆国の旗 アレックス・フィッジ 14 0
フランスの旗 ネルソン・フィリップ 15 0
イギリスの旗 ダリオ・フランキッティ 16 0
ブラジルの旗 アントニオ・ピッツォニア 16 0
ブラジルの旗 ロベルト・モレノ 17 0
フィンランドの旗 ユホ・アナラ 18 0
アメリカ合衆国の旗 フィル・ジーブラー DNQ 0
イタリアの旗 マックス・パピス DNQ 0
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
4位・5位
水色 6位-10位
青灰色 完走
(11位以下)
リタイヤ
予選落ち
(DNQ)
茶色 撤退
(Wth)
失格
(DSQ)
スタートせず
(DNS)
空欄 欠場
(DNP)
エントリーせず
注釈など
太字 ポールポジション
(1 point)
斜字 ファステストラップ
* 最多リードラップ
(2ポイント)
Note 1 レースは同日に開催された
(もてぎ / インディカー)
(ロングビーチ / チャンプカー)
Note 2 ノンタイトル戦
ルーキーオブザイヤー
ルーキー
順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 Wth/DNS
ポイント 50 40 35 32 30 28 26 24 22 20 19 18 17 16 15 14 13 12 12 12 12 12 12 12 10 10 10 10 10 10 10 10 10 5
  • 同ポイントの場合は勝利数が多い方が上位となる。

開幕戦を制し、インディ500初勝利を含む6勝を挙げたディクソンがシーズン中盤に圧倒的なリードを築き混戦模様だったシーズンを終始リード、前年の雪辱を果たした。シーズンを通してディクソンとチャンピオンを争ったカストロネベスはこのシーズンなかなか勝てずシーズン初勝利は第15戦まで待つこととなった、カストロネベスのシーズン8回の2位はIRLのレコードとなった。

ルーキーオブザイヤーランキング(トップ5)[編集]

チャンプカーとの合併により、チャンプカーのドライバーについてはIRLの判断により、ルーキー扱いか、そうでないかが決められたが、この年フル参戦した元チャンプカードライバーでは、インディ500出走経験のあるジュンケイラを別にすると、セルビア以外はほぼルーキー扱いとなった。そのため、前年とは打って変わった争いとなったが、唯一IRLトップチームに所属していた武藤が、前半戦のポイントを生かして逃げ切り、ルーキーオブザイヤーを獲得した。

順位 名前(勝利数) 参戦 ポイント
1 武藤英紀 17 346 -
2 ジャスティン・ウィルソン(1) 17 340 6
3 ウィル・パワー(1) 17 331 15
4 グラハム・レイホール(1) 16 288 58
5 E.J.ヴィソ 16 286 60

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]