鮫島晃太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鮫島 晃太 Football pictogram.svg
名前
愛称 サメ、コータ
カタカナ サメシマ コウタ
ラテン文字 SAMESHIMA Kota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-06-24) 1992年6月24日(26歳)
出身地 日本の旗 鹿児島県枕崎市
身長 180cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 藤枝MYFC
ポジション MF
背番号 16
利き足 右足
ユース
枕崎市立桜山小学校
鹿児島育英館中学校
鹿児島城西高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2015 サンフレッチェ広島 0 (0)
2013 ガイナーレ鳥取 (loan) 17 (0)
2014-2015 AC長野パルセイロ (loan) 4 (0)
2016- 藤枝MYFC 30 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

鮫島 晃太(さめしま こうた、1992年6月24日 - )は、日本プロサッカー選手鹿児島県枕崎市出身[1]Jリーグ藤枝MYFC所属。

来歴[編集]

鹿児島生まれの鹿児島育ちであり、鹿児島城西高等学校1年次の2008年度には、全国高校サッカー選手権大会で準優勝を経験。同年代の柴崎岳小島秀仁らとともに、いわゆる「プラチナ世代」屈指の選手として注目され、U-17日本代表候補、U-19日本代表候補にも選出された[2]。しかし、主力の一人だった2009年のFIFA U-17ワールドカップ日本代表メンバーからは、スペイン遠征後に参加した三重フェスティバル中に負った半月板損傷の大怪我によって落選[3]

怪我をした練習試合の相手がサンフレッチェ広島ユースだったことから、リハビリに際して広島が練習施設を全面提供し、怪我が治った後も広島の練習にしばしば参加することになる。横浜F・マリノスなど複数のJクラブによる争奪戦が展開されたが、結局これが縁となり、2011年よりサンフレッチェ広島とプロ契約を結んだ。

2012年6月6日に行われた、ナビスコ杯第5節ベガルタ仙台戦にて、プロ初スタメン初出場を果たした。

2013年5月11日ガイナーレ鳥取期限付き移籍[4]

2014年、AC長野パルセイロへ期限付き移籍[5]

2015年を以て広島、長野ともに契約満了となり、2016年に藤枝MYFCに完全移籍[6]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2011 広島 23 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2012 0 0 2 0 1 0 3 0
2013 0 0 0 0 - 0 0
鳥取 31 J2 19 0 - 0 0 19 0
2014 長野 16 J3 2 0 - 1 0 3 0
2015 2 0 - 0 0 2 0
2016 藤枝 30 6 - - 30 6
2017 - -
通算 日本 J1 0 0 2 0 1 0 3 0
日本 J2 19 0 - 0 0 19 0
日本 J3 2 0 - 1 0 3 0
総通算 53 6 2 0 2 0 57 6
  • 公式戦初出場:2012年6月6日ヤマザキナビスコカップ第5節対ベガルタ仙台戦(広島ビッグアーチ)
  • リーグ戦初出場:2013年5月19日J2第14節対モンテディオ山形戦(とりぎんバードスタジアム)
  • 公式戦初得点:
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2012 広島 23 - 0 0
2013 0 0 -
通算 AFC 0 0 0 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

サンフレッチェ広島

脚注[編集]

  1. ^ 安藤,93頁
  2. ^ 安藤,96頁
  3. ^ 安藤,97頁
  4. ^ 鮫島 晃太選手(サンフレッチェ広島)期限付き移籍加入!”. ガイナーレ鳥取 (2013年5月11日). 2013年5月11日閲覧。
  5. ^ 新加入選手(期限付き移籍)のお知らせ”. AC長野パルセイロ (2014年1月7日). 2014年1月7日閲覧。
  6. ^ 鮫島晃太選手(AC長野パルセイロ)加入のお知らせ - 2016年1月27日 藤枝MYFC公式サイト
  • 安藤隆人 『プラチナ世代のW杯』。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]