鹿児島育英館中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鹿児島育英館中学・高等学校
Kagoshima Ikueikan Junior and High School.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人日章学園
理念 道義に徹し
実利を図り
勤労を愛す
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
高校コード 46523C
所在地 899-2505
鹿児島県日置市伊集院町猪鹿倉550

北緯31度37分41.3秒 東経130度24分29.45秒 / 北緯31.628139度 東経130.4081806度 / 31.628139; 130.4081806座標: 北緯31度37分41.3秒 東経130度24分29.45秒 / 北緯31.628139度 東経130.4081806度 / 31.628139; 130.4081806
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

鹿児島育英館中学・高等学校鹿児島県日置市伊集院町猪鹿倉にある私立中学校高等学校である。

鹿児島育英館中学校は「特進コース」と「体育コース」に分かれている。 中高一貫教育で、国語・数学・英語の3教科で習熟度別クラス指導を行っている。

高校サッカー選手権大会で大会最多得点記録を樹立し、サッカー日本代表・海外でも活躍している大迫勇也ヴェルダー・ブレーメン)の出身校である。

学科[編集]

  • 中学校(定員40名)
    • 特進コース…将来の大学進学を視野に入れた指導を行っており、併設の鹿児島育英館高等学校との中高一貫教育で難関大学進学を目指している。また、英語教育に重点を置き、英語の時間数は公立中学校の約2倍ある。
    • 体育コース(男子のみ)…将来、国内外で活躍するサッカー選手や野球選手の育成を目標としており、姉妹校である鹿児島城西高等学校へ進学している。
  • 高等学校(定員40名)
    • 少人数制教育を導入しており、大学進学を目標としている。新入生(高校生に限る)には全員iPadの貸し出しをしている。

沿革[編集]

  • 1982年 - 学校法人城西学園鹿児島城西高等学校全寮制普通科として設置認可
  • 1983年 - 鹿児島育英館高等学校(全寮制普通科)第1期生入学
  • 1989年4月1日 - 鹿児島育英館中学校が設置される[1][2]。鹿児島育英館中学校1期生入学(全寮制)
  • 1990年 - 新校舎・中学校寮落成
  • 1991年 - 新体育館落成
  • 1992年4月1日 - 中高一貫教育校として鹿児島育英館中学・高等学校が設置される[3]
  • 1997年 - 学校法人日章学園と法人合併。日章学園鹿児島育英館中等部・高等部となる。
  • 1999年 - 鹿児島育英館中学校・高等学校に校名変更。全寮制を廃止、男女共学となる。
  • 2003年4月 - 鹿児島育英館中学校に体育コースを設置。体育コース第1期生入学。
  • 2008年4月 - 鹿児島育英館中学校体育コースに野球部を創設。

施設[編集]

  • 学生寮 - 男子寮は完全個室。女子寮は2人1部屋(高校3年生のみ個室)。毎晩担当職員が授業(夜間講座)を行う[4]
    • 寮費 - 月額52,650円(朝・昼・夕3食、光熱費、維持費、夜間講座費等すべて込み)

部活動[編集]

高校・中学特進コース[編集]

  • 高校野球部
  • 高校サッカー部
  • 剣道部
  • バスケットボール部
  • テニス部
  • バレーボール部
  • バドミントン部
  • 文化部

中学体育コース[編集]

サッカー部[編集]

著名な出身者[編集]

サッカー選手[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 昭和63年鹿児島県告示第1681号(私立学校の設置の認可、昭和63年10月12日付鹿児島県公報第8746号所収)
  2. ^ 注:告示では昭和64年4月1日開校となっているが改元の為平成元年となっている
  3. ^ 平成4年鹿児島県告示第394号(私立学校の設置の認可、平成4年2月21日付鹿児島県公報第455号の2所収)
  4. ^ 学生寮 鹿児島育英館中学校・高等学校”. 鹿児島育英館中学校・高等学校. 2021年6月24日閲覧。
  5. ^ 第16回 鹿児島城西高校 小久保悟総監督「日本代表の大迫選手は中2くらいから一気に成長」”. 高校サッカードットコム (2019年5月11日). 2021年6月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]