魚市場通停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
魚市場通停留場
Uo-Ichiba Dori Station.jpg
うおいちばどおり
UOICHIBA-DORI
DY18 市役所前 (0.5km)
(0.5km) 十字街 DY20
所在地 北海道函館市大手町3-1先、豊川町21-9先
駅番号 DY19
所属事業者 函館市企業局交通部
所属路線 本線
キロ程 0.8km(函館駅前起点)
駅構造 地上駅(停留場)
ホーム 2面2線
開業年月日 1913年10月30日
備考 運行系統上の起点となる湯の川より7.3 km
テンプレートを表示

魚市場通停留場(うおいちばどおりていりゅうじょう)は、北海道函館市豊川町(往線)・大手町(復線)にある函館市企業局交通部(函館市電)本線[1]停留場である。

2007年1月24日からはネーミングライツ制度により魚市場通(函館信金本店前)として供用されていたが、2017年に元の名称に戻された。

構造[編集]

  • 2面2線の相対式ホーム。
  • 電停が接する交差点は事故が多く、「電停の位置が事故を誘発している」との結果から2006年12月に電停の位置をそれぞれ反対の位置に移し、その際に函館駅前電停と同じ様式(2014年改築以前)の上屋付き・バリアフリー対応のホームに改修された[2]
  • 往線・復線ホームにそれぞれ設置された水銀灯は「命名権」を購入した函館信用金庫(当時)が寄贈したものである。

周辺[編集]

歴史[編集]

隣の停留場[編集]

函館市企業局交通部
本線
市役所前停留場 (DY18) - 魚市場通停留場 (DY19) - 十字街停留場 (DY20)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 日本鉄道旅行地図帳 1号 北海道』 今尾恵介新潮社2008年、24頁。ISBN 978-4-10-790019-7
  2. ^ a b 事業の沿革(自動車運送事業を含む) (PDF) 函館市企業局交通部、2018年5月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]