高橋重信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 重信(たかはし しげのぶ[1][2] / じゅうしん[3]1918年大正7年)4月9日[1] - 1980年昭和55年)7月30日[1][2][3])は、日本の教育者、政治家衆議院議員

経歴[編集]

岐阜県出身[1][3]。1938年(昭和13年)岐阜県師範学校を卒業し[1]、1944年(昭和19年)同研究科を卒業した[3]

小学校訓導、陸軍伍長、岐阜県下国民学校訓導、中学校教諭、岐阜市教育委員会副委員長、日本社会党岐阜県本部書記長、岐阜県議会議員(3期)などを務めた[1][2][3]

1963年(昭和38年)11月の第30回衆議院議員総選挙岐阜県第1区から選出された、大野伴睦三田村武夫の死去に伴い、 1964年(昭和39年)12月に実施の補欠選挙で当選し[4]、衆議院議員を1期務めた[1][2][3]

その他、日中友好協会岐阜県支部理事長、全国学校生活協同組合常務理事、岐阜県流通センター協同組合連合会会長、中京タクシー社長などを務めた[3]

1980年7月、心不全により岐阜市の岐阜県立岐阜病院(現岐阜県総合医療センター)で死去した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新訂 政治家人名事典』351頁。
  2. ^ a b c d e 『現代物故者事典 1980〜1982』189頁。
  3. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』379頁。
  4. ^ 佐藤令 (2005年12月). “戦後の補欠選挙 (PDF)”. 国立国会図書館. 2019年9月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 1980〜1982』日外アソシエーツ、1983年。