陽新県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 湖北省 陽新県
竜港鎮付近を流れる富水
竜港鎮付近を流れる富水
黄石市中の陽新県の位置
黄石市中の陽新県の位置
簡体字 阳新
繁体字 陽新
拼音 Yángxīn
カタカナ転写 ヤンシン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
湖北
地級市 黄石市
行政級別
面積
総面積 2,783 km²
人口
総人口(2014) 105.94 万人
経済
電話番号 0714
郵便番号 435200
ナンバープレート 鄂B
行政区画代碼 420282
公式ウェブサイト http://www.hbyxx.gov.cn/

陽新県(ようしん-けん)は中華人民共和国湖北省黄石市に位置する

地理[編集]

陽新県は湖北省南東部、長江南岸に位置する。地勢は西高東低いであり丘陵地帯と平原により構成されている。

歴史[編集]

前201年前漢により下雉県が設置される。その後三国時代に陽新県・奉新県、西晋に高陵県、南朝梁に安昌県、に永興県が設置される。隋代に陽新県・奉新県・安昌県が永興県に編入、北宋に興国軍と設置され、元代に興国路と設置され、清代までは興国州が設置された。

中華民国が成立すると1912年民国元年)に興国県と設置されたが、1914年(民国3年)に陽新県と改称され現在に至る。上位行政区画については、1949年から1952年までは大冶専区に、1952年6月からは黄岡専区に、1965年7月からは咸寧専区咸寧地区に、1997年1月1日から黄石市にそれぞれ属した。

行政区画[編集]

  • 鎮:興国鎮、富池鎮、黄顙口鎮、韋源口鎮、太子鎮、大王鎮、陶港鎮、白沙鎮、浮屠鎮、三渓鎮、竜港鎮、洋港鎮、排市鎮、木港鎮、楓林鎮、王英鎮
竜港鎮新屋鋪村・端公祠
中国地名の変遷
建置 紀元前201年
使用状況 陽新県
前漢下雉県
後漢下雉県
三国下雉県・陽新県・奉新県(呉)
西晋下雉県・陽新県・奉新県・高陵県
東晋十六国下雉県・陽新県・奉新県・高陵県
陽新県・奉新県・高陵県
南北朝陽新県・奉新県
陽新県・奉新県・安昌県(南朝梁)
陽新県・奉新県・安昌県・永興県(陳)
陽新県・奉新県・安昌県・永興県
永興県
永興県
五代永興県
北宋/永興県
興国軍
南宋/興国軍
興国軍
興国路
興国州
興国州
中華民国興国県
陽新県
現代陽新県

交通[編集]

健康・医療・衛生[編集]

  • 陽新県人民医院

外部リンク[編集]