黄石市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 湖北省 黄石市
別称:大冶県


湖北省中の黄石市の位置
湖北省中の黄石市の位置
中心座標 北緯30度13分 東経115度05分 / 北緯30.217度 東経115.083度 / 30.217; 115.083
簡体字 黄石
繁体字 黃石
Huángshí
カタカナ転記 ファンシー
国家 中華人民共和国
湖北
行政級別 地級市
市委書記 暫缺
市委副書記、市長 王建鳴
面積
- 総面積 4,583 km²
- 市区 233 km²
海抜 860 m
人口
- 総人口() 255 万人
- 人口密度 546 人/km²
- 市区人口() 67 万人
経済
- GDP(2003) 275 億元
電話番号 714
郵便番号 431000
ナンバープレート 鄂B
行政区画代碼 420200
市樹
市花 石榴
公式ウェブサイト http://www.huangshi.gov.cn/

黄石市(こうせき-し)は中華人民共和国湖北省に位置する地級市。

地理[編集]

湖北省の南東部に位置し、黄岡市鄂州市武漢市咸寧市江西省に接する。長江の南岸に位置する。

歴史[編集]

黄石の前身は967年乾徳5年)、南唐により大冶県が設置したことに始まり、その後中華民国時代まで踏襲された。

1950年8月21日に黄石市と改称・改編され現在に至る。

行政[編集]

4市轄区・1県級市・1県を管轄下に置く。

年表[編集]

大冶専区[編集]

黄石市[編集]

  • 1950年8月30日 - 大冶専区黄石特区が地級市の黄石市に昇格。(1市)
  • 1959年2月24日 - 黄岡専区大冶県を編入。(1市1県)
  • 1960年4月29日 - 大冶県が黄石市に編入。(1市)
  • 1962年6月1日 - 黄石市の一部が分立し、大冶県が発足。(1市1県)
  • 1972年1月10日 - 黄石港区勝陽港区石灰窯区黄思湾区陳家湾区鉄山区を設置。(6区1県)
  • 1979年4月7日 (4区1県)
    • 勝陽港区が黄石港区に編入。
    • 黄思湾区・陳家湾区が石灰窯区に編入。
    • 大冶県の一部が分立し、下陸区が発足。
  • 1983年8月19日 - 黄岡地区鄂城県の一部が黄石港区に編入。(4区1県)
  • 1987年8月10日 - 黄石港区の一部が鄂州市鄂城区に編入。(4区1県)
  • 1994年2月18日 - 大冶県が市制施行し、大冶市となる。(4区1市)
  • 1996年12月2日 - 咸寧地区陽新県を編入。(4区1市1県)
  • 2001年10月12日 - 石灰窯区が西塞山区に改称。(4区1市1県)

交通[編集]

鉄道

道路

  • 武黄高速道路

外部リンク[編集]