羅田県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 湖北省 羅田県
天堂寨風景区
天堂寨風景区
簡体字 罗田
繁体字 羅田
拼音 Luótián
カタカナ転写 ルオティエン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
湖北
地級市 黄岡市
行政級別
面積
総面積 2,129 km²
人口
総人口(2004) 59 万人
経済
電話番号
郵便番号 438600
公式ウェブサイト http://www.luotian.gov.cn/

羅田県(らでん-けん)は中華人民共和国湖北省黄岡市に位置する。大別山脈の主峰「天堂寨」(海抜1729.13m)があり、長江淮河の分水嶺となっていることから、古くから戦略上の要地とされた。栗が名産。

地理[編集]

羅田県は湖北省東部、大別山山脈南麓に位置し、東は英山県、南は浠水県、西は団風県及び麻城市、北は安徽省金寨県と接している。

歴史[編集]

523年普通4年)、南朝により設置され、県治は現在の石橋鋪付近の魁山とされた。621年武徳4年)、唐朝は羅田県を廃止し蘭渓県に編入したが、1093年元祐8年)、宋朝により再設置された。

1234年端平元年)、モンゴルが羅田県を占拠、県治は鷹山寨(現在の英山)に遷されている。その後は戦乱により県域は荒廃、1237年嘉熙元年)には廃止されたが、1275年徳佑元年)に石橋鋪に再度羅田県が設置された。

行政区画[編集]

  • :鳳山鎮、駱駝拗鎮、大河岸鎮、九資河鎮、勝利鎮、河鋪鎮、三里畈鎮、匡河鎮
  • :白蓮河郷、白廟河郷、平湖郷、大崎郷