鈴村和成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴村 和成(すずむら かずなり、1944年3月22日 - )は、日本の文学研究者、フランス文学者、文芸評論家、横浜市立大学名誉教授。紀行作家、写真家、詩人としても活躍。

来歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。東京大学仏文科卒。1972年、倉橋健一清水昶藤井貞和佐々木幹郎米村敏人とともに、詩誌「白鯨」を創刊。1991年、アルチュール・ランボー没後100年に、写真家の大島洋とともにランボー紀行を行ない、イエメンアデンエジプトカイロキプロスラルナカ等を歴訪。翌年、四谷三丁目のギャラリー「モール」で写真展「ランボーのスティーマー・ポイント」を開催。同年、同題の本を集英社から刊行。同年、渋谷パルコで、粟津則雄渋沢孝輔島田雅彦瀬尾育生とともに、シンポジウム「ランボー101年」を開催。連携して吉祥寺パルコで鈴村個人の写真展「ランボー101年」を開く。同年、同題の特集を「現代詩手帖」で編著。その後、数次のランボー紀行でアデンとエチオピアハラールを訪れ、「文學界」1994年10月号に紀行小説「ランボー・バザール」を発表。これを元に『ランボーとアフリカの8枚の写真』を著わす。アルチュール・ランボーを専門とするが村上春樹論も多数ある。村上論としては、2010年~2014年「文學界」に不定期連載した「村上春樹『1Q84』の東京サーガを行く」「東奔西走――谷崎潤一郎と村上春樹」など。2007年~2010年には野村喜和夫とともに、文芸誌「すばる」に「金子光晴デュオの旅」を不定期連載した。1993年より3年間、読売新聞の読書委員として書評を担当。詩人として『歴程』同人。2011年より「藤村記念歴程賞」選考委員。2009年横浜市立大学を定年退職、執筆に専念。

2009年、「ランボーとアフリカの8枚の写真」など一連の紀行により第47回藤村記念歴程賞受賞。

著書[編集]

  • 『ランボー叙説「イリュミナシオン」考』永井出版企画 1970
  • 『異文 評論集』思潮社 1973
  • 『青い睡り』永井出版企画 1974
  • 『未だ/既に 村上春樹と「ハードボイルド・ワンダーランド」』洋泉社 1985
  • 『テレフォン 村上春樹、デリダ康成プルースト』洋泉社 1987
  • 『微分せよ、秒速で』書肆山田 1988
  • 『パリ、砂漠のアレゴリー ジャベスとともに』洋泉社 1989
  • 『境界の思考 ジャベス・デリダ・ランボー』未來社 1992
  • 『ランボーのスティーマー・ポイント』集英社 1992
  • 『ケルビンの誘惑者』思潮社 1993
  • 『幻の映像 写真とテクスト』青土社 1993
  • 『村上春樹クロニクル 1983-1995』洋泉社 1994
  • バルト テクストの快楽』(現代思想の冒険者たち)講談社 1996
  • 『小説の「私」を探して』未來社 1999
  • 『ランボー、砂漠を行く アフリカ書簡の謎』岩波書店 2000(後「岩波人文書セレクション」)
  • 『愛について プルースト、デュラスと』紀伊國屋書店 2001
  • 金子光晴、ランボーと会う マレー・ジャワ紀行』弘文堂 2003
  • 『村上春樹とネコの話』彩流社 2004
  • 『ヴェネツィアでプルーストを読む』集英社 2004
  • 『アジア、幻境の旅 日野啓三と楼蘭美女』集英社 2006
  • 『黒い破線、廃市の愛』書肆山田 2006
  • 『ランボーとアフリカの8枚の写真』河出書房新社、2008
  • 『書簡で読むアフリカのランボー』未來社、2013
  • 『紀行せよ、と村上春樹は言う』未來社 2014
  • 『村上春樹は電気猫の夢を見るか?』彩流社 2015
  • 『テロの文学史 三島由紀夫にはじまる』太田出版 2016
  • 『三島SM谷崎』彩流社 2016
  • ボブ・ディランに吹かれて 春樹ランボーと聴く詩(うた)』彩流社 2017


共著[編集]

  • 『金子光晴デュオの旅』(野村喜和夫との共著)未來社 2013
  • 『ゆるゆる人生のみつけかた 金子光晴の名言から』(野村喜和夫との共著) 言視舎 2014

共編著[編集]

  • 昭和文学60場面集 小説空間を読む 6 居住篇 山形和美共編著 中教出版 1990
  • 写真とフィクション 写真を読む「快楽」のために(編著)洋泉社 1991

翻訳[編集]

  • ダダ宣言 トリスタン・ツァラ 小海永二共訳 竹内書店 1970
  • 視線の権利 ジャック・デリダ 哲学書房 1988
  • レーニン・ダダ ドミニク・ノゲーズ ダゲレオ出版 1990
  • 三人のランボー ドミニク・ノゲーズ ダゲレオ出版 1992
  • 新訳イリュミナシオン アルチュール・ランボー 思潮社 1992
  • アリスの不思議なお店 フレデリック・クレマン 紀伊國屋書店 1997
  • 小冊子を腕に抱く異邦人 エドモン・ジャベス 書肆山田 1997
  • ランボー詩集 思潮社 1998
  • ランボー全集 個人新訳 みすず書房 2011.7
  • テクストの楽しみ ロラン・バルト みすず書房 2017.1