道命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

道命(どうみょう、天延2年(974年) - 寛仁4年7月4日1020年7月26日))は、平安時代中期の歌人。父は藤原道綱。母は源近広の娘。阿闍梨天王寺別当。中古三十六歌仙の一人。

若くして出家し、天台座主良源の弟子となった。長和5年(1016年)天王寺別当。

花山上皇と親しく、上皇の死を悼む歌が残されている。『宇治拾遺物語』などには、和泉式部と親しかったという説話がある。『後拾遺和歌集』(16首)以下の勅撰和歌集に57首が入集[1]。家集に『道命阿闍梨集』がある。読経の声に優れていたという。

脚注[編集]

  1. ^ 『勅撰作者部類』