徳島南バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤石トンネルから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道55号標識国道195号標識
徳島南バイパス
一般国道55号(一般国道195号重複)バイパス
路線延長 12.9 km
陸上区間 12.9 km
制定年 1979年
開通年 1993年
起点 徳島県徳島市かちどき橋一丁目
かちどき橋南詰交差点
終点 徳島県小松島市大林町
大林交差点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0011.svg国道11号吉野川バイパス
Japanese National Route Sign 0055.svg国道55号阿南道路
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
起点付近
徳島市かちどき橋1丁目で撮影
国道192号との交差点
徳島市八万町字大野で撮影
徳島県道16号徳島上那賀線との交差点
小松島市江田町で撮影
終点付近
小松島市大林町字赤石で撮影

徳島南バイパス(とくしまみなみバイパス)は徳島県徳島市かちどき橋一丁目のかちどき橋南詰交差点(国道55号起点)から徳島県小松島市大林町の大林交差点に至る、国道55号バイパス道路である。

概要[編集]

全線開通後、旧道は徳島県道120号徳島小松島線として徳島県に移管され、本路線が現道となった。

バイパス道路として建設されたため、ほとんどの部分で市街を避けるように通っている(沖浜町は、道路が開通した後に沿線のが作られた)。

徳島県は、渋滞緩和のために徳島東環状道路を建設中だが、接続点は徳島市内の大野交差点であり、そこから南は主要道路では現状の道路のみとなる。

路線データ[編集]

  • 起点 : 徳島市かちどき橋一丁目[1]
  • 終点 : 小松島市大林町[1]
  • 延長 : 12.9 km[1]
  • 規格 : 第4種第1級、第3種第1級[1]
  • 車線数 : 完成6車線、4車線[1]
  • 道路幅員 : 30 m、24 m[1]
  • 車線幅員 : 3.25 m、3.5 m[1]
  • 設計速度 : 60 km/h、80 km/h[1]

歴史[編集]

路線状況[編集]

1986年12月、徳島市八万町字大野から小松島市江田町までが両側4車線化された[2]

道路施設[編集]

赤石トンネル

橋梁[編集]

トンネル[編集]

  • 赤石トンネル(小松島市) - 1991年に北側(現在の下り線高知向き、全長346m)が開通し、1995年に南側(現在の上り線徳島市向き、全長355m)が開通した。当道路唯一のトンネルである[4]

交通量[編集]

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)の平日24時間交通量

  • 小松島市小松島町領田:49,634台

地理[編集]

位置関係

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

  • 上側が起点側、下側が終点側。左側が上り側、右側が下り側。
交差する道路 交差する場所 徳島から
(km)
国道11号吉野川バイパス
徳島県道136号宮倉徳島線 徳島県道120号徳島小松島線 徳島市 かちどき橋南詰交差点 0.0
国道192号徳島南環状線
徳島県道29号徳島環状線 大野
徳島県道136号宮倉徳島線 小松島市 敷地前
徳島県道212号新浜勝浦線 勝浦川橋北詰
徳島県道16号徳島上那賀線 勝浦川橋南詰
四国横断自動車道 小松島IC(事業中) 徳島県道17号小松島港線 前原町
徳島県道33号小松島佐那河内線 日開野
徳島県道136号宮倉徳島線
- 徳島県道136号宮倉徳島線 -
徳島県道136号宮倉徳島線 -
徳島県道217号田野勢合線 -
徳島県道28号阿南小松島線
徳島県道28号阿南小松島線
徳島県道130号大林津乃峰線 徳島県道120号徳島小松島線 大林北
国道55号阿南道路

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 徳島工事五十年史、建設省四国地方建設局徳島工事事務所平成9年10月発刊、290頁
  2. ^ 年表”. 徳島経済研究所. 2013年3月3日閲覧。
  3. ^ a b 徳島工事五十年史、建設省四国地方建設局徳島工事事務所平成9年10月発刊、291頁
  4. ^ 徳島工事五十年史、建設省四国地方建設局徳島工事事務所平成9年10月発刊、317頁

参考文献[編集]

  • 徳島工事五十年史

関連項目[編集]

外部リンク[編集]