貴方だけを愛して

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
貴方だけを愛して
アレサ・フランクリンシングル
初出アルバム『貴方だけを愛して
B面 恋のおしえ
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1967年1月24日 アラバマ州マッスル・ショールズ フェイム・スタジオ
ジャンル R&Bソウル
時間
レーベル アトランティック・レコード
作詞・作曲 ロニー・シャノン
プロデュース ジェリー・ウェクスラー
チャート最高順位
アレサ・フランクリン シングル 年表
Mockingbird
(1966年)
貴方だけを愛して
(1967年)
リスペクト
(1967年)
テンプレートを表示

貴方だけを愛して」(原題: I Never Loved a Man (The Way I Love You))は、アメリカ合衆国歌手アレサ・フランクリン1967年に発表した楽曲。ソングライターのロニー・シャノンが、当時フランクリンの夫だったテッド・ホワイトに依頼されて書き下ろした曲である[2]。2月にアトランティック・レコード移籍第1弾シングルとしてリリースされ、同年3月に発表されたアルバム『貴方だけを愛して』に収録された。

背景[編集]

1966年にボーカルピアノベースドラムスだけのデモ・ヴァージョンが録音されており、この音源はコンピレーション・アルバム『レア&アンリリースド・レコーディングス』(2007年)に収録されている[3]。そして1967年1月24日、フランクリンはアトランティック移籍後初のレコーディングを行い、最初にこの曲を録音した[4]

プロデューサーのジェリー・ウェクスラーは、アメリカ南部でレコーディングを行うことを提案して、メンフィスにあるスタックス・レコードのスタジオを使おうとしたが、スタックスの社長ジム・スチュワートに断られた[4]。そして、ウェクスラーが1966年にウィルソン・ピケットのレコーディングで使用したアラバマ州マッスル・ショールズのフェイム・スタジオを使うことにした[4]。ただし、この日のレコーディング・セッションで、スタジオのオーナーであるリック・ホールがテッド・ホワイトと対立したため、ウェクスラーとフランクリンはフェイムでの録音を打ち切った[5]

レコーディングでドラムスを担当したロジャー・ホーキンスは、この曲を録音した時のことを「人類からこれほどのフィーリングが生まれるのを体験したことはなかった」と振り返っている[4]

反響・評価[編集]

本作はセールス的に成功を収め、Billboard Hot 100で9位、ビルボードのR&Bシングル・チャートでは1位を獲得した[1]

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では189位にランク・イン[6]。2011年には『タイム』誌によって「オールタイム100ソング」の1つに選ばれた[7]

他メディアでの使用例[編集]

この曲は、アメリカ映画『ラブ・ポーションNo.9』(1992年公開)[8]、アメリカ映画『バウンド』(1996年公開)[9]、アメリカ映画『This Christmas』(2007年公開)[10]サウンドトラックで使用された。

カヴァー[編集]

脚注[編集]


先代:
スプリームス
恋ははかなく
Hot Rhythm & Blues Singles ナンバーワンシングル
1967年3月25日 - 5月6日(7週)
次代:
マーサ&ザ・ヴァンデラス
ジミー・マック