貞熹王后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

貞熹王后尹氏(ていきおうこう・いんし/チョンヒワンフ・ユンシ、永楽16年11月11日1418年12月8日) - 成化19年3月30日1483年5月6日))は李氏朝鮮第7代・世祖の正室。本貫は坡平。諡号は慈聖欽仁景徳宣烈明順元淑徽慎恵懿神憲貞熹王后。朝鮮最初の「垂簾聴政」を行った。

生涯[編集]

尹氏は江原道で生まれた。11歳のころ、世宗の次男・首陽大君(後の世祖)の正室選びに宮廷の使者が訪れ、それを見に母の後ろに隠れていた彼女は使者の目に留まり、決定された。当初、尹氏の姉が正室候補であった。尹氏は1歳年上の首陽大君と結婚、2男1女を儲けた。

1452年、首陽大君が韓明澮らと手を組み「癸酉靖難」を起こし朝廷を掌握。決行前、ためらう夫に尹氏は鎧を着せ決心を促し成功に導いた。それが彼女を国政に動かす契機となった。
1455年、首陽大君は甥の端宗から王位を奪って即位、尹氏は王妃となった。しかし、1457年に長男の桃源君(懿敬世子)が病没。1468年、世祖が皮膚病を患い薨去し、同年、次男の睿宗が即位したが翌年に薨去した。

1469年、慈聖大妃は睿宗の息子が幼いため、韓明澮と協力し、桃源君の次男で13歳の乽山君を国王に即位(成宗)させ、摂政として桃源君の妃で新国王・成宗の生母である仁粋大妃とともに国政を取り仕切った。 儒教中心の朝廷で女が直接表立つことが好まれなかったため、玉座の後ろに簾を掛け、朝鮮で初めて「垂簾聴政」を行った。一方、仁粋大妃は桃源君の長男、月山大君や睿宗の息子に要職を与え彼らを宥めた。

夫の意思を継いで朝鮮の国力を強化した慈聖大王大妃は、1476年、成宗の親政開始に伴い摂政を退き、1483年、薨去。

家族[編集]

  • 父:判中樞 贈 領議政 坡平府院君 貞靖公 尹璠(1384-1448)
  • 母:興寧府大夫人 仁川 李氏(1383-1456)
  • 兄:工曹判書 鈴平君 成公安 尹士昀(1409-1461) 曾孫の第11代国王中宗の2番目の王妃章敬王后の曾祖父。
  • 弟:領敦寧 坡川府院君 襄平公 尹士昕(1422-1485) 中宗の3番目の王妃文定王后の高祖父。
  • 夫:世祖
  • 長男: 桃源君 李暲(1438-1457)- 王世子。死後懿敬世子の呼称で呼ばれる。第9代国王成宗の父。追尊王(廟号: 徳宗)。
  • 長女:懿淑公主韓国語版(1442-1477)- 鄭顕祖韓国語版正室。
  • 次男: 睿宗(1450-1469)- 第8代国王。王子としての称号は海陽大君

1873年に徐有英が執筆した説話集『金鶏筆談』に収録された説話中では、娘は二人おり、姉が懿寧公主 李世熺、妹が懿淑公主であるとされている。しかしこの説話以外に李世熺の存在を裏付ける文献はない。

貞熹王后が登場する作品[編集]

出典[編集]

  • 『王妃たちの朝鮮王朝』 尹貞蘭 著、金容権 訳 日本評論社 2010年