定安王后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

定安王后金氏(ていあんおうこう・きんし/チョンアンワンフ・キムシ、至正15年1月9日1355年1月22日) - 永楽10年6月25日1412年8月2日))は李氏朝鮮第2代王・定宗王妃。 本貫は慶州金氏。諡号は温明荘懿定安王后

生涯[編集]

定安王后は高麗後期、金天瑞(きん・ていずい/キム・チョンソ)の娘として生まれ、のちに朝鮮初代王太祖となる李成桂の次男・李芳果と結婚した。しかし、夫との間に子を成さなかった。1398年、第一次王子の乱王世子である李芳碩が、李芳遠によって殺害された後、夫の芳果が王世子となり彼女は世子嬪(世子の正妻)となって徳嬪と号した。1か月後の太祖の譲位で夫・定宗が即位し、金氏は王妃となり、徳妃と号した。だが中継ぎの王である定宗は将来の不安を抱き、王妃は王に芳遠への譲位を薦め実行させた。1400年、芳遠が王位に就いた。金氏は王大妃となり順徳王大妃と尊号を贈られて余生を過ごし、1412年に薨去した。享年57歳。陵墓は黄海北道 開豊郡にある厚陵であり、後に夫である定宗とともに葬られた。

家族[編集]

  • 父:判礼賓寺事 贈 門下左侍中 月城府院君 金天瑞(生没年不詳)
  • 母:三韓國大夫人 潭陽 李氏
  • 義父:太祖
  • 義母:神懿王后韓氏(夫の実母)
  • 義母:神徳王后康氏(夫の継母)
  • 夫:定宗

出典[編集]