垂簾聴政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

垂簾聴政(すいれんちょうせい)は、皇帝が幼い場合、皇后皇太后のような女性が代わって摂政政治を行うこと。

概要[編集]

中国で、女性である皇太后は、男性である朝臣と直接対面するのを避けるため、皇帝の玉座の後ろに御簾を垂らし、その中に座って政務を行ったことより、このように呼ばれた。

「皇后・皇太后」といっても、幼帝である場合は皇后が聴政することは当然出来ないため、皇后の例は非常に少なく、また皇太后といっても日本の制度では太皇太后となる例や、先帝在位中は皇后でなかったが幼帝の生母であるため皇太后となった例もある。

朝鮮半島においては李氏朝鮮の時代に行われた。

有名な例としては、前漢呂后武則天(最後は自ら皇帝となった)、西太后、李氏朝鮮の慈聖大妃貞純王后などが挙げられる。また、1980年代には、総書記国家主席の経験のない鄧小平総書記首相を背後から操って最高実力者として君臨していたことを揶揄して「垂簾聴政」と呼ばれたことがあった。

[編集]

北魏[編集]

[編集]

[編集]

関連項目[編集]