少帝弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
少帝 劉弘
前漢
第4代皇帝
王朝 前漢
在位期間 前184年 - 前180年
都城 長安
姓・諱 劉山→劉義→劉弘
生年 不詳
没年 前180年9月
恵帝

少帝弘(しょうてい こう)は、前漢の第4代皇帝(歴代皇帝に含まないこともある)。であるが、元来は(常山王に昇格したときに「義」と改名)。少帝弘とその兄弟は、実は呂雉が密かに宮内に連れ込んだ者たちで恵帝の実子ではない、ともいわれるが真相は不明である。

生涯[編集]

恵帝(劉盈)と後宮の美人との間に生まれた。初めは襄城侯に封じられた。兄の常山王劉不疑が亡くなると、代わって常山王に封じられた。兄の少帝恭呂雉に殺害されたことにより、代わって皇帝に即位した。

前180年に呂雉が死去、皇族や元勲の陳平周勃灌嬰などにより呂氏一族が誅滅されると、少帝弘は兄弟と共に監禁された。叔父の代王劉恒(文帝)が即位するが、即位直前に少帝弘は汝陰侯夏侯嬰により宮内より追放され、少府に監禁された。劉弘は文帝が長安に入ると、弟の常山王劉朝(軹侯)、淮陽劉武(壷関侯)らとともに毒殺された。