前少帝 (前漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前少帝
前漢
第3代皇帝
王朝 前漢
在位期間 前188年 - 前184年
都城 長安
姓・諱 劉、諱不詳
生年 不詳
没年 前184年
恵帝

少帝(しょうてい)は、前漢の第3代皇帝(歴代皇帝に含まない場合もある)。一般にとされるが、『史記』・『漢書』およびその注にその記録はなく、近代日本において「劉某」が誤写されたのが初出と考えられる[1]。『太平御覧』などでは前少帝と書かれる。

生涯[編集]

恵帝(劉盈)と後宮の女性との間に生まれた。恵帝死後、張皇后魯元公主の娘)が嗣子をもうけていなかったため、呂太后の支持を得て即位した。この際、呂太后の外孫にあたる張皇后が生んだ子であると公表するために、生母たる女官は殺害されたといわれる。

少帝が成長してこの事実を知ると、呂后を恨むようになった。呂后が少帝の怨恨を知ると、後難を恐れた呂后は少帝を幽閉、重病であるとして廃位した。それから間もなく少帝は殺害された。

史料[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 山田崇仁「前漢前少帝の諱について」『立命館東洋史学』第40号、2017年、 63-102頁。