張皇后 (漢恵帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
張皇后
前漢の皇后
在位 紀元前191年 - 紀元前188年

死去 紀元前163年
埋葬 安陵
配偶者 恵帝
父親 宣平侯張敖
母親 魯元公主
兄弟 張偃
テンプレートを表示

張皇后(ちょうこうごう、? - 紀元前163年)は、前漢恵帝皇后。父は趙王にも一時封じられていた宣平侯張敖。母は劉邦呂后の娘で恵帝の同母姉である魯元公主。名は不詳だが、嫣という説もある。

略歴[編集]

魯元公主は張敖に降嫁して娘と男子張偃を産んだ。劉邦が死去して皇太子の恵帝が即位すると、皇太后の呂后は自らの血縁者同士のつながりを固めようとし、恵帝4年(紀元前191年)に恵帝の姪である魯元公主の娘を皇后に立てた。

呂后はこの張皇后に恵帝の子を産ませようと手を尽くしたが子は産まれなかった。そこで、妊娠したと偽らせ、後宮の美人(妃嬪の称号)の産んだ子を皇后の子として皇太子に立て、その子の実母は殺した。

恵帝7年(紀元前188年)に恵帝が死去すると、その皇太子(前少帝)が即位したが、彼はその後自分が張皇后の子ではなく、実母は殺されたことを知り、呂后を恨むようになった。そこで呂后は呂后4年(紀元前184年)に彼を廃位して常山王劉弘を皇帝に立てた(少帝弘)。

呂后8年(紀元前180年)、呂后が死亡すると陳平周勃ら大臣が呂氏を滅ぼし、少帝弘を廃して高祖の子である代王劉恒を皇帝に迎えた。これが文帝である。呂氏や少帝弘らは殺されたが、張皇后は廃されて北宮に幽閉されるに留まり、文帝後元年(紀元前163年)に死亡した。恵帝陵である安陵に葬られたが、墳墓は作られなかった。

参考文献[編集]

  • 班固著『漢書』巻2恵帝紀、巻3高后紀、巻97上孝恵張皇后伝

張皇后が登場する作品[編集]

テレビドラマ