鉤弋夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『百美新詠図伝』

鉤弋夫人(こうよくふじん、? - 紀元前88年)は、前漢武帝の側室。昭帝の生母。河間郡の人。婕妤拳夫人とも呼ばれる。

経歴[編集]

武帝の河間国行幸の際、望気者(雲気から吉凶を占う者)が現地に奇女があると告げたので、武帝は人に命じて探させ、趙姓の少女が発見された。少女は、幼い頃から手は拳を握りしめ、開けたことがなかった。しかし武帝は彼女の手を開かせ、鉤玉を握っていたのを見つけた。武帝は喜び、趙氏を夫人に迎え寵愛した。

鉤弋夫人は妊娠14か月で劉弗陵(のちの昭帝)を産んだ。伝説ではの母も妊娠14か月で堯を産んだといわれており、そこで武帝は局の門に「堯母門」と名付けた。

劉弗陵は武帝の末子として寵愛を受けた。征和2年(紀元前91年)の巫蠱の禍で戻太子劉拠およびその一族が誅滅された後、皇太子は空位だった。後元2年(紀元前87年)、武帝は劉弗陵を新たな皇太子に立てた。しかしその前に、呂雉一族のような外戚の専横を未然に防ぐ目的で、生母の趙婕妤は武帝の命令により殺害された。具体的な経緯については次のように記されている。ある日、夫人が武帝の元から罪を得た。武帝は連れ出させて有司に付した。夫人はこのとき振り返って武帝を見た。武帝は「早く行け。そなたはもう生きられない」と言った。間もなく夫人は死去した。

昭帝が帝位に即くと、亡母に皇太后を追贈し、女陵に改葬したが、趙氏の親族が官位を得ることはなかった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 子貴母死中国語版- 北魏では外戚の専横を避けるために、鉤弋夫人の先例に倣って、皇太子を立てた際にその生母が殺された。