光宗 (宋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
光宗 趙惇
南宋
第3代皇帝
宋光宗坐像 軸.jpg
王朝 南宋
在位期間 淳熙16年2月2日 - 紹熙5年7月5日[1]
1189年2月18日 - 1194年7月24日
都城 臨安
姓・諱 趙惇
諡号 循道憲仁明功茂徳温文順武聖哲慈孝皇帝
廟号 光宗
生年 紹興17年9月4日
1147年9月30日
没年 慶元6年8月8日
1200年9月17日
孝宗
成穆皇后郭氏
后妃 慈懿皇后李氏
陵墓 永崇陵
年号 紹熙:1190年1194年

光宗(こうそう)は、南宋の第3代皇帝

生涯[編集]

紹興17年(1147年)、当時に普安郡王であった孝宗郭氏の間に三男として生まれる。紹興32年(1162年)、父が即位すると恭王に封ぜられた。長兄の荘文太子乾道3年(1167年)に死去した後、次兄の趙愷と後継をめぐって争ったが、皇太后呉氏の支持に支えられ、乾道7年(1171年)に皇太子に冊立され臨安府尹を務めた。淳熙14年(1187年)11月、孝宗の指示により国務の決裁に参与し始め、淳熙16年(1189年)に譲位を受け、皇帝に即位する。しかし朝廷の実権は太上皇となった孝宗が掌握していた。また、光宗も病弱な上に暗愚であったため、皇后李氏による専横を招いたほか、太上皇と立太子を巡る対立が原因で不和になった。

紹熙5年(1194年)、孝宗の崩御に際して服喪に臨まないまま、心疾(精神疾患)まで発病するにつれて政務の面倒を見ることが不可能になった。趙汝愚韓侂冑などの大臣は太皇太后呉氏と協力して光宗を退位させ、寧宗が擁立された。以後は一切の政治と離れ、居所を寿康宮へ移して隠居し、慶元6年(1200年)8月に54歳で崩御。永崇陵に葬られたが、2ヵ月先に死亡した李皇后とは合葬されなかった[2]

宗室[編集]

父母[編集]

后妃[編集]

男子[編集]

  • 趙挺(夭折) - 生母:慈懿皇后。紹熙元年(1190年)、保寧軍節度使に追贈された。
  • 趙拡(寧宗

女子[編集]

  • 文安公主
  • 和政公主
  • 斉安公主

脚注[編集]

  1. ^ 宋史』巻36, 光宗紀 紹熙五年七月甲子条による。
  2. ^ 李皇后は臨安府の修吉寺に葬られた。