大王大妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大王大妃(テワンテビ)は、朝鮮王朝の先々代の国王のキサキ(后または妃)で、現に在位している国王の祖母・先代国王の母の称号。

大王大妃は国王の祖母として国王に親権を行使できたので、ときには国王を退けて実権を掌握した大王大妃もいる。貞熹王后文定王后貞純王后純元王后などは幼少の国王に代わって垂簾聴政を行い、名実ともに最高権力者となった。

ほとんどの王妃大妃王大妃までで死去してしまい、長寿を保って大王大妃になる王妃は少なかった。しかし朝鮮中期以降、若くして死去する国王や子どものいない国王が増え、その結果、傍系から即位する国王も増えた。傍系の王族を王位継承者に指名するのは、やはり親権者の大王大妃であり、特に純祖が子どもを残さずに死去してからは、同様に子どものいない国王が続き、大王大妃が若年で政治経験のない人物をあえて次期国王に据えて、引き続き実権を握ろうとするケースが相次いだ。大王大妃の権威を背景に、科挙官僚や王族を排斥し、大王大妃の親族が権力を握る勢道政治が長く続き、ついには朝鮮の近代化を大きく遅らせる要因になった。代表的な例では慶州金氏安東金氏がある。

関連項目[編集]