蟠渓温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Hot springs 001.svg蟠渓温泉
Osaru no yu 2009a.jpg
オサルの湯
温泉情報
所在地 北海道有珠郡壮瞥町蟠渓
交通 JR北海道室蘭本線伊達紋別駅より道南バスで約40分
泉質 含食塩 - 石膏硫化水素泉
泉温(摂氏 65 - 92 ℃
宿泊施設数 3
テンプレートを表示

蟠渓温泉(ばんけいおんせん)は、北海道有珠郡壮瞥町蟠渓にある温泉

アクセス[編集]

泉質[編集]

温泉街[編集]

長流川沿いに3軒の旅館、および日帰り入浴施設が1軒存在する。

長流川(おさるがわ)の河原には無料入浴可能な露天風呂「オサルの湯」が存在する。源泉温度が高いので、川水を引き込むなどの工夫が必要。このオサルの湯は利用者のマナーが問題にもなっている[1]。オサル湯の周囲にも温泉が湧出している場所が複数あり、即席で野湯ができる。

歴史[編集]

古くからアイヌの人々が利用する湯治場であった。温泉名はアイヌ語の温泉名「パンケ・ユ」(川下の温泉)に由来する。

1884年(明治17年)開湯[2]。最盛期には芸奴衆もいる温泉街であったが、現在では鄙びた温泉地になっている。

脚注[編集]

  1. ^ 出典[1]
  2. ^ 蟠渓温泉 - 壮瞥町(2011年12月12日閲覧)