荒木俊馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒木 俊馬
(あらき としま)
生誕 荒木 俊馬
(あらき としま)
(1897-03-20) 1897年3月20日
日本の旗 日本熊本県
死没 (1978-07-10) 1978年7月10日(81歳没)
日本の旗 日本
居住 日本の旗 日本
ドイツの旗 ドイツ
国籍 日本の旗 日本
研究分野 天文学
物理学
天体物理学
理論物理学
宇宙論
研究機関 京都大学
京都産業大学
大谷大学
出身校 京都大学
博士課程
指導教員
新城新蔵
他の指導教員 アルベルト・アインシュタイン
主な指導学生 上野季夫
宮本正太郎
芝原鐐一
湯川秀樹
朝永振一郎
主な受賞歴 ポーランド最高功労十字勲章
プロジェクト:人物伝

荒木 俊馬(あらき としま、1897年3月20日 - 1978年7月10日)は、日本天文学者物理学者。専門は天体物理学理論物理学宇宙論。学位は理学博士京都大学1929年)。京都大学名誉教授京都産業大学初代総長。熊本県出身。男性

人物[編集]

熊本県立中学済々黌(現・熊本県立済々黌高等学校)、広島高等師範学校を経て京都帝国大学(京都大学)に進学した。京大では新城新蔵に師事し、のちに新城の娘と結婚した。天文学者としてのみならず保守派のイデオローグとしても活躍した。多くの天文書を著したことでも知られている。京都大学助教授時代にドイツへ2年半留学し、アルベルト・アインシュタインに直接教えを受けた。京都大学教授大谷大学教授などを歴任し、1965年には京都産業大学を創設。弟子に上野季夫宮本正太郎芝原鐐一らがいる。また、教え子から湯川秀樹博士、朝永振一郎博士などノーベル賞受賞学者を輩出している。

長男の荒木雄豪情報科学者馬術の選手(ローマオリンピック・メキシコオリンピック日本代表)で、京都産業大学教授

略歴[編集]

著書・訳書[編集]

著書[編集]

  • 『観測機械と天文台・世界の天文台』(恒星社厚生閣 図説天文講座 1937年
  • 『銀河と宇宙・宇宙観』(恒星社厚生閣 圖説天文講座 1937年)
  • 『恒星・星辰スペクトル』(恒星社厚生閣 圖説天文講座 1937年)
  • 『天文と宇宙』(恒星社 1937年)
  • 『東西天文學史・西洋天文學史』(恒星社厚生閣 圖説天文講座 1940年
  • 『時と暦』(羽田書房 生活科學新書 1942年
  • 『雨夜夢話』(日本放送出版会 1942年)
  • 『日本暦學史概説』(山口書店 自然科學叢書 1943年
  • 『天文學概観』(恒星社 1943年)
  • 『科学論籔』(恒星社 1943年)
  • 『日本暦學史概説』(立命館出版部会 自然科學叢書 1944年
  • 『球面天文學』(宇宙物理學研究會・天文宇宙物理學總論 1 1947年)
  • 『時測と暦法』(恒星社厚生閣 1947年)
  • 『四季の星座』(恒星社厚生閣 1948年
  • 『エネルギーの話』(恒星社厚生閣 1948年)
  • 『天體力學』(宇宙物理學研究會・天文宇宙物理學總論 3A 1949年
  • 『太陽系』(宇宙物理學研究會・天文宇宙物理學總論 4 1949年)
  • 『恒星物理學・恒星界』(宇宙物理學研究會・天文宇宙物理學總論 7 1949年)
  • 『銀河系』(宇宙物理學研究會・天文宇宙物理學總論 10 1949年)
  • 『質点力學要論』(宇宙物理學研究會 1949年)
  • 『大宇宙の旅』(恒星社厚生閣 1950年
  • 『天文年代學講話』(恒星社厚生閣 1951年)
  • 『吾輩は水である』(恒星社厚生閣 1951年)
  • 『月のみちかけの研究』(恒星社厚生閣 楽しい理科教室 1 1952年
  • 『昼夜の長さと季節』(恒星社厚生閣 楽しい理科教室 2 1952年)
  • 『黄道をさまよう天体』(恒星社厚生閣 楽しい理科教室 3 1952年)
  • 『星雲宇宙』(宇宙物理學研究會・天文宇宙物理學總論 11 1952年)
  • 『太陽黒点の研究』(恒星社厚生閣 楽しい理科教室 4 1953年
  • 『日食と月食』(恒星社厚生閣 楽しい理科教室 5 1953年)
  • 『地球の歴史』(恒星社厚生閣 中学天文教室 1953年)
  • 『連星』(宇宙物理學研究會・天文宇宙物理學總論 8 1954年)
  • 『現代天文學事典』(恒星社厚生閣 1956年
  • 『日本暦學史概説』(恒星社厚生閣 1960年
  • 『西洋占星術』(恒星社厚生閣 1963年
  • 『天文学の歴史・西洋天文学史』(恒星社厚生閣 新天文学講座12 新版 1964年)
  • 『西洋天文學史』(恒星社厚生閣 1965年)
  • 『銀河系と宇宙・宇宙論の現状』(恒星社厚生閣 新天文学講座8 新版 1966年
  • 『四季の星座』(恒星社厚生閣 1967年
  • 『相對性原理概論』(恒星社厚生閣 1969年)
  • 『宇宙物理學』(恒星社厚生閣 1970年
  • 『宇宙構造觀』(恒星社厚生閣 1973年
  • 『狐狸窟瓢論』(恒星社厚生閣 1979年
  • 『荒木駿馬論文集』(恒星社厚生閣 1979年)
  • 『實地天文學』
  • 『太陽物理学』
  • 『太陽系・半成論』
  • 『天體力學』(恒星社厚生閣 1980年
  • 『疇山旅日記』(荒木雄豪 1984年
  • 『荒木駿馬留学日記』全4巻(京都産業大学 2002年
  • 『荒木駿馬日記』全4巻(京都産業大学 2003年
  • 『京都産業大学 教学之源流』(京都産業大学 2004年

訳書[編集]

  • 『宇宙論』(イマヌエル・カント著 恒星社厚生閣 1952年)
  • 『カント・宇宙論』(イマヌエル・カント著 恒星社厚生閣 1954年)

参考文献[編集]

  • 『学祖荒木駿馬先生と京都産業大学』(永田孝執筆 京都産業大学 2001年

外部リンク[編集]

先代:
(設立)
学校法人京都産業大学学長
初代: 1965年 - 1978年
次代:
柏祐賢