宮本正太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮本 正太郎(みやもと しょうたろう、1912年12月1日 - 1992年5月11日)は、日本天文学者荒木俊馬の弟子の1人で[1]惑星気象学の開拓者として有名。広島県出身。

略歴[編集]

業績[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『宇宙物理学』(東亜出版社 現代物理學体系 1949年)
  • 『惑星をめぐる』(地人書館 目で見る天文ブック 1971年)
  • 『月をひらく』(地人書館 目で見る天文ブック 1972年
  • 『物理質問箱』(講談社 ブルーバックス 1976年)
  • 『太陽系45億年の旅』(岩崎賀都彰との共著 講談社 ブルーバックス 1982年)

編著[編集]

訳書[編集]

監修書[編集]

  • 『天球と太陽系』(福村書店 地学教育講座 1955年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本の天文学者の系図 - 福江純公式サイト内のページ。
  2. ^ 博士論文書誌データベース