航空庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

航空庁(こうくうちょう、Civil Aeronautics Agency[1])は、1950年から1952年まで存在した日本の行政機関の一つ。運輸省外局として設置され、航空保安全般を所掌した。廃止後、業務は運輸省航空局などに継承された。長は航空庁長官。

沿革[編集]

歴代長官[編集]

  1. 1950年(昭和25年)12月12日 - 1951年(昭和26年)10月12日:松尾靜磨
  2. 1951年(昭和26年)10月13日 - 1952年(昭和27年)8月1日:大庭哲夫

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Law for Partial Amendments to the Ministry of Transportation Establishment Law, Etc.”. OFFICIAL GAZETTE (大蔵省印刷局) (No. 1414): 1. (1950-12-12). 
  2. ^ 同年5月2日法律第134号「電気通信省設置法の一部を改正する法律」
  3. ^ 同日法律第255号「運輸省設置法等の一部を改正する法律」
  4. ^ 1952年7月30日法律第278号「運輸省設置法の一部を改正する法律」