聖枝祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イコンハリストスキリスト)のイェルサレムへの入城』(作者・年代不詳)。伝統的にハリストスは白いロバに乗った姿で描かれる。

聖枝祭(せいしさい、ギリシア語: Κυριακή των Βαΐων[1], ロシア語: Вход Господень в Иерусалим[2], ルーマニア語: Duminica Floriilor[3], 英語: Palm Sunday[4])はイエス・キリストエルサレム入城を記念する正教会の祭日であり、十二大祭のひとつである。「主のエルサレム入城」「枝の祭り」「枝の主日」「花の主日」といった呼び名もある。

カトリック教会での枝の主日受難の主日)、プロテスタントでの棕櫚の主日に相当する。ただし本祭日は移動祭日であることと、正教会と両教派とでは教会暦が異なることから、日付は年によって、同日であることもあれば異なる日にちである場合もある。

日付[編集]

受難週間の初日で、大斎最終日であるラザリのスボタの翌日の日曜日主日)に祝われる。この日は復活大祭の一週間前の日曜日に相当し、復活祭同様、聖枝祭も移動祝日となる。3月下旬から5月上旬に祝われる。

祭の内容・意義[編集]

新約聖書によれば、イエスは若い雄ロバの背に乗りエルサレムに入り、群集は歓呼してこれを迎えた。聖書の記載箇所は以下の通りである。

聖枝祭のイコンには、ロバに乗ったイエスとそれに従う弟子たち、エルサレムの城とイエスを迎える群衆が描かれる。

花を持って聖枝祭の徹夜祷にあたる正教会神品達。司祭達はフェロンエピタラヒリを着用し、輔祭ステハリオラリを着用している。修道司祭クロブークをかぶり、妻帯司祭はカミラフカをかぶっている。左手奥側にはミトラをかぶった司祭が居る。

信者が枝を用意し、司祭がそれを早課成聖し、聖枝祭の早課聖体礼儀には信者がこの枝を手に参祷する。これはヨハネによる福音書の記述に則った習慣である。

枝は当時、凱旋者を歓喜して迎える印であった[5]。イエスを迎えたエルサレムの群衆は枝を持って、王を迎えるのと同じような仕方でイエスを迎えたが、群衆の多くは自分達をローマの支配から解放して新しいユダヤの王国を築くためにイエスが来たのだと誤解していた[6]正教徒はこのような誤解に則るのではなく、死に対して勝利して凱旋する王として、自分の中に受け入れることを示すために枝や花を持って聖枝祭を祝う[5]

地域によっては枝を手にしての十字行が行われる。

枝はオリーブナツメヤシまたはシュロが好まれるが、何を用いるという規定はとくにない[5]。花をつけた枝を用いる場合もある。ロシア正教会など寒冷な地ではネコヤナギなどを用いる(ネコヤナギを用いるのはロシアのみならず、北欧でも例がある)。日本正教会でも地域によってネコヤナギが使われる(ネコヤナギは正教会のみならず、寒冷な地であるイギリスオーストリアにある西方教会でも用いられる[7][8])。

脚注[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]