セイヨウツゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セイヨウツゲ
Buxus sempervirens.jpg
自生するセイヨウツゲ Buxus sempervirens
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類APG IV, Cantino et al. (2007)
: 植物界 Plantae
: 維管束植物門 Tracheophyta
亜門 : 大葉植物亜門 Euphyllophytina
階級なし : 種子植物 Spermatophyta
階級なし : 被子植物 Angiospermae
階級なし : 真正双子葉類 Eudicotyledoneae
: ツゲ目 Buxales
: ツゲ科 Buxaceae
: ツゲ属 Buxus
: セイヨウツゲ B. sempervirens
学名
Buxus sempervirens L. (1753)[1][2]
シノニム
和名
セイヨウツゲ
英名
common box[3]
box[4]
Buxus sempervirens range.svg
本種の自生地

セイヨウツゲ(西洋柘植、Buxus sempervirens)は、ツゲ科ツゲ属の常緑性低木庭木街路樹としてよく用いられる。別名、ヨーロッパツゲ[5]ボックスウッドスドウツゲ(須藤柘植)としても知られている[注釈 1]

形態[編集]

セイヨウツゲの葉の向軸側(左)と背軸側(右)
セイヨウツゲの花
セイヨウツゲの樹皮
セイヨウツゲの花粉

樹高は5 m[3]で、ときに8 mにも達する[5]は長楕円形から倒卵形で明るい緑色をしている[3]。葉はツゲに比べ細く[5]、革質である[4]単葉互生し、鋸歯はない。陽地または半陰地を好み、日照が強すぎると葉焼けすることがある。冬期に寒さに遭うと山吹色茶色紅葉する。

開花期は3 - 4月。緑黄色で花弁のない、目立たない花をつける[4]。両性花で香りが強く虫媒を行う。果実は3 - 6個の種子を含む3室の蒴果。蒴果は開くと3 m近くまで種子を飛ばす[7]

分布・生育環境[編集]

乾燥した地中海に自生する叢状のセイヨウツゲ

地中海沿岸(南ヨーロッパ北アフリカ)や西アジアに自生している[5]ヨーロッパブナとともに白亜石灰岩質の土壌の斜面を好む[7]

本州九州植栽される。高知県安芸市須藤信喜氏が北米より持ち帰り、繁殖栽培し、全国へ普及したといわれている。

西コーカサスに自生する Buxus colchica Pojark.、東コーカサスおよび北イランに自生するB. hyrcana Pojark. は普通本種のシノニムとして扱われる[2]

人とのかかわり[編集]

ベルギーAlden Biesen Castle の庭園に植栽されているセイヨウツゲのトピアリー

1970年代から利用されるようになった比較的新しい造園木。萌芽力があり、刈込みに耐えることから、生垣などに多用される[5][3]。他に街路樹庭園樹公園樹花壇の縁取り、トピアリーとして利用されている[5]。容易に移植できる。

耐乾性・耐火性があり、煙にはやや強い。ツゲと同様に挿木や実生で殖やされる[5]。耐寒性は強い[3]。水捌けのよい土が適している。

園芸品種[編集]

  • ‘マルギナタ’ Buxus sempervirens cv. Marginata) - 白覆輪葉[5]
  • ‘エレガンティシマ’ Buxus sempervirens cv. Elegantissima - 白覆輪葉
  • ‘ハンドスウォルセンシス’ Buxus sempervirens 'Handsworthensis' [3][8]
直立し強勢な叢状となる[8]。常緑中低木~小高木で、葉に幅があり、色は黒みの強い緑色[8]
  • ‘スフルティコサ’ Buxus sempervirens 'Suffruticosa' [8]
矮性の常緑小低木。葉は卵形で明緑色[9]。晩春から初夏にかけて、目立たない花を咲かせる[9]

害虫[編集]

ハマキムシハマキガ幼虫)、ツゲノメイガ Cydalima perspectalisメイガ科)の食害を受ける[10]

材の利用[編集]

本種の材で作られた19世紀イギリスのフルート

は黄色くて緻密で堅い[7]印材などに利用される。彫刻旋盤加工、象嵌細工などの加工がなされる[7]。磨くとよく艶が出るため、かつて珍重された[7]。現在でも、マレットのヘッドや定規などに用いられる[7]

英語で「箱」を意味する名詞 box は、ラテン語buxus、更には古代ギリシア語πυξίςpyxis; ピュクシス)に由来する[4]。さらにこの語は本種、セイヨウツゲを指す πύξοςpyxos; ピュクソス)から派生したものである[4]。それは、古くから細工物に使われ、本種の材で作られた小箱を「ピュクシス」と呼んだものが、のちに小箱一般を指すようになったのである。古典ラテン語においても、buxus は植物としてのツゲだけでなくツゲ材、そしてさらには笛・駒や櫛などのツゲ製品をも意味する[4][11]

薬用[編集]

かつて薬用にも供された[7]。葉が解熱剤であるキニーネの代用として使われていた[12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、これらの名で植栽されるものはツゲ Buxus microphylla の栽培個体とされることもある[6]

出典[編集]

  1. ^ a b Chadburn, H. & Barstow, M. 2018. Buxus sempervirens. The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e.T202944A68067753. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2018-1.RLTS.T202944A68067753.en. Downloaded on 01 January 2021.
  2. ^ a b GRIN 2021, Buxus sempervirens L.
  3. ^ a b c d e f 英国王立園芸協会 2001, p. 509.
  4. ^ a b c d e f Webster 1958, p. 217.
  5. ^ a b c d e f g h 鈴木・横井 1998, p. 66.
  6. ^ 林 2020, p. 165.
  7. ^ a b c d e f g Box (Buxus sempervirens)”. British-Trees.com. 2022年3月4日閲覧。
  8. ^ a b c d 英国王立園芸協会 2001, p. 152.
  9. ^ a b 英国王立園芸協会 2001, p. 177.
  10. ^ 丸山 1992, pp. 56–58.
  11. ^ 水谷 2009, p. 86.
  12. ^ Lawrence, E. (1985). The Illustrated Book of Trees & Shrubs. Gallery Books. p. 171. ISBN 0-8317-8820-8 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]