紫艶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紫艶
別名 中江 ひろ子
生誕 1978年1月17日
出身地 日本の旗 日本兵庫県尼崎市
死没 (2019-03-07) 2019年3月7日(41歳没)
ジャンル 演歌
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1997年 - 2016年
事務所 アンドエム

紫艶(しえん、1978年1月17日 - 2019年3月7日[1])は、日本の元演歌歌手女優兵庫県尼崎市出身。身長166cm、血液型B型。旧芸名および本名は中江 ひろ子

来歴・人物[編集]

2歳9ヶ月から民謡を歌い始める。18歳のとき「吉本演歌歌謡曲選手権」で優勝。

紫艶」として、シングル『渋谷のネコ』でデビュー。セクシーな演歌歌手として注目を集める。

2000年(平成12年)に、日本有線大賞新人賞を受賞する。歌手活動は2012年から休業。

しかし2016年に雑誌「FRIDAY」で落語家の桂文枝(旧芸名・桂三枝)との不倫疑惑で再びスポットライトを浴びた[2]。同年2月28日、TBSサンデージャポン」に電話出演し歌手引退を明言したが、その後引退を撤回し芸能活動を再開。

2019年3月11日、毎日のように連絡をとっていた紫艶の母親が、3月7日を最後に紫艶と連絡が取れないことを、紫艶が住んでいる都内のマンションの大家に連絡したことから、紫艶の自宅を尋ねたところ死亡しているのを発見された[3]。病気による孤独死として報道される。41歳没。遺体は司法解剖の結果、死因は病死であると判断され、生前に多数の薬を服用していたことが原因ではないかとされている[1]

主な受賞[編集]

  • 関西演歌大賞グランプリ
  • 日本有線大賞新人賞
  • 「吉本演歌歌謡曲選手権」優勝

音楽[編集]

シングル[編集]

(中江ひろ子 名義で)

(紫艶 名義で)  

  • 渋谷のネコ 2000年08月23日発売
    作詞:水木れいじ/作曲:杉本眞人/編曲:伊戸のりお
  • ジェラシー☆ゲーム Duet with 広瀬哲朗 2001年6月21日発売
    作詞:水木れいじ/作曲:平尾昌晃/編曲:伊戸のりお
  • しましょのヨーコ 2001年08月22日発売
    作詞:秋元康/作曲:見岳章/編曲:伊戸のりお
  • 呑も呑も 2002年03月21日発売
    作詞:いとう彩/作曲:桧原さとし/編曲:前田俊明
  • 大阪ブギ 2003年5月21日発売
    作詞:いとう彩/作曲:徳久広司/編曲:小笠原寅
  • 大阪ふたり 2004年03月10日発売
    作詞:たかたかし/作曲:聖川湧/編曲:前田俊明
  • 大阪恋港 2005年02月23日発売
    作詞:いとう彩/作曲:聖川湧/編曲:石倉重信
  • 月と上海 2005年11月23日発売
    作詞:高平哲郎/作曲:美樹克彦/編曲:伊戸のりお
  • 上海Doll 2007年1月10日発売
    作詞・作曲:美樹克彦/編曲:伊戸のりお
  • 渋谷のネコ~マンボヴァージョン~ 2012年12月3日発売
    作詞:水木れいじ/作曲:杉本眞人/編曲:伊戸のりお

アルバム[編集]

  • 渋谷のネコが呑も呑も! 2002年9月21日発売
  • OSAKA Collection~大阪ブギ~ 2003年9月25日発売

出演[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

  • わたしの宝島

ラジオ[編集]

映像作品[編集]

アダルトイメージビデオ[編集]

発売日 タイトル 規格品番 メーカー
2001年5月25日 S BBBE-1699
2012年12月20日 昭和ROMAN ENFD-5430 イーネット・フロンティア
2017年1月27日 Purple Rouge KIDM-697 一キングダム
2017年12月27日 黒い罠 KIDM-770B

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 桂文枝「絶句」 20年愛人『紫艶』が41歳で孤独死していた”. FRIDAYデジタル (2019年5月2日). 2019年5月2日閲覧。
  2. ^ 桂文枝に不倫疑惑、週刊新潮が報道 「裸見たいなぁ」卑猥なメールを送信か” (日本語). ハフポスト (2017年12月27日). 2019年5月2日閲覧。
  3. ^ 演歌歌手・紫艶さん死去 41歳 3月に自宅で見つかる…文枝と騒動も デイリースポーツ 2019年5月2日

外部リンク[編集]