石田博三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石田 博三
基本情報
出身地 日本の旗 日本 滋賀県 草津市
生年月日 (1939-07-10) 1939年7月10日(79歳)
身長
体重
186 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1958年
初出場 1959年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

石田 博三(いしだ ひろぞう、1939年7月10日 - )は滋賀県草津市[1]出身の元プロ野球選手

経歴[編集]

滋賀県立大津東高等学校(現:滋賀県立膳所高等学校)では、182cmの長身を生かした投手[2]1956年の春の甲子園に出場。チームは第一試合の対中京商業戦で延長の末敗れた。1957年シーズンオフに大阪タイガースに入団[1]

高校時代に腰を痛めており、入団後すぐに投手から外野手に転向[2]。ルーキーイヤーの1958年ウエスタンリーグで打点王を獲得した[2]。その後は、控え選手として一軍ベンチ入りすること多かった。1963年には最多の39試合に出場。同年8月15日の対国鉄戦(東京)で、田所善治郎から一軍戦唯一のホームランを放った[2]。翌1964年オフに引退[2]。引退後は、スポーツ用品店などに勤務していた[2]1979年に、コーチ補佐として現場復帰[2]。コーチ補佐は一年で退任し、以後フロント入り。選手の年俸の査定資料作成を行う査定担当となり[2]、管理部長まで昇進した。2002年末に、退職した[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1959 阪神 6 6 6 1 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .167 .167 .333 .500
1960 24 33 32 4 7 0 0 0 7 0 0 0 0 0 1 0 0 6 2 .219 .242 .219 .461
1961 21 32 31 1 7 0 0 0 7 2 0 2 0 1 0 0 0 6 2 .226 .226 .226 .452
1962 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1963 39 60 57 5 13 1 0 1 17 1 0 2 0 0 2 0 1 6 2 .228 .267 .298 .565
1964 21 22 20 0 2 0 0 0 2 2 0 0 0 1 1 0 0 2 0 .100 .143 .100 .243
通算:6年 114 154 147 11 30 2 0 1 35 6 0 4 0 2 4 0 1 21 6 .204 .230 .238 .468

記録[編集]

背番号[編集]

  • 38 (1958年 - 1960年)
  • 6 (1961年 - 1964年)
  • 74 (1979年)

脚注[編集]

  1. ^ a b プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、42ページ
  2. ^ a b c d e f g h i j 内田雅也 (2012年3月27日). “猛虎人国記(8)~滋賀県~”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002918900.html 2013年8月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]