石島 (韓国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鬱陵島本島の北東につながってみえるのが観音島
日本側は、この島を「石島」と比定している。

石島(ソクト)は、日本海にあったとされる韓国の島。

1900年10月25日大韓帝国「勅令第四十一号」で、鬱陵島などとともに江原道鬱島郡に管轄させた。現在のどの島を指すのか確実に特定できる文献資料がなく、日本の研究者は韓国の鬱陵島の北東近傍にある小島の「観音島」とし、韓国側は現在日本と領有権争いをしている竹島(韓国名「独島」)であるとしている。

なお、韓国の慶尚北道は大韓帝国「勅令第四十一号」が出された1900年10月を「独島の月」に制定している。

概要[編集]

1900年10月25日の大韓帝国「勅令第四十一号」原文 (一部ハングルで書かれている付属語を日本語に訳している)

勅令第四十一号

   鬱陵島を鬱島と改称し島監を郡守に改正する件

第一条 鬱陵島を鬱島と改称し江原道に所属させ島監を郡守に改正し官制に編入し郡等級は五等にする事
第二条 郡庁は台霞洞に置き区域は鬱陵全島と竹島石島を管轄する事
(略)

この勅令では、鬱島郡の管轄する地域が「鬱陵全島と竹島石島」と規定されている。日本では、「竹島」は鬱陵島の2キロメートル東に所在する竹嶼と考え、「石島」は鬱陵本島の北東端から100メートル離れた観音島とする見方が一般的である。それに対し、韓国側は、「竹島」は現在の鬱陵郡竹島(日本でいう「竹嶼」)であり、「石島」は日本との領土紛争の対象地である、鬱陵島より92キロメートル沖合の独島(日本では「竹島」)であると主張している。

鬱陵島北東端100メートルにあるのが観音島、東海岸より2キロメートル沖にあるのが「竹島」(日本でいう「竹嶼」)

「石島」が「独島」になった経緯について、韓国側は、次のように説明している。すなわち、朝鮮語の標準語には、「石」や「岩」を意味する「トル」という固有語があり、韓国の全羅道の南海岸の方言ではこれが「トク」となるため、韓国では、全羅道から鬱陵島に移住した人が竹島(韓国名:独島 トクト)を「トクソム」(石の島)と呼んでいたという。大韓帝国の勅令では、そのため「独島」を「石島」と表記し、「独」の音読(トク)が同音であるため、後に「独島」に改められたというのである。ただし、これには発音が同じであるということ以外の根拠はなく、江原道慶尚道方言ならまだしも、なぜ黄海に面した全羅道方言が最優先されたのかの説明もない。また、「石」という漢字の朝鮮語音(音読み)自体は「ソク」である。朝鮮でも限定的ながら漢字の訓読みが行われており、また「石」と「乙」を組み合わせ朝鮮語固有語の「トル」を表す国字(乭)も存在するなどしているが、地名に現れる「石」の字を「独」に変えた例、あるいはその逆の例といったものは他に確認されておらず、「石島」と「独島」を同一視する説は説得力に欠けている[注釈 1][注釈 2]

大韓帝国勅令における「石島」がもし「独島」であるとすると、韓国皇帝は鬱陵島付近では、鬱陵本島以外では「竹島」(竹嶼)をのみ管轄地と認めて「観音島」を無視したか、観音島を「鬱陵全島」のなかに含めてしまったことになる。これは、観音島の規模や位置・「竹島石島」と併記する記法から考えて不自然である。もし本当に「独島」を鬱陵郡の管轄区域として表示したのだとすれば、観音島も含めて3島示す方が、より自然である。

日本が竹島(「独島」)を島根県に編入した1905年(明治38年)の5年前に大韓帝国政府がこの勅令を出していることを一つの根拠として、韓国側は「独島」が韓国領であることを主張しているが、韓国側は石島が独島であることを史料や図面で立証できず、島の特定には根拠が乏しい。「独島」の名が最初に韓国側文献に登場するのは1904年のことである[1]。大韓帝国自身もまた、1905年以前の段階では「独島」の実効支配をなしえていないので、この主張にはそもそも無理がある。

1905年以前の朝鮮半島には「独島」に関する文献記録・地図がほとんどなく、李氏朝鮮における地図の最高傑作といわれる金正浩の『大東輿地図』(1861年)にも、独島が描かれていない。上述したように、「独島」の名が韓国の史料に初めて登場するのは、日本人に雇われた欝陵島の大韓帝国臣民がリャンコ島でアシカ猟に従事するようになった1904年以降のことであり、1899年に書家としても知られていた玄采が著した、官撰の『大韓地誌』でも、大韓帝国の領域は北緯33度15分から北緯42度15分、東経124度35分から東経130度35分までと記し、「独島」が所在する東経131度52分は当時の韓国の領域には含まれないことを公式に認めている[1][注釈 3]

大韓地誌』(1899年)

大韓帝国時代の「皇城新聞1906年5月19日付の記事に、「本郡所属の独島は外洋百余里の外に在るが、本月四日に、日本官人一行が官舎に来到し、自ら云うには、独島が今、日本の領地になった故、視察のついでに来到し、・・・(中略)(日本官人一行は)戸数人口と土地の生産の多少と人員及び経費幾許、諸般の事務を調査して録去した」との記載がある[2]。これは、鬱島郡の郡守であった沈興沢が、日本人一行の去った翌日の1906年3月29日に彼の直属の上官である江原道観察使に送った報告書をもとにした記事であり、沈興沢が「独島」(竹島)を本郡所属と考えていたことは察せられるが、日本人一行に対し何ら抗議した形跡もなく、また、もし、「石島」と「独島」が同一のものであるならば、郡守が勅令に用いられていた「石島」の語を用いず、あえて「独島」という語を用いていることも不自然である[2]。韓国側は、「石島」から「独島」に漢字表記が変更されたという事例を今なお提示できていないのである[2][3]

また、「皇城新聞」の1906年7月13日付の記事には、「鬱陵島の配置顛末」との題で、「郡所管の島は鬱陵島と竹島(竹嶼)と石島。東西六十里、南北四十里」と記載されており、郡所管の地域は東西六十里(約24キロメートル)、南北四十里(約16キロメートル)としている。5月19日付の前掲同紙で「独島は外洋百余里(約40キロメートル余り、実際は92キロメートル)」としていることと矛盾する。鬱陵島は東西南北10キロメートルほどの島で、それを含めた24×16キロメートルの範囲には「独島」(日本名「竹島)」は含まれない[3]。また、「皇城新聞」5月と7月の記事からすれば、韓国の主張の通りであるならば、1900年の「石島」が6年後には「独島」となり、その2ヶ月後には再び「石島」にもどったこととなる[3]。このように、数少ない韓国側資料からも、石島と独島は別の島と考えるのが自然である。

日本では、鬱陵島の古地図に記されている鬱陵島近傍の島の位置関係から、勅令にある「竹島」が現在の竹嶼で、「石島」が現在の観音島であると言う見方が強い。また、古地図においては鬱陵島近傍の島のうち、比較的大きい2つの島に「大于島」「小于島」という名称がついているものがあり、このうち「大于島」が後に「竹島」(竹嶼の韓国名)という名称になっている。竹嶼は鬱陵島近傍にある島の中で一番大きく、観音島がこれに次いで大きい。ともに鬱陵島の北東近傍にあり観音島は竹嶼の北西に位置する。この竹嶼と観音島の位置関係は、古地図にある大于島と小于島の位置関係にほぼ対応している。ただし、観音島は古地図ではいくつかの名称で呼ばれているものの、直接「石島」と記載した例は現時点では見つかっていない。

韓国側はまた、「独島」は岩石でできているのでその名(旧名「石島」)に相応しいとしているが、観音島もまた上部の表土以外は岩石でできており、少なくとも「石島は観音島ではない」ことを積極的に裏づけるものは何もない。なお、葛生修亮1901年(明治34年)に書いた『韓海通漁指針』では当時の朝鮮人は、いわゆる「独島」(日本名「竹島」)を「ヤンコ」(リアンクール岩礁に由来。日本では「リャンコ」)と呼んでいたという記述があり、韓国固有の名称については記されていない。

韓国の慶尚北道は大韓帝国「勅令第四十一号」が出された(1900年の)10月を「独島の月」に制定し、竹島(「独島」)の領有権確立をPRする月間としている。これは日本の島根県が2月22日を「竹島の日」を制定した事に対抗しての措置であった[注釈 4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 朝鮮語の音読み(日本では「セキトウ」に相当)はSeok-Do、訓読み(日本では「イシジマ」に相当)は'Dol(Tol)-Seom'、全羅道方言でも'Dok(Tok)-Seom'が一般的であり、'Dok(Tok)-do'は一般的でない。また、1900年当時の欝稜島住民は「石」を'Dol'と発音する江原道出身者が中心であり、「石」は'Dol'と発音されている。『国際法からみる竹島問題』「1900年勅令41号の石島」
  2. ^ 1906年、島根県は竹島と欝稜島の実地調査を実施し、随行した奥原碧雲が『竹島及鬱陵島』として調査成果をまとめたが、そのなかで、欝稜島の地名で朝鮮語での発音を併記した地名を掲載した地図がある。それによれば、欝稜島北岸の東に「亭石浦」の地名が示され、その発音を'チョンドロボ(Chon-Doro-Bo)'としている。これにより、当時現地では、石を「DokまたはTok」ではなく「DolまたはTol」と発音していたことが判明した。『国際法からみる竹島問題』「1900年勅令41号の石島」
  3. ^ 「独島」は北緯37度14分、東経131度52分の位置にある。なお、『大韓地誌』は当時、韓国の地理教科書にも使用された官撰の地理書である。
  4. ^ 韓国外務部政務局の文書『外交問題叢書第11号 独島問題概論』(1955年)には、1955年時点で韓国政府は、1900年の大韓帝国「勅令第41号」を検討した上で「独島を鬱陵島の行政区画に編入する明示された公的記録は無い」と判断していたことが判明し、議論を呼んでいる。日韓近代史資料集

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]