檜垣直枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

檜垣 直枝(ひがき なおえ、1839年天保10年) - 1894年明治27年)10月4日)は、幕末土佐勤王党員、明治時代の警察官は清治、正治。従三位勲三等

経歴[編集]

土佐藩士の子弟として生まれる。1862年文久2年)、土佐勤王党に参加。その後、山内容堂警護する五十人組に属するが、江戸への道中、同行した坂本瀬平密偵と誤解して殺害したために終身禁固刑に処され、郷里で謹慎に処せられた。

1873年(明治6年)に赦免され、警視庁に奉職し権少警視に任じられる。1877年(明治10年)の西南戦争では、警視隊隊員として政府軍に従軍する。二重峠の戦いでは佐川官兵衛の抗命に苦慮するが、佐川と共に奮戦する。

その後、警官練習所所長や沖縄県書記官等を歴任した。墓所は東京都品川区海晏寺にある。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1935号「叙任及辞令」1889年12月9日。

外部リンク[編集]