白田秀彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白田 秀彰
(しらた ひであき)
人物情報
全名 白田 秀彰
(しらた ひであき)
生誕 (1968-04-03) 1968年4月3日(49歳)
日本の旗 日本宮崎県延岡市
学問
時代 20世紀 - 21世紀
活動地域 日本の旗 日本
学派 自由主義
研究分野 法学
知的財産権
情報
憲法学
法制史
基礎法学分野[1]
研究機関 法政大学
一橋大学
武蔵野美術大学
明治大学
山梨学院大学
特筆すべき概念 言い出しっぺの法則
主要な作品 『コピーライトの史的展開』
『インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門』
「新日本国憲法ゲンロン草案」(『思想地図βVol.3 日本2.0』所収、東浩紀らと共同)
影響を
受けた人物
ローレンス・レッシグ
東浩紀
その他多数
学会 講談社三菱総研Smart Community研究会
国際大学GLOCOMメディア産業基本法検討委員会
全国求人情報誌協会インターネット求人・求職情報研究会
通産省/SOFTiCプログラム特許研究会
日米法学会
比較法学会
文化庁/著作権情報センター著作権政策研究会
法とコンピュータ学会
労働省インターネット労働市場整備研究会
(所属学会[2]
テンプレートを表示

白田 秀彰(しらた ひであき、1968年4月3日 - )は、日本法学者。学位は博士(法学)一橋大学1998年)。職業的な専門は知的財産権情報であるが、法制史文化史憲法学などについても積極的な研究活動や発言を行っている。法政大学社会学部准教授宮崎県延岡市出身。

経歴・人物[編集]

1987年宮崎県立延岡高等学校卒業。一橋大学法学部1992年卒業。同大大学院に進学。

博士号取得後、複数の大学で非常勤講師を務める。1999年、法政大学社会学部専任講師に就任。2001年より同大学助教授(2007年の呼称変更に伴い准教授となる)。

2002年以降、東京都国立市喫茶店「ロージナ茶房」で不定期開催の勉強会「ロージナ茶会」を主宰。

著書『インターネットの法と慣習』において「ネットワーク利用者の政治的組織が必要」「名前を持って責任主体として活動する人々が必要」と訴える中、「言いだしっぺ」[3]として2007年小寺信良コラムニストAV音響機器評論家)・津田大介IT音楽ジャーナリスト)らと共にインターネット先進ユーザーの会(MiAU)を設立する。同年12月31日、「組織活動やら規則やらになじまず」として脱退。

趣味音楽鑑賞オーディオコンピュータいじり・自転車革細工

2012年現在、法政大学社会学部准教授の他に、一橋大学法科大学院武蔵野美術大学デザイン情報学科非常勤講師。

研究・主張[編集]

  • 自身のウェブサイト白田の情報法研究報告」において、小論集や「オンライン・コミュニティへのプレゼント」と題した研究内容・主張などを不定期に掲載している。自らの読者層を考慮し、学者向けの学術論文を書くよりも、ネットユーザー向けの文章を執筆、公開することに力点を置いている。また、コミックマーケットに「ロージナ茶会」として度々参加し、「性表現規制の文化史」などの自身の研究を同人誌という形式で発表している。

インタビュー[編集]

略歴[編集]

論文[編集]

著書[編集]

単著[編集]

青空文庫[編集]

  • 『もう一つの著作権の話』、1998年
  • 『もう一つのプライバシーの話』、1999年
  • 『グリゴリの捕縛』
  • 『著作権の原理と現代著作権理論』
  • 『ハッカー倫理と情報公開・プライバシー』

その他の電子書籍[編集]

  • 『我がTOSO』(「白田秀彰個人論文集」)、ロージナ茶会、2010年[4]
  • 『知識資本論』、ロージナ茶会、2010年[5]

共編著[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 白田秀彰
  2. ^ 白田秀彰
  3. ^ MIAU 設立記者発表会講演「インターネット時代の政治参加について」 Movements for Internet Active Users 発起人 白田秀彰(法政大学准教授)
  4. ^ DL-MARKET『我がTOSO』
  5. ^ DL-MARKET『知識資本論』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]