畝傍御陵前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
畝傍御陵前駅*
西側の駅舎
西側の駅舎
うねびごりょうまえ - Unebigoryomae
B40 八木西口 (2.3km)
(1.0km) 橿原神宮前 B42
所在地 奈良県橿原市大久保町455[1]
駅番号  B41 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)[1]
所属路線 B 橿原線**[1]
キロ程 22.8km(大和西大寺起点)
電報略号 ウネヒ
駅構造 地上駅(地下駅舎)
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
3,686[1]人/日
-2012年-
開業年月日 1923年大正12年)3月21日[1]
備考 ** この他小房線(1952年廃止)
* 改称経歴
- 1924年 畝火山駅→畝傍山駅[1]
- 1937年 畝傍山駅→神武御陵前駅[1]
- 1939年 神武御陵前駅→畝傍御陵前駅[1]
テンプレートを表示

畝傍御陵前駅
配線図

八木西口駅

2 1


STRg STRf
STR STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR
STRg STRf

橿原神宮前駅

畝傍御陵前駅(うねびごりょうまええき)は、奈良県橿原市大久保町にある、近畿日本鉄道(近鉄)橿原線[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地上駅。ホーム有効長は6両分。上下線のホームは少しずれている。駅舎(改札口)は地下、ホームは地上にある。改札口は1ヶ所のみ。出入口は東西双方にある。

なお自動改札機はオムロン製が設置されている。赤い自動改札機(U-PG)は、出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応する。

1939年から1952年まで、当駅から橿原神宮前駅(当時は橿原神宮駅駅)まで、小房線が並走し、当駅で分岐していた。下り線路の脇(東側)にいくらかスペースがあるのが、その跡地である。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 B 橿原線 下り 橿原神宮前吉野大阪阿部野橋方面
2 B 橿原線 上り 大和八木天理大和西大寺奈良京都
大阪上本町大阪難波尼崎神戸三宮方面

利用状況[編集]

  • 主として通学・通勤用に利用される。
  • 畝傍御陵前駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す[6]。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2012年11月13日の調査結果によると、1日の乗降人員は3,686人
      • 2010年11月9日の調査結果によると、1日の乗降人員は4,126人[7]。この数字は…
        • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、132位。
        • 橿原線の駅(16駅、他線接続駅含む)の中では、11位。
        • 奈良県内の近鉄の駅(93駅)の中では、38位。
      • 2008年11月18日の調査では1日の乗降人員は3,793人、2005年11月8日の調査では3,734人。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。


駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
B 橿原線
急行・普通
八木西口駅 (B40) - 畝傍御陵前駅 (B41) - 橿原神宮前駅 (B42)

かつて存在した路線[編集]

近畿日本鉄道
小房線
小房駅 - 畝傍御陵前駅 - 橿原神宮駅駅(現・橿原神宮前駅)

旧線時代(新線切り替え直前)[編集]

大阪電気軌道
畝傍線
八木西口駅 - 神武御陵前駅(現・畝傍御陵前駅) - 橿原神宮前駅(初代)
  • 現在の橿原神宮前駅(2代目)は、当時は「久米寺駅」という別の駅として存在していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 矢追健介 (2015年3月3日). “近鉄100年物語:畝傍御陵前 駅や線路、複雑に変化”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  2. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、11-13頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  3. ^ a b c 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、683頁。全国書誌番号:21906373
  4. ^ a b c d e 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』8 関西1、新潮社2008年、27-28頁。ISBN 978-4-10-790026-5
  5. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年2月28日閲覧。 
  6. ^ 奈良県統計年鑑
  7. ^ 近畿日本鉄道 駅別乗降人員

関連項目[編集]

外部リンク[編集]