市尾駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市尾駅
駅舎
駅舎
いちお - Ichio
F45 壺阪山 (2.1km)
(1.9km) F47
所在地 奈良県高市郡高取町市尾784
駅番号  F46 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 F 吉野線
キロ程 6.0km(橿原神宮前起点)
大阪阿部野橋から45.7km
電報略号 イオ
駅構造 地平駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
535人/日
-2012年-
開業年月日 1923年大正12年)12月5日
備考 無人駅
テンプレートを表示

市尾駅(いちおえき)は、奈良県高市郡高取町市尾にある、近畿日本鉄道(近鉄)吉野線

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線の行違可能な地平駅で無人駅(以前は時間帯によって無人化されていた)。ホーム有効長は4両。駅舎は上りホーム側吉野寄りにあり、下りホームとは構内踏切で連絡している。便所は改札内にあり、男女別の水洗式

自動改札機はなく、PiTaPaICOCAは専用簡易改札機による対応(スルッとKANSAI対応カードは乗車時に限り券売機で使用可能だが、正式にはアナウンスされていない)。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 F 吉野線 下り 吉野口下市口吉野方面
2 F 吉野線 上り 橿原神宮前大阪阿部野橋方面

利用状況[編集]

  • 主として通学・通勤用に利用される。
  • 市尾駅の利用状況の変遷は下表の通り。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す[3]。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2012年11月13日の調査結果によると、1日の乗降人員は535人[4]
      • 2010年11月9日の調査結果によると、1日の乗降人員は556人[5]
        • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、259位。
        • 南大阪線・吉野線の駅(43駅、他線接続駅含む)の中では、40位。
        • 奈良県内の近鉄の駅(93駅)の中では、88位。
      • 2008年11月18日の調査では1日の乗降人員は619人、2005年11月8日の調査では710人。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

駅周辺[編集]

  • 市尾郵便局
  • 墓山古墳

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
F 吉野線
急行・準急・普通
壺阪山駅 (F45) - 市尾駅 (F46) - 葛駅 (F47)
  • 通常は特急以外の全定期旅客列車が停車するが、行楽時のみ運転される快速急行は停車しない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、26-27頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  2. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月6日閲覧。 
  3. ^ 奈良県統計年鑑
  4. ^ 近畿日本鉄道 駅別乗降人員
  5. ^ 近畿日本鉄道 駅別乗降人員

関連項目[編集]

外部リンク[編集]