田中重弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田中重彌から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 重弥(たなか しげや、1908年明治41年)3月30日[1] - 1993年平成5年)2月25日[1])は、日本の出版実業家、俳人衆議院議員(2世議員)。雅号は茂哉(しげや)。田中弥助の長男。

経歴[編集]

長野県長野市に生まれる。1926年(大正15年)旧制長野商業学校卒業[2]。父業を継いで第一法規出版社長となる。1950年(昭和25年)、全法令を網羅した『現行法規総覧』全100巻を出版して行政関係者必備の書との声価を得て、1953年(昭和28年)から日本の古今の全裁判例を網羅した『判例体系』全300巻を刊行した。さらに一般書籍まで出版を広げ、美術書「光悦」、歴史書「日本政治裁判史録」は毎日出版文化賞特別賞受賞。

1946年(昭和21年)の第22回衆議院議員総選挙に出馬し初当選。1951年(昭和26年)には衆議院電気通信委員長に就任し、電信電話公社法の制定を推進、テレビ放送の7メガサイクル(NHK)・6メガサイクル(民放)の調整役を果たした。その他、長野県経営者協会会長、日本ユネスコ協会国内委員、日本電話協会副会長、長野県印刷業協会理事長、全日本印刷工協会副会長、長野県観光開発審議会会長、長野放送取締役などを歴任した。1970年(昭和45年)藍綬褒章、1978年(昭和53年)勲二等瑞宝章受勲。

俳人としては句集『土を恋ふ』や『朴の花』がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年〜平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、673頁。
  2. ^ 「田中重弥さん 第一法規出版社長」信濃毎日新聞1986年11月9日

出典[編集]