玉流館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
玉流館
Okryu Restaurant in Pyongyang.jpg
玉流館
各種表記
ハングル 옥류관
漢字 玉流館
発音 オンニュグァン
オンリュグァン(許容発音)
日本語読み: ぎょくりゅうかん
MR式
2000年式
英語表記
Okryu-gwan
Okryu-gwan
Okryu Restaurant
テンプレートを表示
玉流館の位置(平壌市内)
玉流館
平壌市内の位置

玉流館(ぎょくりゅうかん、オンニュグァン、朝鮮語: 옥류관英語: Okryu-gwan / "Okryu Restaurant" )は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)平壌市中区域に所在し、朝鮮料理協会が運営する朝鮮料理レストランである。平壌冷麵の店、外交の場として国際的に著名で、同国を代表する規模と格式を持つ店とされている。

概要[編集]

1960年8月創業。本店は中区域にあり、大同江に架かる玉流橋の傍らに位置する。名称は、大同江の玉流岩の上に位置していることに由来する[1]。建物は朝鮮民族伝統建築の様式を取り入れた二階建てで、二階には特別室が設けられている。階段は平安南道龍岡郡産の花崗岩で造られている。2000年に当時の韓国大統領金大中が訪問した際[2]にこの店で冷麵を食するなど、国内外の要人が訪れる賓客接待用高級飲食店の性格も持つ。金大中が南北融和のシンボルとして玉流館支店の「ソウル出店」を打診したりするなど、外交の場にしばしばその名が登場する。同じ平壌市内にある清流館と共に北朝鮮の代表的料理店となっている。

また、外国から訪れる観光客の定番のスポットでもあり、外国人観光客は特別室で食事を供される。また金剛山国際観光特別区には、玉流館の支店に位置づけられる店がある(→後述)。

平壌在住の朝鮮戦争退役軍人も、北朝鮮の祝日である7月27日の祖国解放戦争勝利記念日[3]に玉流館にて無料で麵を受け取ることができる[4]

2008年、改装された[5]。2010年には国防委員長であった金正日の指示でチョウザメ料理とスッポン料理の販売を開始した。また特別な料理人が着任してからはピザスパゲッティなど西洋料理も追加注文可能となった[6]

2018年の南北首脳会談では、平壌から料理人を板門店に呼び寄せ、同じく平壌から運ばれた製麺機を使い、晩餐会で提供された。

利用経験のある著名人[編集]

金剛山玉流館[編集]

金剛山玉流館
各種表記
ハングル 금강산옥류관
漢字 金剛山玉流館
発音 クムガンサンオンニュグァン
クムガンサンオンリュグァン(許容発音)
日本語読み: こんごうさんぎょくりゅうかん
MR式:
2000年式
英語表記
Kŭmgangsan-Okryu-gwan
Keumgangsan-Okryugwan
Mount Kumgang-Okryug Restaurant
テンプレートを表示

金剛山玉流館(こんごうさんぎょくりゅうかん、クムガンサン オンニュグァン、朝鮮語: 금강산옥류관英語: Keumgangsan Okryu Restaurant)は、北朝鮮江原道高城郡金剛山国際観光特別区)にある玉流館の支店である。

そのほかにもドバイアラブ首長国連邦)にも支店がある。

脚注[編集]

  1. ^ 平壌 観光地のご案内”. chugai-trv.co.jp. 中外旅行社 (2018年3月30日). 2018年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  2. ^ 2000年6月13日から15日にかけて平壌で行われた第1回南北首脳会談で訪朝。
  3. ^ 1953年の朝鮮戦争休戦記念日(朝鮮戦争休戦協定発効日)
  4. ^ Cho, Min-hee (2010年6月24日). “The Lives of North Korean Veterans” [北朝鮮退役軍人の生活] (英語). english.dailynk.com. Daily NK. 2017年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  5. ^ Okryu Restaurant Facelifted” [玉流館 改装] (英語). 朝鮮中央通信 (2008年7月31日). 2010年4月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年6月25日閲覧。
  6. ^ 박준형 (2010年11月16日). “북한 옥류관에 등장한 '피자·파스타' 눈길” [北朝鮮玉流館に登場した「ピザ・パスタ」目] (朝鮮語). NAVER《네이버》. NAVER Corporation《네이버 주식회사》. 2018年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  7. ^ a b c 小菅幸一 (2003年10月30日 17:59). “歓迎会で朝鮮労働党の金容淳書記(中央)と会食する村山富市団長(左)と野中広務氏=1999年12月1日、平壌市の玉流館で”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2018年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  8. ^ ドキュメント 歴史を変えた3日間(6月13日~15日)「統一朝鮮」に世界震撼”. 朝鮮新報 (2000年). 20160315時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  9. ^ 〈北南首脳会談〉金正日総書記と盧武鉉大統領が会談”. 朝鮮新報 (2007年10月6日). 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  10. ^ a b “평양국제프로레스링경기대회 참가자들을 위한 환영연회 [平壌国際プロレス競技大会トーナメント参加者のための歓迎パーティー]” (朝鮮語). 朝鮮中央通信. 朝鮮通信 (平壌: 朝鮮中央通信). (2014年8月28日). オリジナル2018年4月30日時点によるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2018-0430-1740-18/www.kcna.co.jp/calendar/2014/08/08-28/2014-0828-037.html 2018年4月30日閲覧。 
  11. ^ 鄭銀淑 『北朝鮮の楽しい歩き方』 双葉社2015年8月19日ISBN 978-4575154641

関連項目[編集]

レストラン[編集]

周辺[編集]

座標: 北緯39度01分43.27秒 東経125度45分30.85秒 / 北緯39.0286861度 東経125.7585694度 / 39.0286861; 125.7585694