玉流館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
玉流館
Okryu Restaurant in Pyongyang.jpg
玉流館
各種表記
ハングル 옥류관
漢字 玉流館
発音 オンニュグァン
オンリュグァン(許容発音)
日本語読み: ぎょくりゅうかん
テンプレートを表示
玉流館の位置(平壌市内)
玉流館
平壌市内の位置

玉流館옥류관 オンニュグァン)は、朝鮮民主主義人民共和国平壌市中区域にある朝鮮料理レストランである。平壌冷麺の店、外交の場として国際的に著名で、同国を代表する規模と格式を持つ店とされている。

概要[ソースを編集]

1960年8月創業。本店は中区域にあり、大同江に架かる玉流橋の傍らに位置する。名称は、大同江の玉流岩の上に位置していることに由来する[1]。建物は朝鮮民族伝統建築の様式を取り入れた二階建てで、二階には特別室が設けられている。2000年に当時の韓国大統領金大中が訪問した際にこの店で冷麺を食するなど、国内外の要人が訪れる接待用高級飲食店の性格も持つ。金大中が南北融和のシンボルとして玉流館支店の「ソウル出店」を打診したりするなど、外交の場にしばしばその名が登場する。同じ平壌市内にある清流館とともに朝鮮民主主義人民共和国の代表的な店となっている。

また、外国から訪れる観光客の定番の立ち寄り先であり、外国人観光客は特別室で食事を供される。金剛山観光特区には、玉流館の支店に位置づけられる店がある。

利用経験のある著名人[ソースを編集]

金剛山玉流館[ソースを編集]

金剛山玉流館금강산 옥류관 クムガンサン オンニュグァン)は、朝鮮民主主義人民共和国江原道高城郡金剛山観光地区)にある玉流館の支店である。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 朝鮮の観光地 平壌 - 中外旅行社
  2. ^ a b c 歓迎会で朝鮮労働党の金容淳書記(中央)と会食する村山富市団長(左)と野中広務氏=1999年12月1日、平壌市の玉流館で - 朝日新聞
  3. ^ ドキュメント 歴史を変えた3日間(6月13日~15日)「統一朝鮮」に世界震撼 - 朝鮮新報
  4. ^ 〈北南首脳会談〉 金正日総書記と盧武鉉大統領が会談 - 朝鮮新報 2007.10.6
  5. ^ a b 平壌国際プロレス競技大会の参加者のために、朝日友好親善協会と国際武道競技委員会が28日、玉流館で歓迎宴を催した。 - 2014年8月29日朝鮮中央通信

関連項目[ソースを編集]

周辺[ソースを編集]

座標: 北緯39度01分43.27秒 東経125度45分30.85秒 / 北緯39.0286861度 東経125.7585694度 / 39.0286861; 125.7585694