特攻大作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
特攻大作戦
The Dirty Dozen
監督 ロバート・アルドリッチ
脚本 ナナリー・ジョンソン英語版
ルーカス・ヘラー英語版
原作 E・M・ナサンソン英語版
製作 ケネス・ハイマン
音楽 フランク・デ・ヴォール英語版
撮影 エドワード・スケイフ英語版
編集 マイケル・ルチアーノ英語版
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1967年6月15日
日本の旗 1967年10月6日
上映時間 150分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

特攻大作戦』(とっこうだいさくせん、原題:The Dirty Dozen)は、1967年6月15日に公開されたアメリカ戦争映画。監督はロバート・アルドリッチリー・マーヴィンロバート・ライアンジョージ・ケネディチャールズ・ブロンソンアーネスト・ボーグナインリチャード・ジャッケル主演。E・M・ナサンソンの1965年に発売された同名の小説を原作としている。

あらすじ[編集]

アメリカ陸軍のライズマン少佐は爆弾の専門家として戦地を渡り歩いていたが、独断専行が過ぎて待機を命じられてしまい、新たな任地も決まらない状態だった。そんな中、ウォーデン少将からノルマンディー上陸作戦に先立ち、ドイツ国防軍の高級将校たちが集う保養地を襲撃して指揮系統を混乱させるように命令される。しかし、「作戦に従事する者は陸軍刑務所に収監中の重犯罪者の中から選出するように」という指示にライズマンは不満を抱くが、ウォーデンの命令で仕方なく12人の囚人を選び出し、罪を帳消しにする条件で作戦に従事させる。囚人たちは隔離された場所で訓練を行うことになったが、脱走を図る者や厳しい訓練に辟易とする者が出るなど士気は上がらず、監督するボーレン軍曹やモーガン伍長も苛立ちを見せていた。しかし、囚人たちは厳格なライズマンへの反発をきっかけに団結するようになり、ライズマンも反発心を利用して囚人たちを作戦遂行に耐え得るような部隊に鍛え上げていった。

訓練を通して次第に連帯感を増す囚人たちに満足したライズマンは、訓練終了日に労いとして訓練地内に娼婦たちを呼ぶが、ライズマンを毛嫌いするブリード大佐は、翌朝に部隊を率いて訓練地を制圧する。ブリードは囚人たちを問い詰めるが、ライズマンに不意を突かれ武装解除させられ追い出されてしまう。ブリードは腹いせに「囚人たちの練度は低くて役に立たない」とウォーデンに報告して作戦を中止に追い込もうとする。ライズマンは直談判するが平行線を辿り、その場に同席した将校の提案で、軍事演習の場でライズマンの部隊とブリードの部隊を戦わせて実力を証明することになった。軍事演習の当日、囚人たちは負傷兵に扮してブリードの司令部に紛れ込み、後から救護兵に扮した別動隊と共に司令部を占拠して、ウォーデンとブリードに自分たちの実力を認めさせる。

実力を見せつけた囚人たちは、作戦を決行してフランス領内のドイツ軍保養地に潜入する。ドイツ軍将校に扮したライズマンは邸内から部隊を手引きするが、訓練中から「精神破綻者」と指摘されていた隊員が、他の隊員たちを殺そうとして銃を乱射したため作戦に障害が出てしまう。隊員は即座に射殺されたが、ドイツ軍将校たちは地下の倉庫に逃げ込んでしまい、周辺のドイツ軍も騒ぎを聞きつけて屋敷に急行する。ドイツ軍との銃撃戦の中で隊員たちは次々に死んでいき、ライズマンは敵を討つために地下への通気口に大量の手榴弾とガソリンを仕掛けて、ドイツ軍将校たちを屋敷ごと爆殺する。作戦は成功して連合軍は予定通りにノルマンディーに上陸するが、12人いた隊員のうち、生き残ったのはライズマンを含めて4人だけだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

関連項目[編集]

外部リンク[編集]