「1975年のJSL」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''[[1975年]]の[[日本サッカーリーグ|JSL]]'''は[[1975年]][[4月6日]]から[[12月14日]]まで行われた。優勝は1部が[[ヤンマーディーゼルサッカー部]]で2部が[[田辺製薬サッカー部]]であった。
 
JSL1部の優勝の行方は[[三菱重工業サッカー部|三菱重工]]とヤンマーディーゼルが第17節終了時点で勝点29で並び、最終節の両者の直接対決で決する事となった。12月14日に[[国立霞ヶ丘陸上競技場]]で行われた試合は人気カードとあって3万5千人の大観衆が詰め掛けた。試合は得失点差で優位に立つヤンマーが前半に先制されながらも後半3分までに[[釜本邦茂]]の2得点などで逆転し4-1の圧勝。2年ぶり3度目のリーグ制覇となった
 
またJSL2部は日本リーグ創設前の古豪、田辺製薬が制し、初のJSL1部昇格を果たした。
 
== 1部 ==
匿名利用者

案内メニュー