特別席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

特別席(とくべつせき)とは、座席の内、特に主宰者・主催者が定めた基準を以て作られる座席を指す。一般には「(他に比べて)使用する椅子が豪華である」、「(座席そのものの)種類が違う」、「(他に比べて)座席から見やすい」など、他に比して優位になっているものをいう。転じて、そういった条件を一つでも満たす事がある場合に比喩的にいう場合がある。

スタジアム[編集]

公共のスポーツ施設であるスタジアムでは入場客数を収容定員にできるだけ近づけるとともに、シートに付加価値を付けるなど単価を上げるなど入場料確保が重要である[1]

欧米では企業接待にスポーツの人気カードの観戦が商取引の手段として用いられており、スタジアムやアリーナの重要な収入源になっている[2]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカの4大スポーツでは合計8,090室の特別室(luxury suits)と15万1,451席のシーズンシート(プレミアムシート、premium seats)が設けられている(1997年現在)[2]

1997年の特別室(luxury suits)とシーズンシート(プレミアムシート、premium seats)の年間売上高(推計)は、NFLが2億6035万ドル、MLBが2億1438万ドル、NBAが2億6560万ドル、NHLが2億1542万ドルであった[2]

イギリス[編集]

ラグビー・フットボール・ユニオン(イングランドラグビー協会)の本拠地であるトゥイッケナム・スタジアムには76室のスイートルームと4,400席の特別席が設けられている(2003年現在)[2]

日本[編集]

東京ドーム福岡ドーム(ヤフオクドーム)には特別室が設けられている[2]

公共交通機関[編集]

鉄道[編集]

鉄道の場合、かつての運賃に差を付けた等級制度から来ているものが多い。日本の場合では1969年以降、日本国有鉄道一等車の事をグリーン車とし「特別車両」という扱いにしたため、それ以降単純に「グリーン車に設置している座席」=特別席となっている事例が多い。しかし、それ以前の等級制度下でも存在していた。

国鉄・JR[編集]

日本国有鉄道JR各社では以下のような流れがあった。

等級制度下での「特別席」[編集]

三等級制下では、以下のものがあった。

  1. 一等展望車における「特別室」
  2. 二等車「特別室」
  3. 特別二等車

このうち、前2者は個室であり、かつ(当然の事ながら)一等車利用者に向けられたものである。そのため、乗客自体も政府高官や華族などに限られたため、一般的といえなかった。なお、二等車特別室は1934年に主要幹線の急行・直行列車以外の一等車両連結廃止によるため、実質的には一等車のそれを格下げしたものであったとされる。

しかし、戦後1950年に登場した特別二等車は1950年の設定時より一等車と二等車の中間として設定されており、主に特別急行列車普通急行列車での連結が主体であった。その内後者については、乗車に対しても座席指定制とするなど、「特別な存在」として初めて意識されるものであった。なお、この制度は形式上三等級制廃止となる1960年まで存続した。

1960年に従来の三等級制を廃し二等級制を採用したが、東海道本線特急「つばめ」・「はと」の電車化に伴い、それ以前の一等車並みの座席を用いたクロ151形車両については「パーラーカー」と称され、一等車運賃・特急料金とは別に特別座席券を徴した。なお、「パーラーカー」には区分室(コンパートメント)と開放室があったがいずれも特別座席券としては同額であった。

しかし、1964年東海道新幹線開業により東海道本線特急群は廃止。山陽本線特急「つばめ」・「はと」・「しおじ」などに転用されたが、パーラーカー利用率の低下から開放室座席は1966年から1968年にかけて二等車に改造された(クロハ181形)。一等車のまま残された区分室のみは特別座席券が残されたが、1969年の等級制の廃止に伴い一般のグリーン車と同じ扱いとなった。

なお、一般のグリーン車扱いとなった区分室は、1973年に山陽本線から181系が撤退するのに合わせて車両そのものが通常の普通車に改造されて姿を消している。

制度として「パーラーカー」が廃止された1969年以降、他の交通機関との競争が出てくる1980年代に入るまで、事実上普通車とグリーン車の中間は存在しなかった。

旧国鉄と直通する私鉄各社の対応[編集]

なお、旧国鉄と直通する私鉄各社ではグリーン車を連結する事例が存在していた。また、JR化以降も含めると以下の例がある。こちらも参照されたい。

第三セクター鉄道の内、JRとの乗り入れの兼ね合いでグリーン席を設置する場合もある。
  • 土佐くろしお鉄道四国旅客鉄道(JR四国)に乗り入れる形となることから、JR四国2000系気動車のうちグリーン車1両を含む4両を自社所有するが、管理はJR四国に一任されている。
  • 変わった事例は智頭急行で、智頭急行線に乗り入れているJR西日本車両にはグリーン車が設定されていない一方、自社保有となるHOT7000系気動車にはグリーン車が設定されている。当初、JR西日本が大阪 - 鳥取間で運行していた「はくと」にはキハ181系気動車を充当していたためグリーン車が設定されていた一方で、智頭急行ではHOT7000系気動車を用いた「スーパーはくと」にはグリーン車を設定しなかったため、利用客からグリーン車の設定を望む声があり、それに応える形でサービスギャップの補完を目的として同系列にもグリーン車が設定された。後にHOT7000系気動車使用による「スーパーはくと」一本化でキハ181系気動車使用の「はくと」が廃止されたため、現在の形となった。なお、現在でもJR西日本からの乗り入れは岡山駅発着の「いなば」→「スーパーいなば」があるが、「いなば」時代からグリーン車の設定はない[3]
  • WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)の場合、委託された北近畿タンゴ鉄道所有車でのグリーン車の設定は無いが、当初は京都駅発着の気動車特急「あさしお」に、後に新大阪駅発着の「文殊」、「あさしお」を電車化した「はしだて」の両電車特急にグリーン車の設定がある。
なお、以下の会社では国鉄から又は国鉄への乗り入れにより一等車→グリーン車を設定していた。
グリーン車と特別席の乖離[編集]

1980年代以降高速バス航空機などの競争に対して主に特別急行列車急行列車座席指定券を要する座席指定席自由席腰掛で差異をつけることで需要喚起を行うとされたが、グリーン車自体も1975年より1984年まで料金値上げにより利用率の減少があり、それに伴い余剰となったグリーン車を活用すると言う意味合いがあった。

これは1980年四国総局(現・JR四国)管内運行の急行列車で初めて実施された。グリーン車連結を廃止しそのまま普通車座席指定席に転用したものである。

また、1980年代以降、主に高速バスとの競争に対して、速度が遅く居住性が劣り車両も老朽化した急行列車を吸収する形で運行本数を増やした中央東線特急「あずさ」や信越本線特急「あさま」では、座席指定券を要する座席指定席と自由席を腰掛で差異をつけることで需要喚起を行う方法を取った。これらの特急列車群に連結されていたグリーン車については車内での飲料サービスなどで対応する事で差別化を図った。

しかし、1990年代中盤以降、旧国鉄から引き継いだ車両から自社製造の車両に移行したことや、車両の改修により普通車で座席指定席と自由席との差違をつけることが明確ではなくなる場合も見られるようになってきている。また、グリーン車の需要の低下により、東日本旅客鉄道(JR東日本)・九州旅客鉄道(JR九州)では自社内運行の特急・急行列車での利用に関しては値下げを行うなど、普通車の特別席は余り例を見なくなる。

なお、普通車であるが特別な座席として取り扱う事例として特異な例として北海道旅客鉄道(JR北海道)の「uシート」が挙げられる。詳細は同座席の項目を参照されたいが、同じ空港連絡輸送に特化したはずの関空特快「ウィング」の座席指定席と異なり、こちらは特急列車並みのサービスを計った事により成功した事例である。この車両は運用の兼ね合いからのちに同社の電車特急列車の座席指定席へ運用もなされている。

グリーン車・寝台車の「特別席」[編集]

先に述べた通り、グリーン座席の需要自体がいわゆるバブル崩壊以降後退しており、利用喚起のためJR東日本・JR九州では自社内運行の特急・急行列車での利用に関しては値下げを行なった。また、ほかのJR各社では車両の更新に際して需要に見合わないためグリーン座席の設定自体を取りやめる事例もあるが、他方で従来のグリーン座席を上回る「特別席」を別途設置した事例もある。ただし、これらも「特別車両の一種」とJRの旅客営業規則上規定[4]されている。

JR九州では787系電車のグリーン座席を改修し「デラックス(DX)グリーン席」を設置した。これは単純に腰掛の差違のみならずサービスの面でも差違を計っている。

JR東日本は東北新幹線全線開業に伴い製造したE5系電車に「グランクラス」を設定。詳細は同席の項目に譲るが、以降北陸新幹線金沢延伸を見据え製造したE7・W7系電車にも同座席を設定した。

なお、「北斗星」にA寝台として連結した1人用個室「ロイヤル」及びそれ以降の個室寝台の内「特別A寝台」として設置されているものがある。これは当時のオロネ25形[5]を基準とした「個室A寝台」の設備を上回るものとなる個室用ユニットバスの設置や補助ベッドの設置などがあるものとされている。

私鉄での事例[編集]

私鉄で自社内で設定しているものに以下のものがある。なお、旧国鉄・JRとの乗り入れに伴うものは上記及び私鉄のグリーン車も参照されたい。

航空機[編集]

航空機では、以下のものがある。

  • 全日本空輸(ANA)が日本国内で運航している国内線の航空路線の上級座席について、「プレミアムクラス」と称する。また、これに準ずる特別座席を国内線の航空路線で有している会社もあり、日本航空(JAL)では「クラスJ」と称する。これらについてはスーパーシートを参照のこと。

船舶[編集]

船舶では、以下のものがある。

脚注[編集]

  1. ^ 間野義之『公共スポーツ施設のマネジメント』、2007年、125頁。
  2. ^ a b c d e 間野義之『公共スポーツ施設のマネジメント』、2007年、126頁。
  3. ^ 「いなば」時代は普通車のみのキハ181系気動車3両編成が、「スーパーいなば」の現在は元々グリーン車の設定がないキハ187系気動車が充当されている。
  4. ^ JR東日本旅客営業規則 ■第2編 旅客営業 -第2章 乗車券類の発売 -第8節 特別車両券の発売 JR東日本旅客営業規則 ■第2編 旅客営業 -第3章 旅客運賃・料金 -第8節 特別車両料金
  5. ^ 「オロネ25形」は「北斗星」登場当時である1988年の時点ですでに使用されていた基本番台および700番台を指す。しかし、前者は2006年からオロネ15形3000番台へ改造が成されたが、2009年に定期列車での使用が終了。後者も2003年には廃車されており、原形を保ったものは2018年現在運用されていない。

外部リンク[編集]